転職お役立ち情報

財務・経理職が持っておくと有利な資格3選!

経理の転職お役立ち情報

経理職

企業の財務職と経理職は、共に企業のお金を管理する仕事です。
どちらもお金に関するプロフェッショナルであると言えるでしょう。
そんなお金のプロフェッショナルに憧れる方は決して少なくないと思います。


今回は、お金のプロフェッショナルである財務職、経理職の紹介と、就職する場合に持っていた方が有利に働く資格をご紹介していきます。

財務・経理の仕事内容の違い

財務と経理は共にお金の管理をする仕事ですが、両者の仕事内容は説明出来るでしょうか。
実は、同じお金の管理をする仕事でも、その仕事内容は全く異なるのです。

まずは両者の仕事内容からご紹介していきましょう。

財務は「未来のお金」を管理・調達する仕事

会社運営をするに当たっては多額の資金が必要になります。
特に現代では、1つの事業のみに専念して生き残っていくのは難しく、企業を長期に渡って存続させる為には、新たな事業展開や経営戦略を立てて実行していくのが不可欠です。
財務職の仕事内容の1つとしては、新たな事業展開に際して必要となる資金の調達が挙げられます。

また、その他の仕事内容として

  • 各事業部への予算編成、管理
  • 投資等による資産運用

が挙げられます。

財務職は、会社の未来に関わるお金を管理する仕事なのです。

経理は「過去のお金」を管理する仕事

経理職では、毎日発生したあらゆるお金の流れを把握して管理します。
具体的には

  • 伝票の作成
  • 買掛金の支払い
  • 売上高の入金確認
  • 帳簿への記入
  • 税務申告

これらの仕事が挙げられます。
経理は既に発生した取引を管理し、会社の経営状況を理解する仕事と言えるでしょう。

また、損益計算書や貸借対照表などの財務諸表の作成も経理の大切な仕事の1つです。

財務・経理に求められるスキルや知識

次はそれぞれに求められる能力をご紹介していこうと思います。
共にお金を管理する仕事でありながら、その仕事内容は全く異なる財務と経理職、求められる能力はどんなものがあるのでしょうか?

どちらの仕事にも必須の能力

どちらの仕事にも必須の能力として、次のものが挙げられます。

  • データ分析、プレゼン力

財務職が資金調達を行う際には、会社の経営状況を第三者(銀行等)に説明し、納得してもらわなければお金は借りられません。


また経理職も、会社の現在の財務状況を理解、把握し、経営者などに分かりやすく説明しなければいけない場合があります。
その際、データを正しく読み解く能力がなければ、相手に正しく情報を伝えることはできません。
更に、相手を納得させるだけのプレゼン能力がないと、資金調達が出来なかったり、経営者に不信感を抱かせてしまうこともあります。

ですから、財務、経理共にデータ分析、プレゼン能力は必要な能力と言えるのです。

財務に求められるモノ

財務職は社外の人間と関わることの多い仕事です。
また仕事内容も、ルーティンワークと言うよりは、経営計画や事業方針によって柔軟に変化させていかなければなりません。

よって、財務職に求められる能力は次のようなものが挙げられます。

  • 色んな人と関わるのが好き
  • 変化を好み、柔軟に対応できる
  • 新しいことに挑戦するのが好き

経理に求められるモノ

経理職は、社内の人間たちとの連携で仕事を行います。
仕事内容も基本的にはルーティンワークで、経営計画や事業方針によって大きく変わることはあまりありません。

よって、経理職に求められる能力は次のようなものが挙げられます。

  • コツコツと作業をこなしていくのが得意
  • フォローされるよりフォローする方が好き
  • 高い危機管理能力で現状を維持していける
  • PCスキルが高い

財務・経理が持っておくと有利な資格

財務や経理の仕事に就くに当たって、必須の資格は特にありません。
ですが、いざ就職するとなると、高度に専門的な知識を要するため、未経験や無資格では就職、転職するのが決して優しくないという現状があります。

そんな時、資格を持っていれば、他の求職者と差をつけられて、就職が有利に働くこともあります。
では、財務と経理それぞれに有利な資格をご紹介していきましょう。

共通の資格

日商簿記

簿記の知識は、会社資金に直接関わる全ての職の人が持っておいたほうがいい知識と言えるでしょう。
会社の帳簿はこの簿記の原則に従って記帳されており、簿記の知識がないとデータ分析や記帳そのものが出来ないからです。

