転職お役立ち情報

経理には実務経験が必要?転職のコツとは?

経理の転職お役立ち情報

経理

転職活動を進めるうえで気になることのひとつが、必要なスキルや経験です。
募集要項によっては実務経験が必須のケースもあるため、必ずチェックが求められます。


経理への転職を考えている場合にも、実務経験の必要性で悩んでいる方は少なくありません。
まったく別の職種から転職する場合だけでなく、経理経験があまり多くない場合も気になるポイントです。


この記事では経理へ転職する際の、実務経験の必要性について解説します。
転職活動中の方はぜひご覧ください。

経理には実務経験が必要?

経理職に転職するためには実務経験が必要なのでしょうか。
実務経験がどれほど求められるか、必要性について解説します。

実務経験は評価につながりやすい

経理職に限った話ではありませんが、転職において実務経験は評価されやすいです。
学歴や保有資格がほぼ同程度の求職者がいれば、実務経験の有無が採用につながるポイントとなります。


転職で中途採用となる場合には、新卒と比べると即戦力が求められます。
実務経験の有無は即戦力となり得る人材かを判断する際の貴重な要素です。


実務経験がなければ、経理職に転職できないというわけではありません。
しかし経理の実務経験がある方が、転職で有利というのは事実です。

直接的な経理経験でなくても良い

実務経験といっても、直接的な経理経験でなくても評価されるケースがあります。
もし経理職に近い経験があれば、そちらを積極的にアピールすることが重要です。


経理に近い実務経験の例として、以下が挙げられます。

  • 一般事務や総務
  • 銀行業務
  • 財務関連

経理は事務作業が多くなるため、事務の経験は有利です。
またお金に関する業務経験というのも、経理と似ている部分があります。


もし直接的な経理の経験がないとしても、アピールできる実務経験はさまざまです。
これまでの職歴において、実務経験としてアピールできる部分がないか振り返ることが重要です。

資質や性格も重要

企業や事務所で働く際には、知識や実務経験の有無のみで能力が決まるわけではありません。
本人の持つ資質や性格も重要な要素となります。


もし経験が豊富だとしても、経理ではない別の職種で活かせる素質が見られれば、経理として採用するのは否定的になってしまうかもしれません。
また性格的な都合で社風や経理職に適さないと判断された場合も、同じく採用の可能性が下がってしまいます。


逆にいうと、経験以外にも素質や性格などが評価される可能性があるということです。
経理という職種や応募先の企業に合っていることをアピールする必要があります。

経理の転職で有利な実務経験の例

経理への転職においてアピールポイントとなる、有利な実務経験の例をいくつか紹介します。
転職活動においては、アピールできるポイントは積極的に伝えることが大切です。

経理経験は当然有利

経理職への転職である以上、経理経験は当然有利となります。
経理の実務経験を持つ人であれば、即戦力として働けることが期待されます。


しかしひとくちに経理経験といっても、経験年数や業務はさまざまです。
短い経験年数であれば、まだ経験していない経理業務が多数あるはずです。
また前職でのポジションによっては、特定の経験に偏っている可能性もあります。


経理の実務経験があるからといって、安心しきってしまうのは危険です。
具体的な経験の内容や活かせる能力など、詳細を話せるとより効果的にアピールができます。

経理以外の事務や総務もアピールポイント

経理の経験がないとしても、似たような実務経験があれば評価につながります。
事務や総務がその代表例です。


経理は経理事務と呼ばれることも多く、デスクでの事務作業が中心です。
そのため一般事務や総務で経験するような、書類関連の作業やPC業務は経理でも十分に活かせます。


経理と呼ばれる職種でなくても、経理と共通点のあるものは存在します。
それらの経験があれば転職活動で有利に働くため、自身の武器として活かしましょう。

数字と関わる業務は効果的

経理はお金と密接に関わる業務です。
数字を扱う機会が多いため、数字と関わる業務の経験も有利となります。


数字と関わる業務として、銀行や財務などが挙げられます。
これらの業務は経理と似たイメージを持たれることも多いですが、多くの点で異なる職種です。
とはいえ一般的なイメージ通り、経理で活かせる部分が少なくありません。


