転職お役立ち情報

税理士事務所の志望動機といえば?良い例・書くべきポイントを解説

税理士の転職お役立ち情報

税理士

税理士に合格して就職する時、あるいは、別の税理士事務所に移りたいなど転職を考える時には税理士事務所の志望動機を考えます。

どのような内容を書けばいいのか、ポイントなどを解説していきます。

税理士事務所を志望する動機とは

税理士事務所を志望するタイミングは人それぞれですが、税理士としてどうなりたいか、税理士としてどう歩んで行きたいかなどを考えた上で、出てきた答えが税理士事務所の志望動機につながっていきます。

税理士事務所を志望する動機についてみていきましょう。

自分の能力を高めたい

税理士に合格したばかりだと税理士としての知識、素養など自分の能力を高めたいと考えます。

そのように考えた時に身につけるのに早いのは税理士事務所となります。

税理士事務所では税理士としての基本的な素養などが身につけることができ、経験を積むことができます。

 

その他に経験者であっても異なった事務所にいくことで、異なった環境により自分の能力を高めることもできるため、そういった人にとっても志望動機になり得ます。

独立するための知見を獲得したい

税理士として独立して自分の事務所を持ちたいという人は多くいます。

しかし、試験に合格したから独立できるとは限らず、様々な知見を得る必要があります。

例えば、どのような悩みを顧客が持っているのかということは税理士事務所で実際に経験することで知見として得ることができます。

 

また、契約書などは税理士事務所で実際に契約をすることで得ることができるもので、業務の中で身につけることができる知見です。

専門知識を得たい

そのほかにも税務の専門知識を得たい場合、税理士事務所を志望する動機になります。

上述の通り、合格したばかりの人であれば、一般的な税務知識を保有していないため、通常の税理士事務所に入る動機となります。

税理士事務所に入ることで一般的な税務知識を習得することができます。

また、移転価格税制などの税制や相続税など特殊な税金の知識を得たい場合にはそのような専門的な業務を提供している税理士事務所に行かなければなりません。

 

特殊な税金知識を習得したい場合には税理士事務所への志望動機となるのです。

希望の条件を妥協しない!
今の働き方を変えたい税理士・税理士科目合格者向け
転職相談会

詳細はこちら

税理士事務所の志望動機の良い例3選

ここまで見てきた志望動機ですが、エントリーシートや履歴書などに記載することになります。

また、面接でも聞かれる可能性があります。伝わりやすく、印象のよい志望動機はどういった内容なのでしょうか。

志望動機のいい例について解説していきます。

自分のスキルをアピール(これまでの経歴、強みなど)

税理士事務所に入るにあたって自分のこれまでの経験、スキル、強みなどがアピールポイントになります。

アピールポイントを志望動機に繋げることで、採用する側から見てもイメージしやすく、志望動機として理解されやすくなります。

アピールポイントも記載できるので、一石二鳥となります。

 

例えば、チャレンジ精神が旺盛である人であれば、さまざまな挑戦ができる事務所、さまざまな事業展開をしている税理士事務所を志望することで志望動機として書きやすくなり、採用する側からも理解されやすくなります。

入所後に貢献できる点

入所を志望する側ですが、入所してからやりたいこと、また、貢献できることを記載することで税理士事務所側としては入所してもらってからのイメージがつきやすく、長期間活躍してもらえるなどのイメージを持ちやすくなります。

イメージを持つことで事務所に合っている人物かなども含めて判断しやすいのです。

また、入った後もやりたいこと、貢献できることを記載しておくことで仕事もやりやすくなるというメリットがあります。

 

いずれにしても、入所後に貢献できる点を志望動機に記載すると印象がよくなるでしょう。

事務所を選んだ理由を明確にしている

税理士事務所は数多くあります。

その中で、なぜその事務所を志望したのかを明確にしましょう。

同じような税理士事務所がある中で、他の事務所との違いを明確にすることで志望する気持ちが伝わりやすくなるでしょう。

 

