転職お役立ち情報

税理士の仕事内容を分かりやすく簡単に解説!

税理士の転職お役立ち情報

ビジネスマン キャリアウーマン

皆さんは、税理士の仕事内容と聞いて、どんな事を思い浮かべるでしょうか?
税理士は税金に関するエキスパートです。

サラリーマンにしろアルバイトにしろ、働いて一定の収入のある人なら皆、支払われる給料から所得税や住民税などが引かれています。
しかし、その計算式を理解している人はあまりいないでしょう。
その他にも、消費税や相続税、贈与税など、税金は私達にとってとても身近で重要なものですが、その種類や計算方法はとても複雑で、一般の人にはなかなか理解は難しいものです。

そこで、その複雑な税金について、専門家としてアドバイスしてくれたり、さまざまなサポートをしてくれる頼りになる存在が税理士です。
そんな税理士の仕事内容とはどんなものか、ここで解説していきます。

1.税理士の仕事内容①~税理士の独占業務

税理士の仕事内容として代表的なものは、税理士の独占業務である「税務代理」「税務書類の作成」「税務相談」の3つが挙げられます。
ここでは、この税理士の独占業務について説明していきます。

税務代理

税理士の仕事内容としての税務代理とは、決算期ごと・クライアントごと・税目ごとに代理権限証書を税務署に提出し、税理士がクライアントの代理となって申告書を作成し、税務署に提出することです。
要するに、納税者であるクライアントの代わりに税金の申告を行う業務のことです。

税務書類の作成代行

税理士の仕事内容としての税務書類の作成代行とは、税務署に提出する確定申告書などの作成を代行する業務です。

具体的には、

・確定申告の税務書類
・青色申告の税務書類
・個人事業主及び法人の月次・年次決算書(損益計算書・貸借対照表など)
・相続税申告書
・源泉所得納付書
・異動届等各種届出書

など、さまざまな種類の書類の作成を代行します。

税務相談

税理士の仕事内容としての税務相談とは、納税に関する相談を受けることですが、

・税務調査の相談(立会・交渉・修正申告書の作成)
・会計及び税務処理に関する相談
・国際税務・組織再編税務などの高度な税務専門サービス(Big4のような大規模法人が主に行う)

など、その内容は多岐に渡ります。

2.税理士の仕事内容②~経営コンサルティング

税理士の仕事内容として、3つの独占業務以外に経営コンサルティングに力を入れている税理士もいます。

経営コンサルティングというのは経営に関わる相談を広く含む業務ですが、税理士が関わるものとしては、組織体制作り・経営管理体制の構築・デューデリジェンスなどが挙げられます。
しかし大企業相手の経営コンサルティングは、個人の税理士が手がけられるレベルではありません。
主にこれらの業務を行うのは、Big4税理士法人やその他の大手会計事務所、FAS系のコンサルティングファームが多くなっています。

組織体制作り

経営コンサルティングのうち組織体制作りとは、業務の効率化や生産性の向上を図ることを目的にして既存の組織体制を見直すことです。

経営管理体制の構築

経営管理体制の構築とは、経営計画の作成や内部統制システム・コーポレートガバナンス・リスク管理体制の構築など、経営の効率化と経営目的の達成のための管理体制の強化、改善を行うことです。

M&Aにおけるデューデリジェンス等

デューデリジェンスとは、M&Aにおける企業価値の評価を行う作業です。
デューデリジェンスで評価された企業価値に基づいて、株価の算定等が行われ、買収額が決まるので、デューデリはM&Aの過程において非常に重要とされます。

まずは情報収集したい方にオスススメ!
会計業界で活躍する方向けの最新の非公開求人メルマガ登録
(メールアドレスのみで登録できます)

メルマガ登録

3.税理士の仕事内容③~経理業務のサポート

税理士の仕事内容として、クライアントの経理業務のサポートを行うこともあります。

企業の経理は複式簿記という会計のシステムに基づいて行われますが、簿記を知らない人にはどの金額がどの勘定科目に仕分けられるか、判断に困ることも多いでしょう。
仕訳自体は単純な作業ですが、その仕訳に基づいて決算書類が作成されて税金が計算されるので、仕訳は正確になされる必要があります。

個人の税理士事務所のクライアントは、比較的小さな規模の会社や個人事業主が多い傾向にあります。
大企業であれば経理の知識を備えた経理専門の人材が揃っていますが、中小の企業では経理に詳しい人材を揃えることは簡単ではありません。
そこで、経理の知識の乏しいクライアントの代わって、税理士が会計帳簿の記帳代行、財務書類の作成、給与計算などの経理・財務に関連する業務全般を行うことがよくあります。

記帳代行

税理士の仕事内容としての記帳代行とは、売上・仕入れ・備品の購入などの取引記録を会計ソフトへ入力する作業です。
税理士が請負い、自分の事務所の補助者に入力業務を行わせることがほとんどです。
会計ソフトへの入力には勘定科目に対する知識が必要になりますが、簿記3級程度の知識があれば十分行えます。

