転職お役立ち情報

経理の転職でエージェントを使うメリット

経理の転職お役立ち情報

キャリアウーマン

さまざまな企業に必ずある経理部門への転職の機会は、人事や総務等のほかの管理部門の職種に比べて多い傾向にあります。
例えば、ベンチャー企業が急成長を遂げている過程では、管理系の人員数が不足することがよくあり、特に経理部門の人員拡充が急務となることがあります。
大企業であっても、外部の経理経験者を採用することで新しい考え方や見方を経理部門に吹き込んで、改善を目指す場合もあります。
経理部門の求人募集は、転職サイトや転職エージェント経由で広く募集していますが、転職の成功確率を引き上げるためには、転職エージェントを利用することが望ましいでしょう。

転職エージェントとは

転職エージェントの役割は、求人を検討している企業からの依頼を受けて、採用したい人材像・経験・スキル等の基本情報を確認し、これらの情報にマッチする転職希望者を探し出して、求人企業へ紹介することです。

転職エージェントを経由して転職する場合の流れ

まずは転職エージェントに登録しましょう。
すると、転職エージェントの担当者と面談をすることになります。
転職面談やキャリア相談と呼ばれるもので、エージェントで対面で行ったり、最近では電話やオンラインで行うことが多いようです。
どのような仕事をしたいのか、希望する年収や待遇等がどのようなものかを確認します。
その後、求人情報のデータベースから転職希望者(求職者)の経験や希望に近い求人を探し出して紹介します。
求人を比較検討し、応募したい求人があれば担当者に応募することを伝えましょう。
応募やその後の選考の手続きは、転職エージェントを経由して進みます。
書類選考に通過すると、面接の日程・時間を求人企業と求職者との間で調整してくれます。
仕事をしながらの転職活動では、日程の調整は重要なポイントです。
急ぎの仕事でどうしても面接に行けなくなったときなどは、エージェントに連絡をすればうまく調整をしてくれます。
また、選考を通過して内定となる仮定では、年収や条件の調整、入社時期の交渉などでも間に入ってくれます。
サポートやバックアップは、最初の相談から入社まで続くことになります。

転職エージェントを利用するメリット

メリット①:転職成功確率の向上

転職エージェントには、これまでに培ってきた転職支援のためのノウハウがあります。
求人企業に対して複数人の転職を成功させている実績があれば、信頼関係をしっかり構築しているという場合もあります。
そのため、自力で求人情報を探して自ら応募するよりも、書類選考が通る可能性が高まりますし、エージェントから企業側の面接官等に対して転職希望者の実績や人柄を事前に伝えることで、選考がスムーズに進むことがあります。

これは求人企業にとっても、信頼を置いているエージェントからの推薦であれば不要な書類選考の手間を削減ができますし、より理想に近い人材を探すことができるメリットがあります。

求職者にとっても求人企業にとってもメリットがあり、転職の成功率が高まるといえます。

メリット②・年収や待遇などの調整

転職希望者が1次面接、2次面接と無事に通過していくと、条件の話が本格化してきます。
もちろん求人票に書かれている募集条件がベースになりますが、選考の過程で年収はもちろん、どのポジションで入社するかなどの調整が出てきます。
自分で直接応募している場合は、この調整をすべて自分で行わなければなりません。
もうすこし年収をアップしてほしい、他の応募先で〇〇万円という条件が出ているので、同じくらいにしてもらわないと比較できないなど、なかなか自分では言えないという方が多いようです。
希望してもかなわない場合もありますが、交渉したうえでダメだったのか、交渉もできなかったのかでは大きく異なりますし、調整の過程で、次年度以降の昇給について確認することもできるので、転職にあたっては重要なポイントとなります。

エージェントであれば、しっかりと調整し、不可だった場合の背景や今後についてもヒアリングしてくれますので、選択するうえでの材料も得られますし、結果として満足度の高い転職となるでしょう。

転職サイトとの違い

転職サイトとは、求人企業の求人情報を掲載し、広く人材を募集しています。
形式としては求人広告となります。
多くの転職希望者に対し、さまざまな企業への転職の機会を提供しているサービスです。

転職希望者は、希望合った条件を提示する企業を自分自身で選択して、応募する仕組みになっています。

転職エージェントのサービスと異なり、基本的には入社まで全て自分で対応しなければなりません。
書類選考を通過するためには、求人企業側の募集条件とご自身の経歴やスキルがほぼ完全に合致していなければなりません。
エージェントを経由するよりも、機械的なフィルタリングをされる傾向が強いです。
自分自身がどのような経験を積んできたのか、それをどのように発揮することができるのかを明確にしておかなければ、 やみくもに応募しても書類選考が通過する確率は低い結果となるでしょう。
また面接においても、その企業がこれまでどのような面接を行っているかなどの情報はありませんので、入念な準備が必要となります。
もちろん、すべての連絡を自分で行うため、転職活動のスケジューリング、年収や条件の調整も自分で行います。
自分の転職活動を自分自身ですべて進められるというメリットはありますが、管理能力が必要となります。

