転職お役立ち情報

経理財務とは?転職前にチェックしておきましょう!

経理の転職お役立ち情報

スーツを着た人々

経理財務とは、企業のお金に関する業務を請け負うポジションです。
お金の管理は健全な事業展開や経営において非常に重要なため、経理財務は責任ある職種といえます。


株式を公開していない非上場企業においては、経理と財務の両方を「経理財務部」などの名称で兼ねているケースが多いです。
経理と財務それぞれの業務を押さえることによって、経理財務についても理解しやすくなります。


この記事では、経理財務とはどのような職種であるかを解説します。
経理財務について知りたい方や、転職を検討している方はぜひご覧ください。

経理財務とはどのような仕事?

まずは経理財務の仕事について紹介します。
経理と財務の役割、そして似たようなイメージが強い会計との違いなどを取り上げました。

経理とは

経理とは一言で表すと、企業のお金を管理する仕事です。
企業が事業を展開して利益や資産を生み出すためには、経営状態や今ある資産について認識する必要があります。

そのためにはお金の動きを記録する必要があります。
これが経理です。
社員の給与計算(人事労務が担う場合もあり)、請求書の支払い、決算書作成など、経理の仕事は多岐に渡ります。


経理はすでに動いたお金の動きを記録し、現状を把握できる状態にすることが大きな役割です。
健全な事業展開や経営のために、経理というポジションは企業にとってなくてはならないものです。

財務とは

財務とは今後どのようにお金を使うか計画し、展開を進めていく仕事です。
具体的には金融機関からの融資計画や、投資などの資産運用などが挙げられます。
経理で作成された財務諸表を基に現状を把握し、将来どのようにお金を使うかを計画することが中心です。


経理と財務はどちらもお金に関わる仕事ですが、扱う内容は大きく異なります。

  • 経理はすでに使ったお金を記録・管理する仕事です。
  • 財務は今後どのようにお金を使うかという、未来について扱います。


このように経理と財務を分けて用いる場合には、仕事内容が大きく異なるのです。

会計とはどう違う?

経理や財務と似たような言葉として会計が挙げられます。
会計は経理財務とは違う意味を持つのでしょうか。


会計は、一般的に入出金などお金のやりとりを記録することを指します。
すなわち経理が請け負う仕事の一部は、会計業務と呼べるものです。


よくレストランなどで「会計をお願いします」と声をかけるように、「会計」は広い意味でお金のやり取りを指すため、やや曖昧な言葉だといえます。
仕事のうえでは、お金の動きの記録を「会計」と指すことが多いです。

上場企業の経理と財務

この記事では経理財務という名称で扱っていますが、経理財務は非上場企業のみに存在する職種です。
上場企業においては、経理部門と財務部門がそれぞれ別になります。


経理財務を一緒の部門にしてしまうと、不正が起こる可能性が高まります。
そのため、上場企業では経理部門と財務部門を分け、独立させるのが必須です。


なお非上場企業であっても、規模の大きい企業は不正防止のため部門が分ける傾向があります。
そのため経理財務という部門は、非上場企業かつ比較的小さな規模の企業に存在します。

経理・財務経験者向け
キャリアアップ転職相談

詳しくはこちら

経理財務の重要性とは?

続いては経理財務の重要性について紹介します。
前述したように上場企業では経理と財務を分けるため、ここでは取り上げる内容は非上場企業についてです。

お金の管理をする

経理と財務は扱う内容に違いはあれど、どちらもお金の管理をする仕事です。
経理財務としてひとつにまとまっている場合、これまで使ったお金と将来使うお金の両方を管理します。


お金の管理は企業において特に重要な要素のひとつです。
適切に管理できていないと経営に支障が出るほか、大きなトラブルに発展してしまう恐れもあります。


このようにお金の管理は非常に大切な意味を持っています。
そのため経理財務に求められる責任は非常に大きく、重要な役割です。

健全な事業展開のために必須

経理は経営や資産の状態を正しく表示させるために必要です。
そして財務は、今後どのように資産を使うか計画するために欠かせません。
すなわち経理財務は、健全な事業展開や経営のために必須の役割です。


お金を管理する立場の人がいなければ、何にどれほどのお金をかけてきたか認識できません。
お金の状態がわからない状態で事業を進めるのは非常に危険です。
現状を把握しないまま事業展開を続けると、お金が原因でトラブルが起きてしまう恐れがあります。