また、志望動機は明確にするとともに具体的にすることです。

採用する側にとって、印象が良くなるポイントとなります。

説明するという面でも事務所を選んだ理由を明確にしておくといいのですが、入所するにあたっても明確にできていると自分の中での納得感も出やすくなります。

税理士事務所の志望動機の悪い例3選

ここまで良い例を見てきましたが、反対に志望動機として適切ではないものはどのような内容なのでしょうか。

エントリーシートの記載、面接での質問などで記載あるいは答えない方がいい動機について解説していきます。

志望する理由が不明瞭

良い例の逆の話になりますが、志望動機が不明瞭だとなぜ志望したのかわかりにくくなります。

税理士事務所は数多く、なかなか他の事務所との違いを出すことは難しいですが、志望する理由を明確にしなければなぜ入りたいのかわからず、採用する側からしても判断できなくなります。

 

志望する理由が不明瞭になってしまうとそのようなことが生じてしまうので、志望する理由は明確に記載しましょう。

熱意・学ぶ姿勢が感じられない

時間をかけて税理士の資格を取得しているので、熱意や学ぶ姿勢は強いはずなのですが、志望動機に記載あるいは答えてもらうと、熱意や学ぶ姿勢が感じられない場合があります。

入所後、活躍してもらいたい採用側からするとさまざまなことに挑戦してもらい、能力アップに努めてもらいたいと考えますので、志望動機に熱意や学ぶ姿勢が感じられなかったらマイナスになります。

 

それまで頑張って勉強して税理士の資格を取得しており、やる気はあるはずなので、志望動機には熱意や学ぶ姿勢を前面に出しましょう。

給与を前面に出している

税理士事務所は普通の事業会社と比較すると、税理士の資格も取得しており、給与は高い水準となっています。

多数の税理士事務所の中から探す際も、その中で給与水準が高いところを選んでいるかもしれませんが、志望動機に入れない方が印象が良くなります。

給与を前面に出しているとそれだけが目当てのように見え、印象がよくありません。

 

志望動機には給与を前面に出さないようにしましょう。

求人情報はこちら

会計事務所・税理士法人の求人・転職情報一覧

税理士の求人・転職情報一覧

税理士事務所の志望動機で書くべき内容は

ここまで志望動機の良い例、悪い例を解説してきました。

最後に志望動機で書くべき内容を簡潔に解説します。

多くの選択肢の中から税理士事務所を選んだ理由

多くの税理士事務所の中から、なぜその税理士事務所を選んだのか明確に記載しましょう。

ここまで見てきた通り、選んだ理由が明確である方が採用側からしても採用しやすくなります。

入所後、貢献できること

なかなか記載はしにくいのですが、入所後、税理士事務所で貢献できることを記載するように心がけましょう。

採用する側も入所後をイメージしやすくなり、採用されやすくなります。

自分のアピールポイント・強み

志望動機には自分のアピールポイントや強みを入れましょう。

どういう人なのかということが見える化でき、採用する側もイメージしやすくなります。

まとめ

ここまで税理士事務所の志望動機について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

税理士事務所は多数あり、なぜその事務所を選んだかを明確にすることは容易ではないですが、志望動機は具体的に、かつ、明確にしましょう。

また、自分の強みやスキル、入所後のイメージを思い浮かべ、貢献できるポイントなどを入れると印象は良くなります。

これらを意識して志望動機を考えていきましょう。

まずは情報収集したい方にオスススメ!
税理士向けの最新の非公開求人メルマガ
(メールアドレスのみで登録できます)

メルマガ登録

Profile レックスアドバイザーズ

公認会計士・税理士等の有資格者をはじめとする会計人材専門特化した人材紹介会社。
■公認会計士・税理士・経理の転職サイトREX
https://www.career-adv.jp/
■株式会社レックスアドバイザーズ
https://www.rex-adv.co.jp/

公認会計士・税理士・経理・財務の転職は
レックスアドバイザーズへ

カジュアルキャリア相談 カジュアルキャリア相談