転職お役立ち情報

BIG4系のFASで得られる年収は?年収アップの方法も解説!

会計士の転職お役立ち情報

前進するビジネスパーソン

FASとはファイナンシャル・アドバイザリー・サービスの頭文字をとったものです。

財務・会計に関するアドバイザリーサービスおよびサービスを提供する会社を指します。

BIG4とは最大手会計ファーム4つをまとめた呼び方で、BIG4系とは BIG4のグループ会社を意味します。

BIG4はそれぞれFASも有しており、監査法人など他のグループ会社と同様、年収が高い傾向です。

 

本記事ではBIG4系FASで得られる年収について解説します。

BIG4やFASに興味をお持ちの方はぜひご覧ください。

 

BIG4系のFASで得られる年収

まずは平均年収の紹介です。

法人別やポジション別に、平均年収の解説をします。

 

法人別の平均年収

まずはBIG4系のFASに該当する法人別の平均年収を紹介します。

BIG4と呼ばれる法人および全体的な平均年収は以下のとおりです。

  • KPMG FAS:1,200万円前後
  • EYストラテジー・アンド・コンサルティング:1,000万〜1,200万円
  • デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー:1,100万円弱
  • PwCコンサルティング:900万円台

 

こちらはすべて、業績連動のボーナスやインセンティブをすべて含んでいます。

いずれも初任給は500万円台が多いのですが、昇給スピードが速く、年収が上がる幅も大きいです。

そのため上述したような高年収が期待できます。

 

ポジション別の平均年収

FASで得られる年収は、ポジションによっても大きく異なります。

主なポジションとそれぞれの平均年収は以下のとおりです。

  • アソシエイト:700万〜900万円
  • シニアアソシエイト:900万〜1,400万円
  • マネージャー:1,300万〜1,800万円
  • ディレクター:1,600万〜2,200万円
  • パートナー:2,000万円〜

 

上記の平均年収はベースとなる金額とボーナスを加算した金額です。

FASは実力主義の傾向にあるため、ボーナスの幅も大きくなります。

 

ポジションが上がるほどボーナスの幅が広がるため、平均年収の幅も大きい傾向です。

 

参考:日本の平均年収は?

BIG4系FASで得られる年収がどれほど高いかを比較するために、日本の平均年収を紹介します。

日本の平均年収は400万円台前半と考えられています。

こちらは国税庁によって実施・発表された、民間給与実態統計調査の結果によるものです。

令和2年分の結果では給与所得者の平均年収が433万円、それ以前の結果でも400万円台前半となっています。

 

BIG4系FASで得られる年収は、日本の平均年収の2倍以上という高額です。

コンサルティング業界へ転職したい!
公認会計士向けの転職相談

詳細はこちら

BIG4系のFASで高年収を得られる理由とは

BIG4系のFASでは、なぜこれほどの高年収を得られるのでしょうか。

考えられる理由について解説します。

 

BIG4グループをバックボーンに持つ

前述したようにBIG4とは、4つの巨大な会計ファームをまとめた呼び方です。

BIG4に属する会計ファームはいずれも圧倒的な規模を誇り、知名度・信頼度もかなりの高さを誇ります。

 

BIG4グループは監査法人・税理士法人・その他アドバイザリー系ファームを展開します。

豊富な知識・ノウハウによる非常に高度なサービス、圧倒的規模により対応できる業務の幅広さなどから、大きな売上高および年収の実現が可能です。

 

そんやBIG4グループをバックボーンに持つFASも、同様の性質を有しています。

BIG4ならではの特徴が、高年収の実現につながります。

 

FAS自体年収水準が高め

BIG4系に限らず、FAS自体の年収水準が高めの傾向です。

BIG4特有の性質と、FASの高い年収水準が、BIG4系FASの圧倒的な年収を実現させます。

FASの平均年収は30歳前後でも700万〜900万円と、かなりの高額です。

年齢が上がるにつれポジションも上がりやすいため、より高年収になるケースも珍しくありません。

 

もともと年収水準が高い傾向にあるFASのうち、トップ層にいるBIG4の年収が高いのは納得です。

専門知識が必要かつ需要も高い

FASでは会計・財務はもちろんのこと、業界や市場など幅広い分野の高度な知識を使い、クライアントのサポートを実施します。

このように専門知識が必要で難易度が高いため、報酬が高額となり、必然的に年収も高くなります。

 

