公認会計士・税理士 キャリアアップ通信

転職成功ガイド

【最新版】税理士の年収事情 (2018年度の賃金構造基本統計調査より)

日本最難関の国家資格のうちのひとつ、税理士。

税理士の資格をめざすうえで気になるのは、やはり年収事情ではないでしょうか?

難関資格なだけに、年収は高いだろうとイメージできますが、はたして税理士の年収事情はどうなっているのでしょうか。

 

【税理士の平均年収】

税理士の平均年収は、厚生労働省が毎年実施している「賃金構造基本統計調査」で確認することができます。

これは、従業員が10人以上の事務所や企業で働く公認会計士と税理士の平均年収データが掲載されています。

注意していただきたいのは、税理士単体での平均年収ではない点です。分類上、公認会計士と税理士の合算データとなっています。

公認会計士、とくに大手監査法人やコンサルティングファームに勤務している場合は、年収が高くなる傾向があります。

税理士単体での平均年収を考えると、賃金構造基本統計調査のデータよりもやや低くなると推察できますので、お気をつけください。

 

2018年度の賃金構造基本統計調査(公認会計士・税理士)

・現金給与額(月給) 564,200円

・年間賞与額(ボーナス) 214万8,500円

つまり、平均年収は単純計算でおよそ892万円となります。

 

給与所得者全体の平均年収と比較してみましょう。

 

平成29年度分 民間給与実態統計調査(国税庁)

・平均年収 432万円(正規雇用・非正規雇用をあわせた4,945万人)

 

税理士の平均年収は、給与所得者の平均年収と約450万円もの差があり、高年収を期待できる職業といえるでしょう。

 

【事業所規模による平均年収差】

賃金構造基本統計調査では、勤務する事業所規模ごとの平均年収データも掲載しています。

 

2018年度の賃金構造基本統計調査(公認会計士・税理士)

(企業規模)10~99人

・現金給与額(月給)  479,900円

・年間賞与額(ボーナス)  995,600円

平均年収 約675万円

 

(企業規模)100~999人

・現金給与額(月給)  585,900円

・年間賞与額(ボーナス)  640,200円

平均年収 約767万円

 

(企業規模)1000人以上

・現金給与額(月給)  582,000円

・年間賞与額(ボーナス)  2406,400円

平均年収 約939万円

 

いかがでしょうか?

事務所の規模により平均年収に差があることがわかります。

これは、事務所の規模とクライアント規模&サービスラインナップに相関があるためです。

事務所の規模が大きいと、上場企業や売り上げ規模の大きいクライアント、グローバル企業などをクライアントに持ち、その報酬は高くなります。

組織再編や事業承継など、いわゆるスポットと呼ばれるプロジェクト事業にも積極的なため、事務所の売り上げが増加し、従業員に反映されることになります。

 

もちろん、少数精鋭で売り上げを伸ばしている事務所もあるため一概にはいえませんが、より高い年収をめざすのであれば、大手事務所にチャレンジするのもひとつです。

 

【会計事務所入所後の年収の推移】

税理士の平均年収データを見てきましたが、これはもちろん平均であり、経験年数の長さやスキルの高さにより、増減があります。

会計事務所の経験年数による年収の推移を見ていきましょう。

 

・未経験~経験年数5年程度(科目合格者)

税理士になるには、毎年1回行われる税理士試験を受けなければなりません。

資格をめざす方のほとんどは、試験勉強と並行して会計事務所で経験を積むため、スタートからしばらくは科目合格者としての勤務になります。

300万円~500万円程度の年収となります。

 

・経験年数5年以上・3科目合格以上または税理士

経験を重ねると、法人顧問業務をひとりで担当できるようになるため、年収アップを期待することができます。

税理士試験3科目に合格すれば、BIG4と呼ばれる大手税理士法人へのチャレンジも可能になりますし、税理士資格を取得すれば、さまざまなプロジェクトにも携わることができ、仕事の幅を広げることができます。

事務所の規模にもよりますが、600万円以上の年収を期待することができます。

 

このように、会計事務所での年収アップは、税理士資格の有無が大きくかかわります。

最近は業務を分業化し、資格がなくとも活躍できる事務所も増えてきましたが、やはり資格の取得は年収アップにプラスになります。

経験を積みながら勉強し、税理士としての活躍をめざすのが、年収アップの近道になるでしょう。

 

【事業会社に就業する場合】

大手上場企業やグローバル企業では、税理士を採用する場合があります。

税務だけではなく、会計業務はもちろん財務や経営企画など、会計事務所では経験できない業務に携わるチャンスがあります。

税理士としてというよりも、一社員として会社に貢献し、活躍することとなります。

年収は、就業している会社の規模や給与テーブル、職位によりますが、600万円~800万円程度が多いようです。

 

【独立開業する場合】

税理士資格を取得し、独立をめざす方も多いでしょう。自分のペースで、自分の好きな仕事をできるという魅力があります。

けれど、クライアントを確保し、さらに優良顧客や報酬の高いプロジェクト案件を獲得するには営業力や人脈が重要です。

独立してすぐはなかなか優良顧客を獲得できず、知人の事務所を手伝ったり、低い報酬のクライアントの仕事を数多くこなしたりすることもあります。

軌道に乗れば、新たな仕事を獲得するなど、収入はどんどん上がっていきます。

このように、税理士は年収面でもチャンスに恵まれた職業だといえます。

経験を積むことで着実にキャリアアップできますので、ご自身の希望に合った働き方や仕事を選択していってください。

税理士の転職相談はこちら

一覧に戻る

転職成功ガイド

無料転職登録

すぐにご転職をお考えの方から、まだ転職するか決めかねている方まで、お気軽にご相談ください。
REXがあなたの転職をサポートします。

無料転職登録
  • 友人・知人紹介はこちら
  • 会計事務所の魅力に迫る
  • コンサルタントのご指名ができます。
  • プロ人材のスポット活用 REXプロコネ
  • コンサル・金融業界の転職ならGENSEN
  • REX派遣サイト
  • 会計事務所・経理の求人サイト アカナビ
  • 会計人のためのニュースメディア KaikeiZine
  • 次世代を担う実力派会計人
  • REXのおすすめ書籍
  • REXアドバイザーズ代表取締役 岡村康男の[感即日記]
  • 元『税金専門紙』『税理士業界紙』編集長 宮口貴志の[税界雑感]
  • REXアドバイザーズ公式Twitterアカウント
  • REXアドバイザーズ公式Facebookアカウント

このマークの意味は?
プライバシーマーク