転職お役立ち情報

『公認会計士の妻』結婚相手として考える場合

会計士の転職お役立ち情報

スーツの女性

結婚相手の仕事が忙しい場合、良い関係を維持し上手く生活するために求められるものが多くなりがちです。

忙しさは所属する企業のほか、職業そのものに関係するケースも少なくありません。

 

そんな忙しくなりがちな職業として、公認会計士が挙げられます。

年収の高さや社会的地位など魅力が多く見えますが、公認会計士の妻には注意点や求められる事項などもさまざまです。

 

本記事では公認会計士の生活について、結婚という観点から解説していきます。

公認会計士の妻になることはメリットばかり?

公認会計士の妻になることには本当にメリットが多いのでしょうか。

まずはそちらを明確にしていきます。

 

日常生活におけるメリット

公認会計士の妻が得られる、日常生活における主なメリットは以下の通りです。

 

  • 公認会計士は年収が高い傾向なため、高水準の生活が実現しやすい
  • 社会的地位の高さから、信用が必要な場面で有利・審査に通りやすい
  • 需要が高い職業であり、仕事を失う心配がほとんど必要ない

 

日常生活におけるメリットは、いずれも安定的かつ高水準の生活につながるものです。

このような理由から、生活面での安心感を強く得られるでしょう。

相手が公認会計士=必ず幸せ とは限らない

公認会計士の特質的な理由により、家族は高い水準の生活を安定して送れる可能性が高いです。

その面だけを見ると公認会計士の妻は非常に魅力的ですが、結婚相手が公認会計士=必ず幸せ、とは限りません。

 

公認会計士は知名度の高さやイメージから、良くも悪くも先入観を持たれやすい職業です。

信頼を得やすいというメリットがある一方で、「裕福」「幸せ」と決めつけられやすいという面も存在します。

また勝手な期待を持たれやすく、妻にも無条件で高いレベルが要求される恐れも強いです。

 

何事にも良い面・悪い面の両方が存在します。

したがって状況や環境次第では、辛さが大きくなるケースも考えられるのです。

 

結婚において大切なこととは

高年収や信頼の得やすさというメリットは存在しますが、大きな期待を寄せられるなど、公認会計士の妻ならではの悩みもあります。

そもそも単純なメリット・デメリットばかりを重視し、資格を判断基準に結婚を決めること自体危険でしょう。

 

結婚において大切なのは、さまざまな要素を考慮した総合的な考えです。

自身が結婚に優先させる事項はもちろん、相手との相性や価値観などを考慮しなければ、良い結婚が実現しない恐れがあります。

 

公認会計士の妻は、確かに魅力的な響きかもしれません。

しかし資格はあくまで、その人や生活を構成する要素のひとつです。

さまざまな要素を考慮したうえで結婚を決めることが大切です。

 

【公認会計士・公認会計士試験合格者対象】
なんとなく転職したい・中長期でキャリアを考える方向け
転職相談会

詳細はこちら

公認会計士の妻に求められる注意点

公認会計士はやや特殊性の強い職業なため、妻として大切な要素にも特徴があります。

公認会計士の妻に求められる注意点について解説します。

 

公認会計士に関する理解は必須

大前提として、公認会計士に関する理解は必須です。

公認会計士がどのような職業であるか、求められる役割は何かなど、具体的な内容を押さえる必要があります。

 

公認会計士は知名度が高い資格であるため、何となくのイメージはついている人がほとんどです。

しかし妻という深い関係になるならば、イメージでなく正確な知識が求められます。

 

公認会計士という名称や大まかな特徴を知っているだけでは足りません。

知名度の高い資格だからこそ、妻となる人には具体的で深い理解が求められます。

 

仕事が忙しいケースが多い

公認会計士は需要の高さから、多くの仕事を任されがちです。

時期や職場にもよりますが、忙しさから仕事優先になってしまうケースが見られます。

 

特に決算・監査の時期など繁忙期は、連日残業となるケースも珍しくありません。

監査法人など明確な繁忙期が存在する職場は、生活のほとんどを仕事が占める時期もあります。

 

仕事の忙しさについてあまり知らずにいると、結婚後にギャップで驚いてしまう可能性が高いです。

公認会計士の妻には、激務をこなす家族を理解し支える役割が求められます。

 

過度な期待は危険

公認会計士の平均年収が日本全体の平均年収を大きく上回るのは事実です。

確かに高い水準の生活を送りやすいですが、過度な期待を持たないよう注意は必要です。

 