経理財務という職種は、健全な事業展開のために欠かせない存在です。
あまり目立つイメージがないかもしれませんが、企業運営の根幹に近い部分を担う役割ともいえるでしょう。

正確性が求められる

お金に関する仕事には、とにかく高い正確性が求められます。
ちょっとしたミスが大きなトラブルに繋がる恐れがあるためです。


経理財務の仕事は決して派手な部類ではなく、むしろ地味と感じるかもしれません。
しかし経理財務のミスは、場合によっては企業全体を巻き込む恐れがあります。
すなわちミスが許されず正確性が必要な、かなり責任の大きな役割です。


どの職種でも正確性は必要ですが、中でも経理財務は特別です。
経営を左右する可能性すらある、重要性の高い職種といえます。

求人情報はこちら

経理・財務の求人一覧はこちら

経理財務へ転職するコツとは?

特定の職種へ転職を希望するならば、転職のコツを掴むことが大切です。
経理財務へ転職するコツについて解説します。

自身の適性をアピールする

まずは自身の適性をアピールする必要があります。
この人を採用したいと思わせるためには、この仕事に向いている、活躍しそうという印象を与えることが大切です。


経理財務はコツコツとした業務が中心であり、正確性が求められる仕事です。
そのため細かい仕事が得意な方は適性が高いでしょう。
集中力や論理的思考力も求められるため、ぜひアピールしたいポイントです。


経理財務への適性をアピールできるエピソードがあれば、積極的に伝えましょう。

有利な経験は伝えるべき

経理財務に限らず、職歴などの実務経験は採否の判断材料になります。
そのため経理財務で活かせそうな有利な経験については伝えるべきです。


経理財務そのものの経験がないとしても、有利と考えられるものはあります。
たとえば一般事務の経験は関連する部分が多いためアピールポイントとなります。
銀行での勤務経験や、かつて関わったプロジェクトなどが有利となるケースもあるでしょう。


経理財務の直接的な実務経験でなくても、仕事で活かせる経験はさまざまです。
自身が積んできた経験を振り返り、有利と考えられる経験はアピールしましょう。

資格の勉強をして知識をつける

アピールポイントを増やすためには、資格取得も効果的です。
経理財務に役立つ資格を持っていることで、自身の知識を客観的に証明できます。


経理財務で役立つ資格例は以下の通りです。

  • 日商簿記検定
  • FASS検定
  • 経理事務パスポート検定


他にも経理財務で役立つ資格としてさまざまなものが存在します。
また職場によっては特定の資格が求められることもあるでしょう。
証明できる知識や有用性、難易度などのバランスを見ながら、資格の勉強を進めると効率的です。

求人情報はこちら

経理・財務の求人一覧はこちら

まとめ

経理財務とは企業のお金を管理する仕事です。
経理はすでに使ったお金、財務はこれから使うお金の管理が中心となります。
上場企業や規模の大きい企業では経理部門と財務部門は分かれており、経理財務は比較的小規模の非上場企業で見られる部門です。


経理財務はお金という非常に大切なものを扱います。
健全な事業展開のために欠かせない存在であり、経理財務に求められることは多いです。
少しのミスが大きなトラブルに発展するケースも多いため、高い正確性が必要とされます。


経理財務に転職するためには、自身が経理財務への適性があることはぜひアピールしたいです。
事務やお金に関する仕事など、経理財務として働くうえで有利な経験も伝えましょう。
知識を証明するために、経理財務で役立つ資格を取得するのも効果的です。


経理財務とはどのような職種なのか、理解を深める助けになれば幸いです。

Profile レックスアドバイザーズ

公認会計士・税理士等の有資格者をはじめとする会計人材専門特化した人材紹介会社。
■公認会計士・税理士・経理の転職サイトREX
https://www.career-adv.jp/
■株式会社レックスアドバイザーズ
https://www.rex-adv.co.jp/

会計士・税理士・管理部門経験者に
選ばれて3年連続3部門No.1

no1
  • おすすめする
    転職エージェント

  • 転職サポートが
    充実している会社

  • 転職しやすい会社

no1 おすすめする転職エージェント 転職サポートが充実している会社 転職しやすい会社

日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要 2019年4月期、2020年6月期、2021年6月期_イメージ調査

カジュアルキャリア相談 カジュアルキャリア相談