転職お役立ち情報

BIG4とは?中小法人と仕事内容に違いはあるのか

税理士の転職お役立ち情報

BIG4に勤務する人たち

監査法人や税理士法人には、それぞれBIG4と言われる法人があります。
BIG4は、監査法人や税理士法人のうち、代表的な4つの法人の総称です。
それでは、BIG4とその他の法人の仕事内容の違いについて解説いたします。

BIG4の仕事内容:そもそもBIG4とは?

まずはBIG4について説明します。
BIG4は、監査法人と税理士法人それぞれ4社ずつあります。

 

BIG4の共通点としては大きな組織であり、従業員数も数百人から数千人以上いる法人であるということです。
また監査法人のBIG4と税理士法人のBIG4は同じグループです。

 

それでは、各法人について詳しく解説していきます。

監査法人のBIG4

まず監査法人のBIG4は下記の4法人です。

 

  • 有限責任あずさ監査法人 
  • EY新日本有限責任監査法人
  • 有限責任監査法人トーマツ
  • PwCあらた有限責任監査法人

 

それぞれ従業員数は、有限責任あずさ監査法人が約6000名、EY新日本有限責任監査法人が約6000名、有限責任監査法人トーマツが約7000名、PwCあらた有限責任監査法人が約3000名です。
従業員数だけみても、とても大きな組織であることがわかると思います。

 

また、これらの従業員数のうち、3割以上が公認会計士として登録している人になります。
あずさ監査法人は約3,000人が公認会計士と、かなり高い比率になっています。

 

中小の監査法人では、公認会計士登録をしている人が最低限の監査法人もありますが、上場企業や大企業を主な顧客としているBIG4では、公認会計士という資格が必須と言ってもよいほど重要です。

税理士法人のBIG4

次に税理士法人のBIG4は下記の4法人です。

 

  • KPMG税理士法人
  • EY税理士法人
  • デロイトトーマツ税理士法人
  • PwC税理士法人

 

それぞれ従業員数はKPMG税理士法人が約750名、EY税理士法人が約750名、デロイトトーマツ税理士法人が約1000名、PwC税理士法人が約750名です。

 

監査法人に比べると人数が少なく感じますが、税理士法人として考えると相当大きな組織です。
税理士法人には、税理士試験に合格した人だけでなく公認会計士試験に合格した人もおり、資格保有者は従業員数の3割以上はいます。

 

中小の税理士法人では、監査法人と同じく最低限の資格保有者の税理士法人も多いため、BIG4では資格が必須と言えるでしょう。

「公認会計士・公認会計士試験合格者限定」履歴書・職務経歴書
個別添削サービス

詳細はこちら

BIG4の仕事内容:監査法人

監査法人のBIG4がどの法人を指しているのか、ご理解いただけたと思います。
それでは監査法人のBIG4はどのような仕事を行なっているのか、中小規模の監査法人との仕事内容などの違いを解説していきます。

主な仕事内容

監査法人のBIG4の仕事内容は下記のようなものがあります。

 

  • 法定監査
  • 任意監査
  • アドバイザリー業務

 

監査法人の主な業務は監査業務です。

 

法定監査は、上場企業等のように監査を受けることが義務になっている法人の監査を行う業務です。

 

任意監査は、監査を受ける義務がある法人以外の法人の監査を行う業務です。
監査業務はBIG4も中小規模の監査法人も業務内容は大きく変わりません。
監査以外の業務として、アドバイザリー業務があります。

 

アドバイザリー業務は、経営のサポートや上場のためのアドバイス、M&Aのデータ的な業務などです。
監査法人は多くの会社を監査するため、多くの会社の経営の仕方やその結果を知ることができます。
そのため監査法人でのアドバイザリー業務も高度なものとなっています。

中小規模の監査法人との違い

それでは、BIG4と中小規模の監査法人ではどのような違いがあるのでしょうか。

 

結論は顧客の規模と顧客の数です。
BIG4の顧客は上場企業や大企業がほとんどです。
そのため、監査業務の難しさや責任が変わってきます。
もちろん、中小規模の監査法人であっても上場企業の監査をしていますが、BIG4ほどの規模や件数はないでしょう。

 

アドバイザリー業務においても、上場準備企業の規模やM&Aのディールサイズに違いが出てきます。

BIG4の仕事内容:税理士法人

税理士法人のBIG4がどの法人を指しているのかはすでにご理解いただけたと思います。
それでは、税理士法人のBIG4はどのような仕事を行なっているのか、中小規模の税理士法人との仕事内容などの違いを解説していきます。

