転職お役立ち情報

経理財務の難易度を解説!業務をこなすためのポイントを押さえよう

経理の転職お役立ち情報

男性、外、スーツ姿のイメージ

転職を検討する際に気になるポイントのひとつが、仕事の難易度です。

未経験から転職する場合は特に、難易度の高さが気になります。

 

経理財務への転職を目指している方にも、難易度が懸念となっている方がいるのではないでしょうか。

転職自体の難易度だけでなく、業務をこなすうえでの難易度も大切な要素です。

 

この記事では経理財務について、難易度という点から解説します。

経理財務への転職を検討している方はぜひご覧ください。

 

経理財務の難易度の高さは?

まずは経理財務の難易度の高さについて解説します。

仕事内容や求められるスキルなどから、難易度の高さを推測することが可能です。

 

経理財務の主な業務

経理財務はその名の通り、経理と財務どちらの業務もおこなう部門です。

上場企業では経理と財務は分ける必要があるため、経理財務は非上場企業かつ比較的規模の小さい企業で見られます。

 

そんな経理財務の主な業務例は以下のとおりです。

 

  • 日々の入出金の記録
  • 請求書の管理や支払い業務
  • 決算申告書作成
  • 給与計算、社会保険手続き
  • 資金調達の計画
  • 資産運用の計画、実行
  • 経営陣への報告

 

他にも企業のお金に関連する業務は、その多くが経理財務の担当となります。

 

経理財務で必要な知識やスキル

経理財務の業務はお金に関連するものがほとんどです。

そのため責任感や正確性、さらにはスピード感が求められます。

 

お金の管理は小さなミスがトラブルの原因になり得ることが多く、正確性が必要不可欠です。

期日が明確に定められている業務も多いため、スピード感を持って業務をする必要があります。

 

またデスクワークが多いため、事務作業やPCのスキルも求められます。

これらのスキルは業務を通じて得られますが、転職前から持っていると有利です。

 

未経験の転職は難易度が高い?

経理財務として働くために、特別な資格は必要ありません。

未経験者歓迎の求人も多く、経験がない人も挑戦しやすい職種です。

そのため転職する難易度自体は低めでしょう。

 

ただしデスクワーク中心で数字を扱うことが多いため、細やかな仕事が苦手な方には難易度が高く感じる可能性があります。

また経理財務に限った話ではありませんが、年齢を重ねるほど未経験の転職は難しくなります。

 

経理財務は比較的、未経験でも転職しやすい職種です。

しかし仕事内容に苦手を感じる方、年齢が一定以上の方は、転職に高い難易度を感じるかもしれません。

経理財務の難易度を決める要因

経理財務の難易度はどのような要因によって決められるのでしょうか。

難易度を感じさせる要因について解説します。

必要な知識の幅広さ

経理財務では簿記や書類作成の方法、資金運用などさまざまな内容に関する知識が必要です。

お金に関する業務全般を請け負うため、必然的に求められる知識も幅広くなります。

 

必要な知識が多いため、業務についていくためには自主的な勉強が求められます。

業務を通じて得られる知識が多いですが、しっかり定着させるには積極的に勉強する姿勢が必要です。

そのため常に勉強が求められていると感じるかもしれません。

 

特に経理財務はお金を扱うという都合上、正確で細かい知識が求められます。

必要な知識が幅広く正確性も大切なため、この部分で難易度が高いと感じるケースが多いでしょう。

スピードと正確性の両方が必要

経理財務の仕事は期日が明確に定められているケースが多く、遅れが許されない職種です。

それに加えミスのない正確な業務が求められます。

すなわち経理財務には、スピードと正確性の両方が必要です。

 

スピードと正確性の両立は、決して簡単ではありません。

業務に求められるレベルが高いといえるでしょう。

ひとつひとつの業務自体はそれほど難しくありませんが、高いレベルを保つことは困難です。

 

業務に求められるレベルが高いと、負担を感じやすくなってしまいます。

結果として難易度が高いという印象になるケースがあります。

 

必要とされる場面が多い

事業運営や経営を進める以上、お金が動く場面は非常に多いです。

そのため経理財務は多くの場面で必要とされています。

 

