転職お役立ち情報

会計事務所は何をするところか

税理士の転職お役立ち情報

窓の外を見つめる男性

会計事務所は何をするところでしょうか。
会計事務所とは何なのか、仕事内容はどのようなものがあるのか、またその働き方や就職方法について以下でのべてきます。

会計事務所は何をするのか、会計事務所について

①会計事務所とは

会計事務所は、法人や個人の税務相談、各種税務申告業務、記帳代行といった税務・会計に関するサービスを展開します。

税務に関する専門知識を身につけた税理士資格を有する人が、独立・開業し運営しています。
税理士が行える「税務代行」「税務書類の作成」「税務相談」の独占業務をはじめ、経理部が確立されていない中小企業への会計代行業務・経営分析。

さらには、株式公開支援・企業再編支援など、情報提案や経営の助言をするコンサルティング業務を行う会計事務所が年々増加しています。

②事業会社経理と会計事務所の違い

税務や会計を取り扱うにあたり、事業会社との大きな違いとして挙げられるのは、サービスの提供先が違うということです。
事業会社の場合は、自社の経理を行うわけですから、社内向けのサービスと言えます。

一方で会計事務所は会社の経理部門や個人事業主など、税務や経理業務を委託したい人たちを顧客として業務を行います。

つまり、会計事務所の仕事はサービス業であり、一人でクライアントを何社も担当し、並行して複数の業務を行っています。

会計事務所は何をするのか、仕事内容について

①記帳代行業務

記帳代行業務は、日々の帳簿作成や会計ソフトへの仕訳入力などの業務を顧客に代わって代行することです。
こうした業務について社員を雇うより、コスト面や処理の正確性からも会計事務所に代行してもらったほうが合理的であることが多いです。

そのため、小規模な会社・個人事業主などから業務を受けることが多いです。
業務の進め方として、比較的経験の浅いスタッフが会計ソフトの入力業務などを行い、税理士やベテラン職員が確認を行い、その結果を受けて経営者に報告したり、その後に向けた打合せをすることが一般的です。

②税務代理業務

税務代理業務は、顧客ら委任を受けて、税理士が税務申告書を作成し、税務署へ申告する業務を指します。
税金の申告は、納税者本人が行うのが基本ですが、日本の税法はなかなか難解で、本人で申告書を正しく作成するのが難しいケースが多々あります。

そのため、税理士や会計事務所職員が、税務申告書の作成をサービスとして提供しています。

②税務当局とのやりとり

税務調査に立ち会うこともサービスの1つです。
税務調査で指摘を受けた場合に、税務署と顧客の間を取り持ち、双方納得のいく落としどころを見つけるのが、税理士の役目にあたります。
税理士本人だけではなく、担当者について詳細な知識を持つ会計事務所の職員が立ち会うようなケースもあります。

会計事務所は何をするのか、働き方について

①税理士試験の勉強をしながら働く

会計事務所では例えば税理士の科目合格者など、試験合格を目指して勉強中という方も多く活躍しています。
会計事務所では税理士資格の取得を奨励することも多いため、税理士試験に取り組むための環境としては適しています。

また、税理士資格の取得にあたって必要な2年間の実務経験についても、会計事務所で仕事をすることで積むことが可能となり、事務所によっては夏に実施される税理士試験の時期にあわせて試験前や試験日に休暇を設けているところもあります。

②繁忙期にあわせて働く

会計事務所は主に年末調整や確定申告、決算時期など決まった期間に業務が集中します。
この時期は業務が増えることが一般的で求人も多くなることから、繁忙期にあわせて働くことができます。
そのため自身の資格勉強や家庭の事情に応じて期間限定で働くこともできます。

③派遣やパートで働く

会計事務所は派遣やパートを募集していることもあります。
クライアント企業への訪問などは基本的にはないため、自身の資格勉強や家庭の事情に応じて働くこともしやすいです。

④在宅ワークで働く

会計業界では、クラウド会計ソフトの普及が進んでおり、個人事業主や会計事務所での利用のみならず中規模企業から大企業にも広がりつつあります。

このようなクラウド会計ソフトを利用することで在宅での業務も可能となったことで、最近では在宅ワークの導入も進んでいることから、在宅スタッフに切り替える会計事務所が増えています。

会計事務所は何をするのか、働くためには

①会計事務所で働くための資格

会計事務所では専門知識や税理士資格が要求される業務もありますが、会計事務所で求めているのは有資格者だけではありません。
未経験者でも応募可能な求人もあり、業務の内容によって求められる資格やスキルも異なりますので、自身の経験と照らし合わせて求人情報を見ると良いです。

①転職活動時期について

会計事務所は繁忙期が集中していることから年末調整を迎える直前の11月や、確定申告前の1月などに派遣など期間限定の求人が増えていること多いです。
そのため年間を通じて働く時期と試験勉強や家庭などのプライベートをわけている方にとっては、このような期間限定の求人がおすすめです。

また8月に行われる税理士試験受験者を狙って募集をかけていることも多く、試験直後の採用が落ち着き、繁忙期に備える少し前の秋頃にも求人が増加する傾向もあります。
そのためこの求人が増加するタイミングで転職活動を行うことも考えられます。

②会計事務所の求人について

会計事務所の求人の募集要項については一般企業と大きな違いはありません。
気にしたいポイントとしては「会計事務所」「税理士事務所」の求人なのか、「税理士法人」の求人なのかという点です。

会計事務所や税理士事務所は、税理士が個人事業主として運営しており、地域密着型の小規模~中規模の事務所が大半です。
それに対し、税理士法人は2人以上の税理士が所属している、いわば法人です。
組織の規模や事務所の特色に留意しながら求人を見ていくことに気を付けるとよいでしょう。

まとめ

会計事務所とは何なのか、仕事内容はどのようなものがあるのか、またその働き方や就職方法についてのべていきました。

会計事務所であれば税務や会計の知識を生かして働くことができ、また繁忙期も決まっていることから、勉強や家庭の事情に応じて働くことが可能なので、プライベートや勉強を確保したい方にはお勧めです。
未経験者の場合でも、税理士試験の科目合格や簿記検定を取得することにより年収アップを見込むこともできます。

よって税理士資格や簿記検定の取得によりスキルアップをめざす人や家庭との両立を希望する人にとっても働きやすい環境だといえるでしょう。

 

Profile レックスアドバイザーズ

公認会計士・税理士等の有資格者をはじめとする会計人材専門特化した人材紹介会社。
■公認会計士・税理士・経理の転職サイトREX
https://www.career-adv.jp/
■株式会社レックスアドバイザーズ
https://www.rex-adv.co.jp/

会計士・税理士・管理部門経験者に
選ばれて3年連続3部門No.1

no1
  • おすすめする
    転職エージェント

  • 転職サポートが
    充実している会社

  • 転職しやすい会社

no1 おすすめする転職エージェント 転職サポートが充実している会社 転職しやすい会社

日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要 2019年4月期、2020年6月期、2021年6月期_イメージ調査

カジュアルキャリア相談 カジュアルキャリア相談