またFASの専門的なアドバイザリー内容は非常に需要が高いです。

M&Aや企業の再生支援など、今後を大きく左右する場面のサポートをするため、常に一定以上の需要を誇ります。

 

専門知識が必要で難易度が高い上、常に高い需要があるため、FASの報酬・年収も高くなります。

 

BIG4系のFASでより高年収を得るには

最後にBIG4系のFASで、より高年収を得るためのポイントについて紹介です。

高い平均年収を誇りますが、工夫次第でさらなる額が実現できます。

 

年収が高い求人を選び転職する

年収が高い求人を選び転職することで、早い段階から高年収を得られる可能性が高いです。

初任給はもちろん、昇給の幅や実現可能な年収の上限なども確認しましょう。

 

ひとくちにBIG4系FASといっても、業務内容によって年収が異なるケースが十分にあり得ます。

高い年収が条件として明記されている求人の方が、高年収を得やすいと期待できます。

 

とはいえ年収はあくまでも基準のひとつであり、自身の望む業務をおこなえる求人を選ぶことも大切です。

役立つ資格を取得する

資格は知識やスキルを客観的・明確に証明できる有用な手段です。

高い評価につながりやすいため、FASで役立つ資格の取得をおすすめします。

 

FASで役立つ資格の例は以下のとおりです。

  • 日商簿記検定2級以上
  • 公認会計士
  • 税理士
  • 米国公認会計士(USCPA)

 

ただしすでに少し触れたように、FASは実力主義の傾向が強く、具体的な実績・評価が年収につながります。

資格の取得によってスタート時点の評価はプラスになる可能性が高いですが、最終的には業務で結果を出すことが非常に重要です。

英語力が有利になるケースも

FASでは国内に限らず、グローバル展開に関連するサービスをおこなうケースもあります。

すなわち英語力が高ければ、FASで対応できる業務の幅が広がり、有利になる可能性があります。

BIG4系FASでは基本的に英語力の高さもみられますが、その中でも突出した力を有していればかなりの評価につながるでしょう。

 

また英語力が必要な業務は語学力だけでなく、日本国内とはまた違った専門知識の必要性も高いです。

そのため他の業務に比べて高額な報酬や高評価につながるケースが考えられます。

 

なおFASの業務において、リーディングやリスニングだけでは英語力が十分とは言い難いです。

実際に英語を使って書く・話すといった、実用的な英語力が求められます。

 

求人情報はこちら

公認会計士の求人・転職情報一覧

コンサルティングファームの求人・転職情報一覧

まとめ

BIG4系FASの平均年収を法人別で確認すると、もっとも安価でも900万円台、高額の場合は1,200万円にのぼります。

ポジションによって得られる年収が大きく異なる点もポイントです。

日本の給与所得者の平均年収は400万円台前半のため、BIG4系FASの年収が非常に高額であるとわかります。

 

BIG4系FASは、その名のとおりBIG4グループをバックボーンに持つため、高年収が実現しやすいです。

そもそもFAS自体が平均年収700万〜900万円と高い水準にあります。

FASは専門知識が必要で難易度が高い上、社会的需要もあるという理由も、高額な報酬・高年収を得られる理由です。

 

BIG4系FASでより高年収を得るには、年収の高い求人を選ぶのが効率的です。

FASで有利な資格の取得も、高い評価および年収につながります。

実際に書ける・話せるほどの高い英語力も、高年収の実現に役立つ要素です。

 

BIG4系FASの年収について知っていただく助けができれば幸いです。

まずは情報収集したい方にオスススメ!
公認会計士向けの最新の非公開求人メルマガ
(メールアドレスのみで登録できます)

メルマガ登録

Profile レックスアドバイザーズ

公認会計士・税理士等の有資格者をはじめとする会計人材専門特化した人材紹介会社。
■公認会計士・税理士・経理の転職サイトREX
https://www.career-adv.jp/
■株式会社レックスアドバイザーズ
https://www.rex-adv.co.jp/

公認会計士・税理士・経理・財務の転職は
レックスアドバイザーズへ

カジュアルキャリア相談 カジュアルキャリア相談