転職お役立ち情報

会計事務所の仕事内容ー具体的な業務や繁忙期を解説

税理士の転職お役立ち情報

会計事務所の仕事内容ー具体的な業務や繁忙期を解説

「会計事務所ではどんな仕事をしているの?」

「会計事務所の繁忙期はいつ?」

「会計事務所で働くために必要なスキルは?」



この記事では、こんな疑問を持った方に、会計事務所の仕事内容や働き方、会計事務所で働くために必要な資格や経験などについて、詳しく解説していきます。

会計事務所への就職や転職を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

1.会計事務所の具体的な仕事内容

会計事務所では、税務・会計業務とそれに付随する業務を、法人や個人に対して提供しています。

以下より、それぞれの業務内容を具体的に解説していきます。

会計事務所の仕事①記帳代行

記帳代行とは、クライアントの帳簿作成を代行する業務です。クライアントから領収書や請求書などの資料を受け取り、取引の内容、勘定科目、金額などを会計ソフトに入力し、会計帳簿を作成します。この記帳代行は、会計事務所のメインとなる業務のひとつであり、会計事務所に入社した場合、まず初めに担当する業務になります。また、記帳代行で取り扱う取引は量がとても多いため、正確性とスピードが要求されます。 



ただ近年では、クラウド会計が普及し始め、記帳代行のための入力作業が大幅に簡素化されています。クラウド会計は、会計事務所によって力を入れている事務所とそうでない事務所があるため、入社を検討する際に確認することをおすすめします。



そして月に一回、記帳代行で作成した会計帳簿をもとに、試算表を作成します。試算表を見ることで、その月の取引が正常かどうかや、前月や昨年同月と比較してどのように増減しているかを確認することができます。

会計事務所の仕事②決算業務

決算期には、一会計期間を締めくくる決算業務を行います。

決算業務では、日々の記帳代行で作成する会計帳簿をもとに、貸借対照表や損益計算書を作成します。

貸借対照表や損益計算書を見ることで、企業の1年間の活動の成果を確認することができます。

会計事務所の仕事③税務申告

税務申告とは、決算書をもとに税務申告書を作成する業務です。

税務申告業務は主に税理士が行い、申告書には代理人として税理士の氏名が記載されます。

また、税務調査の際の立会いや、税務署に対する不服申し立ての代理などの業務を行うこともあります。



税務申告に関する税務書類の作成、税務代行、税務相談は、税理士の資格を持った者のみが行うことのできる独占業務となっています。

会計事務所の仕事④コンサルティング業務

最近では、多くの会計事務所で税務・会計に関するコンサルティング業務が行われています。

クライアントの経理業務が適正に行われるように指導したり、必要ならば取締役に経営に関するアドバイスを行うこともあります。

会計事務所によっては、国際税務、企業再生支援、IT、資産税、M&Aなど、特定の分野に特化してコンサルティングを行っている事務所もあります。

会計事務所の仕事⑤その他の業務

会計事務所によっては、年末調整や給与計算、銀行からの融資手続のサポートなどのサービスを行っているところもあります。

業務としては多岐にわたりますが、クライアントの財務会計面を支える「頼れる存在」となることは会計事務所にとって大事な使命です。

2.会計事務所の仕事ー1年の流れと繁忙期

会計事務所の1年の流れ

一般的な会計事務所では、決算業務や確定申告業務に絞ると、以下のようなスケジュールで業務が行われています。



12月:年末調整

1月:12月決算の決算業務

2月:12月決算の確定申告

4月:3月決算の決算業務

5月:3月決算の確定申告



一般的な会計事務所では、毎年ほぼ同じスケジュールで業務が行われるため、自身の年間計画も立てやすく、有給も取りやすいと言われています。

一方、コンサルティングが多い、またはコンサルティングに特化した会計事務所などでは、臨時的に発生する業務も多く、毎年決まったスケジュールとならない場合もあります。

会計事務所の繁忙期

日本では、企業は決算から2か月以内に確定申告を行う必要があります。また、多くの企業の決算期が3月または12月であるため、12月から5月あたりに決算・確定申告業務が集中します。よって、多くの会計事務所はこの時期が繁忙期となっています。5月のGWを休めずに休日出勤となる事務所もあるようです。



