転職お役立ち情報

財務の仕事とは?

経理の転職お役立ち情報

財務 お金 仕事のイメージ

財務の主な仕事はお金まわりと予実管理

財務の役割は、経営計画あるいは経営方針に基づいた年度予算の作成、中長期経営計画の達成に向けて必要な事業資金の調達、グループ全体の資金管理のような、お金まわりに関わる仕事です。
これら資金関連の業務は、経理部が作成した実績数値・試算表等に基づいたものであるため、経理部との関連が非常に強い特徴もあります。

そして財務には、作成された予算通りに事業活動が進んでいるかを確認する重要な役割もあります。
日頃より経済情勢、会社が属する業界の動向の情報収集に努め、変化の波に柔軟に対応していく経営方針等について深い理解が求められる仕事です。

ファイナンス業務

財務の業務と聞いて思いつくものは、やはりファイナンス(資金調達と運用)関連業務でしょう。

ファイナンス業務のうち資金調達機能は、企業経営を行うために欠かすことのできない重要なもので、よく人の血流にたとえられています。
資金調達先は企業規模に関わらず、銀行や政府系金融機関からの借入が一般的です。

企業規模が大きくなり、あるいは東証1部・2部上場企業になると信用力が上がることで、社債の発行、公募増資による資金調達の選択肢が増えます。

 

財務部門で活躍するには

バックオフィスの1つの機能である財務は資格よりも経験が優先される部門で、相当の金融知識、経理知識は必須となります。

財務は経験がものをいう職種です。しかし、高度な資格を取得することでよりチャレンジングな案件を任されることもあります。経験、あるいは資格を積極的に獲得する姿勢が大切です。

 

業務に資格は不要だがあれば重宝される資格

財務の業務範囲は、会社の規模次第では担当範囲が変わり、大企業では細分化された業務をそれぞれの担当者が対応しています。
また、中小企業では人的リソースがそれほど大きくないため、財務と経理の業務を兼任するケースが多くみられます。

転職時の経験でいくと、銀行や証券のような金融業界の経験者が活躍しやすい部門ですので、大手企業の財務には金融経験者が必ず在籍しているといっても過言ではありません。
金融系で活躍している方には狙いやすいといえます。

資格面では、公認会計士のようなハイクラスの資格を持っている方であれば、高いレベルの財務の知見を持っているものとして、優遇される機会が多くなります。

資金繰りは高い予測能力が問われる

財務の資金管理業務は、経理における実績管理と異なり、企業が将来の事業活動において必要とする資金を必要な分だけ調達し、その使い道を管理することを目的としています。

どれくらい資金が必要なのかは、通常は取締役会等の決裁次第です。その決議に基づいて、短期・中期・長期の区分、資金使途の区分を考慮して資金調達を進めます。

しかし、事業活動は常に変化しており、短期間の資金調達で済むところが、中期的な計画になるような変更は珍しくありません。
あるいは、M&Aにより資金を必要としていた事業を手放すことになり、早期に調達資金を返済することもあります。
柔軟な対応も必要です。

金融機関との交渉においては、柔軟に資金を調達し、あるいは早期の返済可能性を見越して、余裕枠を持って対応することが望まれます。

 

上場企業では資金調達先の確保と交渉がある

企業の資金調達力の源泉は、事業からもたらされる収益力、保有資産の担保力、そして総合的なバランスから判断される信用力等によります。

金融機関からの信用を獲得し、機動的な資金調達を可能にするためには、財務部門の交渉力だけではなく、企業が安定した経営を行っていることが大切です。
外部に向けた情報開示として、上場企業では有価証券報告書や決算短信があります。

東証等の国内上場企業であれば、基本的には日系の金融機関から、現在の取引銀行だけではなく他の銀行や上場時の主幹事証券を中心として、社債の発行に向けて多様な投資家を募ることもあります。

例えば、ソフトバンクグループ株式会社の2021年度個人向け社債では、4,500億円規模の社債を発行すると発表しました。
利率の仮条件は年2.45%から3.05%とされていますので、一般的な企業の社債利率よりもかなり高い利率となりました。
この大規模社債を引き受ける証券会社は大和証券、SMBC日興証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、みずほ証券、野村証券等となっており、これら名だたる金融機関と綿密な交渉を進めていたことをうかがい知ることができます。