もしお金や数字と関わる業務の経験があれば、経理職への転職において有利な可能性が高いです。
具体的にどの部分が経理で活かせるかもアピールできると、より評価につながりやすいでしょう。

経理の実務経験がない場合のコツ

経理や関連する実務経験がない場合でも、転職を諦める必要はありません。
実務経験がない場合のコツを紹介します。

経理関係の資格を取る

効果的な方法として、経理関係の資格を取ることが挙げられます。
資格は知識を客観的に証明する手段であり、転職活動において非常に有利なポイントです。


実務経験がないとしても、前提となる知識がある場合とない場合では、業務の飲み込みスピードは異なります。
知識がある方がイメージしやすくなるため、より速いスピードでの成長が期待できます。
そんな知識を持っていることを資格が証明してくれるため、資格を持つ人は有利となるのです。


経理関連の資格はいくつかありますが、日商簿記検定3級など、あまり時間をかけず比較的容易に取れる資格も存在します。
アピールポイントを増やすためにも、資格の取得はおすすめです。

自身の適性をアピールする

特定のポジションで働く際には、ある程度の適性が必要です。
そのため自身に経理の適性があるとアピールできれば、転職活動において有利になります。


経理職に適している人の例は以下のとおりです。

  • コツコツ作業をするのが好き/得意
  • デスクワークが好き/得意
  • PC操作が好き/得意
  • スピード感のある対応ができる
  • 正確性のある対応ができる

可能であれば、自身の適性を感じられたエピソードを披露できるとより効果的です。
経理に向いているという評価を得られれば、転職活動が成功する可能性が一気に高くなります。

志望動機を入念に作り込む

転職活動において重要な要素のひとつが志望動機です。
どんなに能力的に優秀と考えられる人であっても、志望動機で悪い印象を与えてしまっては採用の可能性が低くなります。
言い換えれば、志望動機ひとつで転職の成否が左右されるということです。


未経験からの転職であれば、経理を志す理由を明確にする必要があります。
また数ある職場の中からその企業を志望するに至った理由もアピールしたいポイントです。


志望動機は熱意を伝えるうえで非常に重要です。
未経験から経理を目指している理由、その職場に応募した理由を明確にし、入念に作り込む必要があります。

まとめ

経理職は未経験歓迎の募集が多い職種ではありますが、実務経験が有利なのは事実です。
しかし直接的な経理経験だけでなく、経理に近い経験や、本人の資質・性格なども判断材料とされます。


経理職への転職でアピールポイントとなる実務経験はいくつか存在します。
経理の経験はもちろんのこと、事務や総務経験がある場合も有利です。
またお金や数字と密接な関係にある以上、銀行などでの業務経験もアピールポイントとなります。


もしアピールできる実務経験がなければ、資格を取得して知識をアピールしましょう。
自身の適性をアピールするのも重要です。
また志望動機を入念に作り込むことで、採用担当者へ熱意を伝えることができます。


経理への転職を進めるのであれば、実務経験を含めアピールポイントをしっかり活かすことが大切です。

Profile レックスアドバイザーズ

公認会計士・税理士等の有資格者をはじめとする会計人材専門特化した人材紹介会社。
■公認会計士・税理士・経理の転職サイトREX
https://www.career-adv.jp/
■株式会社レックスアドバイザーズ
https://www.rex-adv.co.jp/

会計士・税理士・管理部門経験者に
選ばれて3年連続3部門No.1

no1
  • おすすめする
    転職エージェント

  • 転職サポートが
    充実している会社

  • 転職しやすい会社

no1 おすすめする転職エージェント 転職サポートが充実している会社 転職しやすい会社

日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要 2019年4月期、2020年6月期、2021年6月期_イメージ調査

カジュアルキャリア相談 カジュアルキャリア相談