転職お役立ち情報

経理と会計の違いについて

経理の転職お役立ち情報

経理 財務 違い
経理と会計については重複している内容も多く、その違いについて詳しい人は少ないでしょう。
 
ここではそのような経理と会計の違いについて解説しつつ、その業務内容や求められる資格やスキル、そして経理や会計に向いている人について解説していきます。
 

経理と会計の違いについて、経理と会計とは

①経理とは

経理とは、経営を管理するという意味を持つ単語の略称で、会社の日々のお金の流れを管理することが主な業務です。
経理では日々のお金の流れを記録・管理し、伝票や帳簿の記帳を行います。
 
また請求書の作成や支払業務、税金の申告や支払い、また減価償却費の計算や債権債務の支払いや回収管理も行います。
 

②会計とは

会計は会社全体のお金の流れを把握し、記録することが主な業務です。

これらを記録することで会社側の経営方針や事業展開の参考とし、また株主や債権者などに一年の事業活動の結果を決算情報として報告することができます。

作成した決算数値は会社の経営方針の決定や事業展開の参考情報としても使用されます。

③経理と会計の違い

経理と会計については重複している業務が多く、経理部門が会計に関する業務も担っていることが一般的です。
経理と会計の主な違いとしては、経理の業務は会社の「日々」のお金を管理することであるのに対し、会計の業務は会社の「全体」のお金を管理することだといえます。
経理は会社の日々のお金のやりとりを把握することが求められるのに対して、会計は会社のお金全体を管理し、決算報告書として会社全体の情報を提供することが求められます。
 
ただし、名称については決まりがあるわけでなく、あくまでも一般的なものです。
会社によって部署名や呼び方は異なりますので、転職の際は求人情報の記載を名称だけで判断せず、内容についてしっかりと確認することが大事です。
 

経理・財務経験者向け
キャリアアップ転職相談

詳細はこちら

経理と会計の違いについて、その仕事内容とは

①経理が扱う会計の種類

経理に関連する「会計」に関する言葉として、「財務会計」と「管理会計」があります。
 
財務会計は、決算書などの会計数値を外部に開示することを目的とした会計なのに対して、管理会計は社内の経営者や管理者に経営状況の報告をすることを目的とした会計です。
 
財務会計は定められたルールに沿って伝票起票や帳簿記入、税金の申告などのデータをまとめ決算書を作成します。
 
一方管理会計は社内で利用されることを目的としているため公的なルールはなく、経営者などは管理会計が報告したデータを基に経営計画を立てたり事業展開を進めたりします。
 

②経理の仕事内容

経理では日々のお金の動きを把握する必要があるため、勘定科目や業務の流れごとに担当者がいることが一般的です。

現預金の担当者であれば経費精算や入出金の管理、預金残高の管理を行ったり、人件費の担当者であれば給与や賞与の計算、またそれらの支払いの管理、売上の担当者であれば受発注の管理、売掛金の記録や清算、伝票作成・請求書の発行などがあげられます。

これら日々の業務の記録も同時に行い、月次また決算年度ごとに決算資料を作成し、株主など外部に対する情報提供を行うほか、経営陣に対しても経営計画や事業展開をするうえで参考となる情報提供をします。

③経理の仕事の流れ

経理は一年間という決算期間にのっとって業務をすすめます。

なお業務の流れについては、各企業によって決算時期は異なるため各々の業務によって異なります。

 

ここでは国内の企業では多い3月決算の企業の例をあげます。

3月末で決算に必要な情報が固まると、4~5月に決算書類を作成し、株主総会に向けて資料を完成、報告します。

あわせて税務申告に必要な情報も集計、報告します。

 

また6月や11月には賞与計算を行って振り込み処理も行います。

年末となる12月ごろには従業員に調書を配って、その結果をもとに1月には年末調整を行います。

 

そして2月~3月においては決算に向けた準備を進めたり、年度末の棚卸などを行います。

経理や会計に求められる資格とスキル

①経理に求められる資格

経理には業務を行ううえで主に会計に関する知識が求められます。

そのため一般的な会計スキルを身に着けるための資格としては日商簿記検定やビジネス会計検定があげられます。

 

これらについては独学でも勉強可能ですが通信教育なども充実しており、働きながらも習得しやすいのが特徴です。

このような資格を持っていれば転職する際にも会計に関する知識を持っているとして有利に働き、実務をするうえでも役に立ちます。

一般的なレベルでは求められませんがより専門的スキルを習得したい、高度な業務を行いたいのであれば税理士や公認会計士資格を取得すると良いでしょう。

②経理に求められるスキル

経理については業務を行ううえで基本的な知識を備えた会計知識が必要です。

それ以外にも業務を行ううえでは社内の様々な情報が必要なため、経理部門内、また必要によって他部門との連携を求められることも多くあります。

コミュニケーション能力も求められるといえます。

また会計ソフトや税金計算ソフト、そしてエクセルなどを使用することも多くあり、一般的なITスキルを持っていることも求められるでしょう。

 

経理や会計に向いている人

①向いている人の特徴

経理に向いている人の特徴としては数字や計算が好きなことがあげられます。

日々数字と向き合う業務のため、これらが嫌いであると経理業務を進めるのは苦痛になりかねません、

また経理の仕事は部門内で業務を分担する場合がほとんどであり、また他部門との連携も求められるため協調性がある人は経理に向いています。

 

またルーティンワークも多いため単調な業務が苦手でなかったり、会計ソフトなど様々なITツールを使用するため基本的なITスキルを持っている人も向いているでしょう。

②向いている仕事・会社を見つけるには

経理部門は担当者ごとに扱う業務も異なるため自信のスキルを活かしたり、やりたい業務を行ったりするうえでも、企業とのミスマッチを避ける必要があります。

また企業規模によってもその業務は異なり、特に中小企業では経理の業務範囲があいまいなこともあります。

 

これらの情報は外部情報ではわからないことも多いため、転職エージェントを活用したり、実際に面接などで担当者に質問することもミスマッチを避けるうえで有効な手段となります。

転職エージェントは顧客である求人企業の内部情報を良く知っていることも多いので活用しましょう。

求人情報はこちら

経理・財務の求人一覧

まとめ

経理と会計について違いはありますが、業務については重複していることも多いです。

これらの違いや共通点について理解することで、自身のスキルや目指したいキャリアに向けて転職を検討してはいかがでしょうか。

 

Profile レックスアドバイザーズ

公認会計士・税理士等の有資格者をはじめとする会計人材専門特化した人材紹介会社。
■公認会計士・税理士・経理の転職サイトREX
https://www.career-adv.jp/
■株式会社レックスアドバイザーズ
https://www.rex-adv.co.jp/

会計士・税理士・管理部門経験者に
選ばれて3年連続3部門No.1

no1
  • おすすめする
    転職エージェント

  • 転職サポートが
    充実している会社

  • 転職しやすい会社

no1 おすすめする転職エージェント 転職サポートが充実している会社 転職しやすい会社

日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要 2019年4月期、2020年6月期、2021年6月期_イメージ調査

カジュアルキャリア相談 カジュアルキャリア相談