 

出典:Bloomberg ソフトバンクG、個人投資家から4050億円調達へ

中小から中堅企業では金融機関との良好な関係維持が大切

中堅企業規模クラスまでの企業では、事業資金はいくらあっても足りません。
緊急支払や多額の支払いに応じるための資金が不足している場合、企業にとって頼れるのは取引金融機関のみです。
日頃より定期的に財務諸表について、取引銀行へ適宜提出しその内容と今後の見通しを説明して、信用を積み重ねるようにしましょう。

企業側で比較的業績が順調な際には、逆に金融機関より追加融資の相談を受けることがあります。
一時的に余剰資金となる可能性もありますが、発生する金利負担は、一種の保険料と考えて、融資を受け入れることを検討しましょう。

財務部門からのキャリアアップを目指して

財務部門が担当している業務は経営に直結する重要なものが多く、そこで働く方に対する要求水準は高くなります。

このレベルに日々応えている財務部門の経験者は、転職市場でも高い評価を受けており、さらなるキャリアアップを目指して資格の取得や新たな経験を積んでいます。

財務部門では、経理、会計、経営に関する専門的な知識は欠かすことができませんので、これらに関わる資格として、公認会計士や税理士等を取得して、チームマネジャーや部門の責任者として活躍している方も少なくなく、その後のキャリアップの可能性を広げています。

経営企画部門への異動

経営企画部門では、所属業界の市場動向、競合動向、顧客ニーズ等から将来の見通しを探り、経営陣に向けて中長期的な視点で経営戦略をサポートします。

財務部門の出身者は、データの収集と分析、予算実績管理等の関連業務を経験しており、即戦力として期待できるでしょう。
財務部門で培ったCFOや経営層等との接点は、経営企画部門でも役に立ちます。

例えば、企業構造改革にあたり一時的に多額の資金が必要となる場合、財務部門への相談および経営層との交渉がやりやすい環境にあります。
あるいはさまざまなプロジェクトを主導して、キャリアにつながる実績を得ることが可能でしょう。

経理部門への異動

経理部門は企業の財産を保全し、内部統制活動を維持・構築させる守りの要です。また、企業業績を収集し、適切な時期に経営層にレポートする役割も担っています。

財務業務の経験者は、予算実績管理や中長期経営計画の作成関与の実務を通じて、経理部門と財務部門の橋渡し役となり、それぞれの前工程・後工程をより効率的につなげることで、部門業績の向上に寄与することが可能です。

経理に関する資格で、簿記等を保有していない方であれば、是非チャレンジすることをお勧めします。
簿記2級や1級の取得後は、より高度な資格として税理士や公認会計士に向けて努力し合格することで、人事評価でもプラスに働く可能性があります。

 

事業部門への異動

大手企業の事業部門の規模は、一般的な企業規模に匹敵することもあり、事業専属で経理・財務担当者がサポートをしています。

新たな付加価値を探して邁進する事業から、スピード感のある回答を求められることが多くなります。

財務部門で培った業績評価、進捗管理の経験をフルに活かして、将来を見通した適切なアドバイスをしていくことで、信用を積み重ねていき、着実なキャリアアップを目指していきましょう。

Profile レックスアドバイザーズ

公認会計士・税理士等の有資格者をはじめとする会計人材専門特化した人材紹介会社。
■公認会計士・税理士・経理の転職サイトREX
https://www.career-adv.jp/
■株式会社レックスアドバイザーズ
https://www.rex-adv.co.jp/

会計士・税理士・管理部門経験者に
選ばれて3年連続3部門No.1

no1
  • おすすめする
    転職エージェント

  • 転職サポートが
    充実している会社

  • 転職しやすい会社

no1 おすすめする転職エージェント 転職サポートが充実している会社 転職しやすい会社

日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要 2019年4月期、2020年6月期、2021年6月期_イメージ調査

カジュアルキャリア相談 カジュアルキャリア相談