経理財務は基本的にどの企業にも求められる職種です。

そして経理財務が求められる場面においても、いることが当たり前という扱いを受ける印象があります。

 

経理財務は必要とされる場面が多いですが、それが当たり前な雰囲気があります。

そのため大変や・難しさを理解してもらえず、難易度が高いと感じるかもしれません。

経理財務の難易度についていくには

経理財務の難易度をどう感じるかは人それぞれですが、難易度についていくためにはいくつかコツがあります。

経理財務において押さえたいポイントを解説します。

経理財務について理解を深める

まずは経理財務について理解を深めることが大切です。

難易度が高いと感じる理由のひとつに、わからない部分が多く悩みやすいことが挙げられます。

すなわち理解を深めわからない点を減らしていけば、悩みを感じる場面が減り、難易度で苦しむことも少なくなるでしょう。

 

仕事の理解を深めるためには、仕事の紹介や体験談などが便利です。

もし周りに経理財務の経験を持つ人がいれば、経理財務の体験談を聞いてみましょう。

自身が働くイメージがつきやすくなり、自然と理解が深まります。

 

実際に経験しないとわからない部分はあるものの、仕事について知識を得るだけでも随分変わるはずです。

タスク管理やミスの分析を徹底する

経理財務では、スピード感と正確性が求められます。

これらを両立させるためには、徹底したタスク管理やミスの分析が大切です。

 

タスク管理をおこなうことで、やるべき業務や期日が明確になります。

そのためスピード感を意識しやすくなり、ギリギリに慌てる、期日を過ぎてしまう恐れを減らせます。

ミスの分析は自分に欠けている部分の把握、すなわち正確性を実現するために必要です。

 

頭で考えているだけではどうしても限界があります。

タスク管理やミス分析を、目で見てわかる状態で進めることが大切です。

 

積極的に経験を積む・自主的に勉強する

仕事の難易度についていくためには、経験や知識、そして自身が必要です。

そのため積極的な姿勢や自主的な勉強などが求められます。

 

受け身の状態で仕事をしていては、機会を与えられない限り成長ができません。

知識についても、前向きな気持ちがないと定着させることは難しいです。

難易度に追いつくためには成長が必要で、成長のためには積極性・自主性を持つ必要があります。

 

ただしスピード感のある成長のためとはいえ、自身のキャパを超えて抱えるのは危険です。

前向きな姿勢は必要ですが、自身が潰れてしまうことがないよう、バランスを見ながら進めていきましょう。

経験や知識が身につくことで、成長や自信につながっていくはずです。

まとめ

経理財務は経理と財務が合わさった職種で、企業のお金に関する業務全般を請け負います。

スピード感と正確性が求められるほか、デスクワークが中心なため事務やPCのスキルも必要です。

未経験者歓迎の求人も多いため、未経験であっても比較的転職難易度は低めです。

 

経理財務の難易度を決める要因として、必要な知識の幅広さが挙げられます。

スピード感と正確性の両立というのも難しく、経理財務の難易度を高める要因でしょう。

お金を扱うため必要とされる場面は多いですが、社内では当たり前のような雰囲気があるため負担に感じるかもしれません。

 

経理財務の難易度についていくために、まずは経理財務に対する理解を深めましょう。

スピード感を持つためにタスク管理、正確性を実現するためにミスの分析なども大切です。

難易度の壁を越えるためには成長が必要であり、成長のためには積極性や自主性が求められます。

 

経理財務に関する理解を深め、適切な対策をして難易度に追いつきましょう。

Profile レックスアドバイザーズ

公認会計士・税理士等の有資格者をはじめとする会計人材専門特化した人材紹介会社。
■公認会計士・税理士・経理の転職サイトREX
https://www.career-adv.jp/
■株式会社レックスアドバイザーズ
https://www.rex-adv.co.jp/

会計士・税理士・管理部門経験者に
選ばれて3年連続3部門No.1

no1
  • おすすめする
    転職エージェント

  • 転職サポートが
    充実している会社

  • 転職しやすい会社

no1 おすすめする転職エージェント 転職サポートが充実している会社 転職しやすい会社

日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要 2019年4月期、2020年6月期、2021年6月期_イメージ調査

カジュアルキャリア相談 カジュアルキャリア相談