また、個人事業主のクライアントが多い会計事務所は、確定申告が行われる2月中旬から3月中旬が最も忙しい時期となります。



一方で、6月から11月は比較的業務量が少ない閑散期となっています。この繁忙期・閑散期を利用して、会計事務所によってはフレキシブルな働き方ができる事務所もあります。

例えば、繁忙期のみの期間限定で働く、閑散期の勤務日数を減らし資格勉強に充てるなど、柔軟に働くことができるところが会計事務所の魅力です。

3.会計事務所の仕事ー給与と待遇

会計事務所の給与

会計事務所の給与は、事務所の規模、持っている資格などによって、大きく異なります。

ただ、一般的には、会計事務所の平均年収は入社1~5年で400~500万円が相場と言われています。

税理士や公認会計士の資格を持っている場合、さらに100~200万ほど上乗せされることが多いです。

会計事務所の待遇

会計事務所の待遇は一般的な企業とあまり変わりません。

ただし、会計事務所特有の福利厚生として、資格取得の支援があります。

税理士や公認会計士の資格取得を目指している人に対し、試験勉強のための休暇や取得のための費用の補助などの支援を行っている事務所が多くあります。

働きながら資格取得を目指す方にとっては大きなメリットとなるでしょう。

4.会計事務所での仕事に役立つ資格や経験は?

会計事務所で役立つ資格

会計事務所によって、応募の際に求められる資格は様々です。

税理士資格が必須の求人もあれば、資格要件がない求人もあります。

ただ、会計事務所の業務の中には、税理士や公認会計士でなければ行うことができない業務があります。よって、税理士や公認会計士の資格を持っていると即戦力として重宝されるでしょう。



また、税理士試験の科目合格者で、試験勉強と両立しながら働いている人も多くいます。

会計事務所によって、資格取得のための支援制度は異なるため、就職・転職活動の際はよく比較することをおすすめします。



もちろん会計事務所には、税理士や公認会計士の資格を持たない人もたくさん働いています。

しかし、会計事務所の業務の多くは会計・税務に関する専門知識が必要となります。

例えば、会計事務所のメイン業務である日々の記帳代行業務では、簿記の知識が必要となります。

日商簿記検定などの簿記に関する資格も大変役に立つでしょう。

会計事務所で役立つ経験

会計事務所の基本的な業務は、一般事務のスキルがあれば十分に対応することができます。

また、一般企業の経理部門での勤務経験があれば、会計事務所の業務にも活かすことができるでしょう。

会計の基本知識があることが前提となりますが、クライアントの代表レベルとコミュニケーションを取ることを考えると、営業等で培ったコミュニケーション力も役立ちます。

5.まとめ

以上が一般的な会計事務の仕事内容になります。 



会計事務所では柔軟な働き方ができる場合が多く、家事や子育てとの両立がしやすいという魅力があります。

また、働きながら日商簿記や税理士、公認会計士などの資格取得を目指している人も多く、スキルアップを求める方にも最適な職場です。



この記事が、会計事務所への就職・転職を検討している方の参考になれば幸いです。

Profile レックスアドバイザーズ

公認会計士・税理士等の有資格者をはじめとする会計人材専門特化した人材紹介会社。
■公認会計士・税理士・経理の転職サイトREX
https://www.career-adv.jp/
■株式会社レックスアドバイザーズ
https://www.rex-adv.co.jp/

会計士・税理士・管理部門経験者に
選ばれて3年連続3部門No.1

no1
  • おすすめする
    転職エージェント

  • 転職サポートが
    充実している会社

  • 転職しやすい会社

no1 おすすめする転職エージェント 転職サポートが充実している会社 転職しやすい会社

日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要 2019年4月期、2020年6月期、2021年6月期_イメージ調査

カジュアルキャリア相談 カジュアルキャリア相談