転職お役立ち情報

ファイナンシャルプランナーの仕事内容とは?転職先やキャリアアップの方法も解説

経理の転職お役立ち情報

ファイナンシャルプランナーの持ち物イメージ

ファイナンシャルプランナーはお金の使い方や保険の選び方などを、ライフプランに合わせてアドバイスする職業です。

企業に勤務するだけでなく、独立して仕事を請け負う人も多くいます。

 

職業について深く理解するためには、仕事内容や主な職場などの情報収集が必要です。

より高度な仕事をするために押さえたいポイントもいくつかあります。

 

本記事ではファイナンシャルプランナーの仕事について解説します。

ファイナンシャルプランナーの資格取得を検討している方、さらなるスキルアップを希望する方はぜひお読みください。

ファイナンシャルプランナーの仕事内容

まずはファイナンシャルプランナーの仕事内容です。

お金や保険に関する幅広い相談・仕事を請け負います。

 

ライフステージごとの資産設計に関する相談

ファイナンシャルプランナーの主な仕事として、ライフステージごとの資産設計に関する相談が挙げられます。

引越・結婚・出産など、お金が大きく動くタイミングについてのアドバイスが中心です。

 

ライフステージが変化する際はお金が大きく動きますが、具体的な金額や影響はなかなかイメージがし辛いです。

変化に対応し無理なく生活を続けるためには、事前の準備や理解が求められます。

 

ファイナンシャルプランナーはライフプランを想定するにあたって、お金の面からアドバイスを行います。

貯蓄の目標額や適切な保険の活用法、お金の使い方に関する注意点などが中心です。

 

企業の相談に乗るケースも多い

ファイナンシャルプランナーは、個人の顧客のみが対象のわけではありません。

企業の相談に乗るケースも多くあります。

 

企業の継続的な運営・展開にあたって、お金が大きく動くタイミングが存在します。

このような事態に対する動き方のアドバイスも、ファイナンシャルプランナーに求められる役割のひとつです。

また契約相手は企業でも、実際に相談するのは企業で働く個人(従業員)のケースもあります。

講演や執筆などを行う人も

ファイナンシャルプランナーの中には、顧客と1対1の相談以外にもさまざまな業務を行う人がいます。

代表的な仕事の例が、講演やセミナー、執筆などです。

 

ライフステージの変化に対するお金の使い方を学びたいと考える人は多くいます。

そのためファイナンシャルプランナーによる講演やセミナーは、高い需要を誇ります。

 

お金に関するコラムや、Web記事の執筆を行うファイナンシャルプランナーも多いです。

このように不特定多数を対象とした業務も幅広く請け負います。

 

経理・財務経験者向け
キャリアアップ転職相談

詳細はこちら

ファイナンシャルプランナーが仕事をする職場の例

ファイナンシャルプランナーが仕事をする場はさまざまです。

職場の例や特徴をいくつか紹介します。

 

銀行や保険会社など

ファイナンシャルプランナーは、主にお金や保険の面からアドバイスを行います。

そのため銀行や保険会社などに、アドバイザーとして勤めるケースが多いです。

 

銀行でのローン契約や保険商品は、専門知識のない一般人が自信を持って選択することは困難です。

そのため個人の理想やライフプランに合わせ、適切なアドバイスをできる人が求められます。

 

ファイナンシャルプランナーの求人を探すと、銀行や保険会社などによる募集が多く見つかります。

専門知識を活かしやすいだけでなく、最新情報を集めやすい点でも、人気の高い職場です。

 

会計事務所・税理士法人

会計事務所や税理士法人で勤務をするファイナンシャルプランナーもいます。

会計事務所・税理士法人によっては、会計や税務の代行だけでなく、お金の使い方に関するアドバイザリー業務も行います。

このような職場において、ファイナンシャルプランナーは非常に有用な存在です。

 

アドバイザリー業務のみを行うケースもあれば、通常の会計業務も併せて請け負うケースもあります。

担当する仕事内容や業務の幅については、事前に確認すると安心です。

独立して個人事務所を運営するケースもある

ファイナンシャルプランナーは、独立開業をしやすい職業です。

そのため企業や組織に属さず、個人事務所を運営するケースも多くみられます。

個人事務所の運営では、自身で仕事内容や報酬などの条件を決められます。

理想的な働き方を実現しやすいため、独立開業は人気が高いです。

 