経理が転職する際はどのエージェントを使うべきか

転職は求人企業が募集した時期と、転職希望者が転職したいと考えた時期が合致しているときに出会いが生まれますので、一期一会のような状況にあるといえます。
転職の機会を逃さないようにするためにも、転職エージェントと転職サイトにはそれぞれ複数を登録しておくと良いでしょう。
そして、気になる求人案件を見つけることができたら、速やかに応募するスピード感が大切です。

できる限り採用コストを抑えたいと考える企業では、転職エージェント経由での採用より、転職サイト経由での採用選考を優先することもあります。
新卒採用や第2新卒採用、新規事業の立ち上げに伴い大量にスタッフレベルの人員を採用する状況が該当します。
ただしせっかく採用できたにもかかわらず、短期間で辞めてしまう方がいることも企業側は経験しています。
少人数を採用する場合や、経理部門のように企業の内部情報に関わる人材を探す場合には、ある程度のコストをかけてでも、しっかりとした人材を採用しようとする企業が多いようです。
リーダーや管理職レベルの採用では、転職エージェントを経由して採用する率が高まります。

転職エージェントの選び方

転職エージェントを選ぶ際には、いくつかの目安となるポイントがあります。
転職エージェントのビジネスモデルの見地から考えると理解しやすくなります。

転職エージェントの報酬は、転職希望者が企業に入社した時点ではじめて発生する「成果報酬型」が一般的です。
転職エージェントの立場に立てば、一回一回の転職希望者の支援に関して、成功確率を高めるために努力する必要があります。
そのため、転職エージェントは、転職希望者の職務経歴書の添削をすることや、求人企業に向けて推薦文を添える等、書類選考が通過しやすくなるように進めてくれます。
この部分を丁寧に対応してくれるかどうかが、重要な目安になるでしょう。

また、転職の可能性を高めるという意味では、転職希望者が考えてもいなかったような新たな業種・職種の紹介をしてくることもあります。
転職希望者からすれば、なぜこのような案件を紹介してくるのか?と、疑問を感じることが少なくありませんが、転職の可能性をより広げるということで、目を通すことは決してマイナスにはなりません。

あるいは、転職という一大イベントに対して、転職エージェントが理解を示してくれるかどうかも大切なポイントになります。
初回の相談で転職することに悩みがありその意向が低いかもしれないと分かった途端に、転職エージェントからの連絡がなくなるケースは少なくありません。
優先順位が下がるのはやむを得ないのですが、その後ぱったりと連絡が途絶えるようであれば、別の転職エージェントを探す方がお互いのためでしょう。

転職サイトの選び方

ある程度の転職経験がある方や、目指したい業界や職種が明確になっている方は、細かく希望条件を設定でき、大量の求人情報を掲載している転職サイトを利用するのも良いでしょう。
気になる求人案件を見つけたら迷わずに直接応募をする、を繰り返し、書類選考通過をめざしましょう。
ある程度の回数をこなしてくると、自分自身の転職市場における価値を見極めることができるようになります。
大手の転職サイトでは、書類選考通過後に「担当アドバイザー」がついて、書類選考のためのアドバイスや、求人企業との面接時期を調整してくれるサービスもあります。

都心部や大都市圏で求人を探す場合には、大手の転職サイトを利用すればほぼ網羅されている状況にありますが、地方の求人情報や、特定の業種に限っては極端に求人情報が少なくなることがあります。
できれば、特定の地域または業種を専門的に扱う転職サイトも併用するようにしましょう。

まとめ

膨大な数の求人情報が日々、転職サイトに掲載され、転職エージェントのもとに依頼が飛び込みます。
またそれと同等の数以上の転職希望者が、新たな機会を求めて活動を続けています。
転職活動は思っているよりも容易ではなく、常に他の転職希望者との比較競争にさらされています。
売り手市場だと言われていますが、自分の希望する理想や条件を求めると、なかなか転職が決まらないのが実情です。

そのため、転職の機会を増やし、その可能性を高めるためにも、優れた転職エージェントと接点を持つことはとても大切です。
同時に、転職サイトで希望する条件を提示する求人企業の動向を研究し、どうすれば書類選考が通るかを見極めることで、自分自身の分身ともいえる「職務経歴書」の記載内容をより魅力的に仕上げることができ、採用担当者の目に留まる機会が訪れるでしょう。

転職エージェントや転職サイトの特徴をつかみ、うまく利用して転職を成功させてください。

Profile レックスアドバイザーズ

公認会計士・税理士等の有資格者をはじめとする会計人材専門特化した人材紹介会社。
■公認会計士・税理士・経理の転職サイトREX
https://www.career-adv.jp/
■株式会社レックスアドバイザーズ
https://www.rex-adv.co.jp/

会計士・税理士・管理部門経験者に
選ばれて3年連続3部門No.1

no1
  • おすすめする
    転職エージェント

  • 転職サポートが
    充実している会社

  • 転職しやすい会社

no1 おすすめする転職エージェント 転職サポートが充実している会社 転職しやすい会社

日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要 2019年4月期、2020年6月期、2021年6月期_イメージ調査

カジュアルキャリア相談 カジュアルキャリア相談