主な仕事内容

税理士法人のBIG4の仕事内容は下記のようなものがあります。

 

  • 税務申告書の作成やチェック
  • コンサルティング業務
  • M&Aや事業承継など

 

BIG4の仕事内容の一つが、税金の申告書の作成や顧客が作成した申告書類のチェック業務です。
顧客が上場企業や大企業が多いため、中小企業では使用しないような税制を利用することが多くあります。

また、グローバルに展開している企業がほとんどのため、インバウンド・アウトバウンドともに国際税務に携わることが多くあります。

 

コンサルティング業務では、経営コンサルティングがメインとなります。

 

M&Aでは監査法人やグループのコンサルティングファームと協力して行うことが多く、横断的な仕事ができるでしょう。
事業承継に関しても、非常に大きな規模のものを扱うことになります。

中小規模の税理士法人との違い

BIG4と中小規模の税理士法人の大きな違いは、記帳代行業務がないことや、顧客が大企業や上場企業が多いということです。
(アウトソーシングについてはグループ企業や専門部署が行うこともあります)

 

中小規模の税理士法人では、顧客に変わり会計入力を行う記帳代行業務が多々発生します。
ただし、BIG4では顧客に経理部があることがほとんどであるため、記帳代行業務はほとんど発生しません。
また、顧客に上場企業や大企業が多いため、難しい税制を利用する点も大きく異なる点でしょう。

求人情報はこちら

監査法人の求人・転職情報一覧

会計事務所・税理士法人の求人・転職情報一覧

公認会計士・会計事務所・税理士法人の求人・転職情報一覧

BIG4の仕事内容〜まとめ〜

BIG4とはどの法人を指すのか、どのような仕事を行なっているのか、中小規模の法人とはどのような違いがあるのかを説明してきました。
まずBIG4は監査法人と税理士法人それぞれに4法人づつあります。

 

監査法人のBIG4

  • 有限責任あずさ監査法人 
  • EY新日本有限責任監査法人
  • 有限責任監査法人トーマツ
  • PwCあらた有限責任監査法人

 

税理士法人のBIG4

  • KPMG税理士法人
  • EY税理士法人
  • デロイトトーマツ税理士法人
  • PwC税理士法人

 

監査法人のBIG4は千人単位の従業員数があり、税理士法人のBIG4は700名程度の従業員数がいます。
従業員数だけみてもかなり大きな組織であることがわかります。
また、監査法人の4社と税理士法人4社には共通点があります。
それは同じグループの法人がそれぞれに含まれていることです。
例えば、あずさ監査法人とKPMG税理士法人は同グループの法人になります。
また、仕事内容は監査法人、税理士法人それぞれ次の業務を行なっております。

 

監査法人

  • 法定監査
  • 任意監査
  • コンサルティング業務

 

税理士法人

  • 税務申告書の作成やチェック
  • コンサルティング業務
  • M&Aや事業承継など

 

中小規模の法人と仕事内容は同じことを行なっている部分がありますが、基本的な顧客が上場企業や大企業である点が大きく異なります。
中小規模では見ることのできない法人をBIG4では担当しているのです。
BIG4は大きい組織であるため、大変な業務を行うことが多いですが、その分経験に繋がります。
もし公認会計士、税理士でBIG4に興味があるようであれば、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

まずは情報収集したい方にオスススメ!
会計業界で活躍する方向けの最新の非公開求人メルマガ
(メールアドレスのみで登録できます)

メルマガ登録

Profile レックスアドバイザーズ

公認会計士・税理士等の有資格者をはじめとする会計人材専門特化した人材紹介会社。
■公認会計士・税理士・経理の転職サイトREX
https://www.career-adv.jp/
■株式会社レックスアドバイザーズ
https://www.rex-adv.co.jp/

会計士・税理士・管理部門経験者に
選ばれて3年連続3部門No.1

no1
  • おすすめする
    転職エージェント

  • 転職サポートが
    充実している会社

  • 転職しやすい会社

no1 おすすめする転職エージェント 転職サポートが充実している会社 転職しやすい会社

日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要 2019年4月期、2020年6月期、2021年6月期_イメージ調査

カジュアルキャリア相談 カジュアルキャリア相談