事実を知らず想像を膨らませてしまうと、現実とは乖離したイメージを持ってしまいます。

イメージでとどめるならともかく、必ず実現すると期待してしまうと、現実を知った時にガッカリしてしまうかもしれません。

 

いわゆる良い生活につながる要素は多数存在しますが、豊かさにも限度は存在します。

過度な期待をしてしまうと裏切られたと感じてしまう恐れがあるので、期待はし過ぎず、現実を押さえる必要があります。

公認会計士の妻になりたいなら

注意点が存在するとはいえ、公認会計士の妻には魅力的な部分も多いです。

公認会計士と結婚する可能性を高めると考えられる方法を紹介します。

知人から紹介を受ける

確実性の高い方法のひとつが、知人からの紹介による出会いです。

共通の知人を介して出会った後、上手くいけば良い関係を築けます。

 

結婚に限らず、知人の紹介で知り合い、その後良い関係を築けるケースは多いです。

知人の紹介というだけでも、第一印象を良いものにできる、その場で途絶える関係を防げる可能性が高くなります。

 

結婚相手を見つけるためには、何よりもまず出会わなければなりません。

知人に公認会計士の知り合いがいれば紹介してもらい、出会いのチャンスを得るのは有用な方法です。

アプリやサイトなどを使う

近年はアプリやサイトで出会いを求める人も珍しくありません。

そのため直接的な紹介ではなく、ネットを使い自分で積極的に探す方法も良いでしょう。

 

出会いを目的としたアプリなどでは、職業の他にもさまざまな条件での絞り込みができます。

理想とする相手を見つけやすいというメリットがあります。

 

ただし条件は理想的であっても、実際に会ってみると期待と違ったというケースも少なくありません。

また事実とは異なる内容で登録する人もいるため、関係を深める過程では注意が必要です。

 

自身も公認会計士を目指すのはアリ?

公認会計士と出会う方法としてもっとも確実なのは、自身も公認会計士になることです。

実際、公認会計士同士で結婚したケースが多いという情報も存在します。

 

しかし公認会計士は資格取得までの道のりが非常に険しいです。

年単位での勉強が必要であり、試験合格後も登録できるまでには時間がかかります。

公認会計士と出会いたいという理由のみでは、勉強のモチベーションを維持し続けるのが非常に困難です。

 

公認会計士の資格を取得すれば、公認会計士と出会う確率は当然高くなります。

しかし公認会計士の妻になるために取るべき方法かと考えると、疑問が残ります。

 

求人情報はこちら

公認会計士の求人・転職情報一覧

会計士試験合格の求人・転職情報一覧

まとめ

公認会計士の妻になれば、高水準の生活を安定的に送れる可能性が高いです。

しかし妻に対するイメージや期待値も高くなりすぎるなど、負担になり得るポイントも存在します。

公認会計士という基準にとらわれすぎず、さまざまな要素を考慮することが良い結婚のために大切です。

 

公認会計士の妻には、公認会計士に対する深い理解が求められます。

また公認会計士は仕事が忙しいケースが多いことも、事前に知っておく必要があります。

高年収の傾向で信頼も得やすいのは事実ですが、過度な期待はギャップを招き危険です。

 

公認会計士の妻になるためのスタートの切り方として、知人からの紹介で出会う方法が挙げられます。

またアプリやサイトなどを使い相手を探すのも効果的な手段です。

自身も公認会計士になれば出会えるチャンスは増えますが、かなりの難関資格なため単純な目的で目指すのは難しいでしょう。

 

公認会計士の生活について、今回は結婚という観点から見てみました。

 

まずは情報収集したい方にオスススメ!
公認会計士向けの最新の非公開求人メルマガ
(メールアドレスのみで登録できます)

メルマガ登録

Profile レックスアドバイザーズ

公認会計士・税理士等の有資格者をはじめとする会計人材専門特化した人材紹介会社。
■公認会計士・税理士・経理の転職サイトREX
https://www.career-adv.jp/
■株式会社レックスアドバイザーズ
https://www.rex-adv.co.jp/

会計士・税理士・管理部門経験者に
選ばれて3年連続3部門No.1

no1
  • おすすめする
    転職エージェント

  • 転職サポートが
    充実している会社

  • 転職しやすい会社

no1 おすすめする転職エージェント 転職サポートが充実している会社 転職しやすい会社

日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要 2019年4月期、2020年6月期、2021年6月期_イメージ調査

カジュアルキャリア相談 カジュアルキャリア相談