財務書類の作成

財務書類の作成とは、会計帳簿を基にして、貸借対照表・損益計算書・株主資本等変動計算書などの決算書を作成することです。
企業の財政状態や経営状況を表すもので、これを基に税金が計算されます。

また、財務書類は企業の資金調達の資料ともされます。
資金調達は企業の生命線でもありますので、税理士の仕事内容としての財務書類の作成は非常に重要な業務です。

給与計算など

給与計算は社会保険料や源泉徴収税の金額の計算、所得税の年末調整などとても複雑です。
ですから、規模の小さい会社では給与計算などを税理士や社労士に依頼するケースもあり、税理士の仕事内容の一つとなっています。

4.税理士の仕事内容④~会計参与

税理士の仕事内容として、会社法上の機関としての会計参与へ就任することもあります。
会計参与とは、定款の定めによって株式会社に設置出来る機関の一つで、主として取締役等と共同して計算書類等を作成するものとされています。

会計参与は、公認会計士・監査法人・税理士・税理士法人である必要があります。

5.税理士の仕事内容~1年間の業務のサイクル

税理士の仕事内容は、1年を通して繁忙期と閑散期に分かれます。
その時期は、法人対象か個人対象かによっても異なります。

法人対象の繁忙期

企業の決算期は12月と3月が多く、特に3月決算の会社が多数なので、その前後が税理士の仕事にとっての繁忙期になります。

3月決算の場合、3月に決算の向けての準備作業(決算に関する打ち合わせ、税務申告書作成のための資料依頼)を行います。
4月に企業が会計帳簿を締めるためのサポートを行うと共に、大企業に対しては税金計算及び税効果会計のサポートを行います。
5月に中小企業など非上場会社の場合は、税金の納付期限に合せて決算作業を行います。

法人相手の税理士は自分のクライアントの決算期によりますが、12月と3月決算が多いことを考えると、12~5月が忙しい時期となります。

個人対象の繁忙期

個人を対象とする税理士の仕事内容の繁忙期は、確定申告の時期に集中します。
確定申告とは、該当年の1年間の所得を計算して所得税や住民税を納め、また過分に納めた税金の還付を受けるための手続きです。

会社に勤務している人は、会社が給料から源泉徴収してくれており、正確な所得税額との差額は12月に年末調整で調整してくれるので、基本的には確定申告の必要はありません。
ただし、個人事業主やフリーランスなど、事業所得があった人や配当所得があった人、不動産所得があった人、退職所得や一時所得があった人などは年末調整が必要です。
またサラリーマンであっても、給与収入が2,000万円を超えている場合や、2箇所以上の会社から給与を受け取っている場合にも年末調整する必要があります。

クライアントである法人のオーナーやその親族等が不動産や株式の投資などを行っている場合には、その確定申告を請け負うことも税理士の仕事内容となることが多いため、この時期は税理士にとって非常に忙しい時期になります。
確定申告は毎年2月半ばから3月半ば頃となりますので、個人を対象とする場合の税理士の繁忙期はその前後となります。

閑散期

以上から、税理士にとって6月頃から11月頃までは、閑散期と言えます。
この時期の税理士の仕事内容は、巡回監査(クライアントへ出向いて、経理が正しいかのチェック業務)・月次決算・税務調査の立ち会いなどとなります。
積極的に採用が行われるのもこの時期です。

6.まとめ

ここでは、税理士の仕事内容について説明しました。

・税理士の独占業務である、税務代理、税務書類の作成、税務相談の3つがあること
・経営コンサルティングや、経理のサポート業務などがあること
・税理士の仕事には繁忙期と閑散期があること

以上について、理解していただけたでしょうか?

税理士は会計処理や税務処理に対する日常的な処理やアドバイスをしてくれる、税金に係る力強い専門家なのです。
税理士の資格の取得は簡単ではありませんが、税理士としての仕事内容は幅広く、将来的にも非常に有望な資格と言えるでしょう。

Profile レックスアドバイザーズ

公認会計士・税理士等の有資格者をはじめとする会計人材専門特化した人材紹介会社。
■公認会計士・税理士・経理の転職サイトREX
https://www.career-adv.jp/
■株式会社レックスアドバイザーズ
https://www.rex-adv.co.jp/

会計士・税理士・管理部門経験者に
選ばれて3年連続3部門No.1

no1
  • おすすめする
    転職エージェント

  • 転職サポートが
    充実している会社

  • 転職しやすい会社

no1 おすすめする転職エージェント 転職サポートが充実している会社 転職しやすい会社

日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要 2019年4月期、2020年6月期、2021年6月期_イメージ調査

カジュアルキャリア相談 カジュアルキャリア相談