日商簿記には1〜3級
がありますが、財務や経理の職に就きたいと考えるならば2級以上の知識は欲しいところです。

財務職が持っていた方がいい資格

財務職は、社外の人と関わって資金調達や投資を行っていきます。
その為、より高度で一般的な認知度のある資格を持っていた方が、就職の際や実際の交渉の場でも有利に働くことがあるでしょう。

具体的な資格をご紹介します。

FP技能士

FPは年金、資産運用、資産形成など、あらゆるお金に関する知識を持ち、適切にアドバイスをするお金のスペシャリストです。
その知識は金融、保険、不動産など多くの分野で活用できるので、就職が有利になるのは勿論ですが、仕事上でも大いに活用することが出来ます。

FPは1〜3級に別れており、2級以上を取得するのが望ましいと思います。
特に1級は合格率が10%前後の非常に難関な資格の1つであり、これを取得していれば仕事上でも顧客からの大きな信頼を得られるなど、有利に働くことがあるでしょう。

公認会計士

公認会計士は、言わずと知れた最難関国家資格の1つです。
財務諸表の監査に関するプロフェッショナルであり、社会的な信頼も非常に高いのが特徴です。
公認会計士資格保有者が監査した財務諸表を銀行に提出すれば、相手からの社会的信用度も高くなり、融資を受けやすくなるなどの大きなメリットもあります。

試験範囲自体がとても広く、合格率も10%程度と非常に難関な資格ではありますが、挑戦してみる価値は十分にある資格と言えるでしょう。

税理士

税理士は税金に関するスペシャリストです。
公認会計士とは違い、監査される資料を作成するのが主な業務にはなりますが、こちらも非常に有名な国家資格であるため、社会的な信用も高く、融資の際には有利に働くこともあるでしょう。

科目ごとの合格率も決して高いとは言えない上に、そもそも税理士試験自体に受験資格が設けられているため、誰でも受けられる試験ではない点も難関資格と言われる理由の1つです。

経理職が持っていた方がいい資格

経理職は基本的に社内での仕事になるため、自己スキルアップに繋がる資格が有利になると言えるでしょう。
それでは、具体的な資格を挙げていきます。

MOS

MOSマイクロソフトオフィススペシャリストの略で、その名の通りマイクロソフトに関するスペシャリストに与えられる資格です。
ワードやエクセル、パワーポイントはビジネスパーソンには必須のスキルと言っても過言ではなく、特に経理職等の社内で仕事をする人には使用頻度も高いでしょう。

その能力を客観的に証明するMOS資格があれば、採用する側にも信頼度が生まれ、就職が有利になるでしょう。

PASS

PASSは、事務全般に関する実務知識を問う試験です。
簿記に比べてその専門性は高くはないですが、この資格を持っていると事務職に関する知識を保有しているとみなされるため、事務職未経験の人などに取っ掛かりとしてオススメしたい資格になっています。

FASS検定

FASSは簿記に比べて、より実務に特化した会計の試験です。
簿記は会計の基本原則、その理論を学びますが、FASSではその活用例を学んでいきます。

簿記の資格に加えてFASSの資格を有していれば、他の求職者に差をつけられることでしょう。

まとめ

いかがでしたか。
今回は財務と経理の仕事内容と、持っていると有利になる資格についてお伝えしてきました。
これからこの仕事に就こうと考えている人は是非参考にして、キャリアアップを目指してみてくださいね。

Profile レックスアドバイザーズ

公認会計士・税理士等の有資格者をはじめとする会計人材専門特化した人材紹介会社。
■公認会計士・税理士・経理の転職サイトREX
https://www.career-adv.jp/
■株式会社レックスアドバイザーズ
https://www.rex-adv.co.jp/

会計士・税理士・管理部門経験者に
選ばれて3年連続3部門No.1

no1
  • おすすめする
    転職エージェント

  • 転職サポートが
    充実している会社

  • 転職しやすい会社

no1 おすすめする転職エージェント 転職サポートが充実している会社 転職しやすい会社

日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要 2019年4月期、2020年6月期、2021年6月期_イメージ調査

カジュアルキャリア相談 カジュアルキャリア相談