ただし資格を取得してすぐに独立開業するケースは、それほど多くありません。

これまで紹介したような職場で経験を積み、十分な実績や人脈を得たうえで個人事務所を立ち上げるのが一般的です。

求人情報はこちら

経理・財務の求人・転職情報一覧

会計事務所・税理士法人の求人・転職情報一覧

ファイナンシャルプランナーとしてより高度な仕事をするためには

ファイナンシャルプランナーとして、より高度な仕事をするために押さえたいポイントを解説します。

専門性を高めることで、さらなる評価・信頼にもつながります。

 

より高度な資格を取得する

より高度な資格の取得は、効率的なスキルアップを進めるうえでおすすめの方法です。

ファイナンシャルプランナーを選ぶ際、実績と併せて資格を確認する人は非常に多いです。

 

ファイナンシャルプランナーの仕事に役立つ資格の例をいくつか紹介します。

  • 日商簿記検定
  • 行政書士
  • 証券外務員
  • 宅地建物取引士
  • 住宅ローンアドバイザー

 

資格は知識やスキルを客観的に証明するうえで役立ちます。

ファイナンシャルプランナーと親和性の高い資格の取得を検討しても良いでしょう。

 

専門的な分野に進む

特定の専門的な分野に進む道も、高度な仕事を請け負う方法として効果があります。

ある程度の幅広い知識をつけたら、その後特定の分野に進む人も多いです。

 

個人のライフプランに関する相談と、企業のアドバイザリー業務では、必要な知識に違いがあります。

個人でも子供を中心とした相談と、老後のライフプランに関する相談では、扱う内容が異なります。

 

専門性を高めることで、より高度な業務ができるようになるでしょう。

ファイナンシャルプランナーて知識の幅を広げるだけでなく、専門分野を作ったうえでの働き方もおすすめです。

別の職業でも知識を活かせる可能性がある

ファイナンシャルプランナーの知識は、別の職業でも活かせる可能性があります。

ファイナンシャルプランナーと親和性の高い、別の専門的な資格を取得する方法も、高度な仕事をするために効果的です。

 

たとえば税理士として個人顧客の相談に乗る場合、事業に関する内容だけでなく、生活に関する相談が求められるケースもあります。

このような場面では、ファイナンシャルプランナーの専門知識が非常に役立ちます。

他にもすでに触れたように、ファイナンシャルプランナーの仕事と関係の深い資格は多いです。

 

高度で専門的な資格と併せてファイナンシャルプランナーの仕事をするのも、選択肢のひとつです。

仕事の幅が広がるうえに、自身の専門性を高めることもできます。

 

まとめ

ファイナンシャルプランナーは、ライフステージごとの資産設計に関する相談を中心に行います。

個人顧客だけでなく、企業と契約するケースも多いです。

相談など1対1の業務に限らず、講演や執筆などを請け負うファイナンシャルプランナーもいます。

 

ファイナンシャルプランナーは、銀行や保険会社など、お金との関わりが深い職場に勤める人が多いです。

会計事務所や税理士法人などに勤め、アドバイザリー業務を請け負うファイナンシャルプランナーもいます。

企業や組織である程度の経験・実績を積んだ後、独立して個人事務所を運営するファイナンシャルプランナーも珍しくありません。

 

ファイナンシャルプランナーとして高度な業務を行うには、親和性がある高度な資格の取得が効果的です。

仕事・知識の幅を広げるだけでなく、特定分野の専門性を高める方法もあります。

税理士など別の職業において、ファイナンシャルプランナーの知識を活かす道も有用です。

 

ファイナンシャルプランナーの仕事について理解を深める助けになれば幸いです。

 

Profile レックスアドバイザーズ

公認会計士・税理士等の有資格者をはじめとする会計人材専門特化した人材紹介会社。
■公認会計士・税理士・経理の転職サイトREX
https://www.career-adv.jp/
■株式会社レックスアドバイザーズ
https://www.rex-adv.co.jp/

会計士・税理士・管理部門経験者に
選ばれて3年連続3部門No.1

no1
  • おすすめする
    転職エージェント

  • 転職サポートが
    充実している会社

  • 転職しやすい会社

no1 おすすめする転職エージェント 転職サポートが充実している会社 転職しやすい会社

日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要 2019年4月期、2020年6月期、2021年6月期_イメージ調査

カジュアルキャリア相談 カジュアルキャリア相談