転職お役立ち情報

公認会計士の転職について解説!公認会計士の年収はどのくらい?転職で年収アップは目指せる?

会計士の転職お役立ち情報

キャリアアップ

公認会計士は難関試験である公認会計士試験を突破した人に与えられる資格です。
専門性が非常に高く内容もかなり難しいものですが、その分高収入が期待できます。
公認会計士の資格があれば基本的に日本の平均より高い年収をもらうことができますが、職場や仕事内容によってより高い年収を目指すことも可能です。
この記事では、公認会計士の年収事情や転職による年収アップを実現させる方法などについて解説します。

公認会計士の年収はどのくらい?転職はしたほうが良い?

まずは公認会計士の具体的な年収について紹介します。
基本となる年収を知ることが、転職後の比較検討のために必要です。
まずは平均年収を知っておきましょう。

公認会計士になったばかりでも400万から500万は狙える

ひとくちに公認会計士といっても、キャリアや経験年数によって年収は大きく異なります。
公認会計士の資格を取得してすぐの頃はまだ経験が浅いため、公認会計士全体の平均年収には届きません。
とはいえ公認会計士の資格を有し公認会計士として仕事をすれば、それだけでも日本全体の平均年収を上回ることが期待できます。
たとえ試験に合格したばかりの年であっても、監査法人所属であれば月収ベースで30万ほど、年収にすると400万から500万は狙えます。
(この場合は論文試験の合格者なので正確には公認会計士の資格を取得していませんが、会計士の第一歩としてはこのくらいのスタートとなります)
公認会計士は、最初のうちから高収入がもらえる仕事です。

平均年収は900万ほど

続いて公認会計士全体の年収について解説します。
公認会計士の平均年収は少なく見積もっても900万ほどです。
年齢があがるほどに年収も高くなる傾向にはありますが、経験年数によって金額が大きく変わりますので単なる年功序列というわけではありません。
公認会計士としての経験年数が長ければ、同年代よりも高い年収となります。
また、勤めている会社の業種や自身の役職によってもも差があります。例えば、大手監査法人所属かつ、ある程度出世している人はかなり高い年収です。
いずれにせよ、日本の平均年収をはるかに上回る額をもらえる職業だといえます。
ただし900万という金額はあくまで平均ですので、キャリアや勤務先によってはこちらに届かないこともあります。

年収に不満があれば転職を視野に入れよう

基本的に高収入が見込める仕事ではありますが、不満を感じることがないとは限りません。
たとえば思うような出世が実現できず昇給ができなかった場合は、理想通りの収入とはいえない状態となってしまいます。
ほかにもキャリアアップが見込めない職場ですと、そもそも昇給の余地がありません。
公認会計士として仕事をする以上どこに勤めていてもそれなりに安定した高収入をもらえますが、それでも現状や将来期待できる年収に不満がある場合は、転職を視野に入れるべきです。
監査法人以外の会社、例えば事業会社の財務責任者やコンサルティング会社での財務アドバイザーなど、公認会計士として活躍できる職場はたくさんあります。
もし年収に不満があるのであれば、転職して環境を変えることも有効です。

公認会計士の転職で年収アップは狙える?

公認会計士は転職することで年収アップが狙えるのでしょうか。
結論から申し上げると、年収アップが実現できる場合もあります。
しかし公認会計士に限らず、転職すれば必ずしも待遇が改善するとは言い切れません。
それでは転職後の年収の変化について具体的に解説します。

勤務先によって年収は大きく変わる

公認会計士の年収は比較的高めですが、勤務先や仕事内容・役職等によって大きく変わります。
平均年収が安定して高いのは大手監査法人ですが、急成長を遂げている企業や人気の高いコンサルティング会社などは売上規模が大きく、それによって大手監査法人以上の高年収をもらえる可能性も高いです。
このように転職先によって違うため、年収アップができるか否かはなんともいえない部分があります。
ただし、これまでの経験や仕事を評価されたうえで年収が決められるので、基本的には収入が少なくなる可能性は低いです。
多くの場合は前職での給与やこれからの希望年収などを聞かれ、そのうえで経験などを考慮して判断されます。

大手や事業会社が狙い目

年収アップを見込める転職先として、大手監査法人や事業会社が挙げられます。
繰り返しになりますが、大手の監査法人は安定して高収入です。
そのため現在所属している企業の規模が小さいのであれば、大手に行けばそれなりの年収アップが期待できます。
また、急成長を遂げている・売上規模が安定かつ大きい事業会社も年収アップが見込める転職先です。
公認会計士の持つ高い専門性や経験は、事業会社で大いに役立てることができます。
そのため仕事内容が難しくなり、必然的に高い収入が期待できるのです。
いずれにせよ確実な年収アップを実現させるためには、転職を考えている企業をいくつかピックアップし、仕事内容や条件などから年収アップが見込めるかを検討する必要があります。

公認会計士が年収アップのために転職するときに気をつけたいこと

公認会計士が年収アップのために転職するときに気をつけたいことがありますのでそちらを解説します。
ポイントを押さえることが、年収アップ実現という転職成功のカギとなるのです。

昇給が見込めるところを選ぶ

転職先を選ぶ際は、入社直後の年収だけでなく昇給による将来的な年収についても考慮する必要があります。
入社当時は給与が高いとしても、それから昇給がなければ結果として年収アップにつながらない可能性が高いです。
そのため昇給が見込めるところを選ぶ必要がありますので、募集要項や公式サイトを確認し、情報収集をおこないます。
もし社員の昇給例などがあればそちらをぜひ参考にするべきです。
本当の意味での年収アップを実現させるのであれば、今現在と転職後の年収を比較するだけでなく、将来の年収についても考慮しなければいけません。

キャリアを積めそうか確認する

同じ企業に勤め続けて年収がアップする理由としては、キャリアを積んだことによる昇格や仕事内容の難易度向上などが挙げられます。
そのため、もしキャリアを積むことができずずっと同じ仕事をするような会社だと、その後の年収アップも期待できません。
そのような事態を防ぐために、転職後に経験やキャリアを積むことができそうかを確認します。
そして、キャリアを積むことができれば、もしまた転職することになったとしてもアピールできる要素が増えます。
その企業に所属し続けるとしても将来また転職する可能性があるとしても、キャリアを積むに越したことはありません。
公認会計士としてのキャリアを積めそうな企業であるかを確認します。

まとめ

公認会計士が転職によって年収アップできる可能性は高いですが、保証があるわけではありません。
転職先の企業や仕事内容によって異なりますので、転職先を見極める必要があります。
ただ、そもそも公認会計士は基準となる年収そのものが高いうえ、勤務先がどこであってもかなり重宝される存在です。
そのためポイントを押さえた会社選びをすれば、ほとんどの場合において年収アップが期待できます。
会社の規模や形態、キャリアを積めそうで昇給が期待できる環境であるかを確認します。
公認会計士としての転職活動を成功させて、年収アップを実現させましょう。

Profile レックスアドバイザーズ

公認会計士・税理士等の有資格者をはじめとする会計人材専門特化した人材紹介会社。
■公認会計士・税理士・経理の転職サイトREX
https://www.career-adv.jp/
■株式会社レックスアドバイザーズ
https://www.rex-adv.co.jp/

公認会計士・税理士・経理・財務の転職は
レックスアドバイザーズへ

カジュアルキャリア相談 カジュアルキャリア相談