転職お役立ち情報

システム監査関連の試験について解説

会計士の転職お役立ち情報

システム監査中の手元

システム監査とは情報処理システムに関する監査です。
高度な情報化社会で情報処理システムの必要性が高まっている中、システム監査の重要性も高くなっています。

システム監査の仕事に興味がある人は多いですが、職を選ぶうえで気になるポイントがいくつかあります。
1つは業務内容。
そして2つめは働くうえでの資格試験についてです。

本記事ではシステム監査について、業務と資格という観点から解説します。
システム監査の仕事に興味がある方はぜひご覧ください。

 

システム監査とは

システム監査の業務とはどのようなものか

システム監査とはその名のとおり、情報処理システムに関する監査です。

監査というと難しく考えてしまいますが、試験やチェックをし、不備がないかを確認することです。

具体的な監査内容の例は以下の通りです。

 

  • 情報システムに障害が発生していないか、障害発生のリスクがないか
  • 情報システムが信頼できるか
  • 情報システムの運用コストが適切な大きさ化
  • 情報システムが企業活動において必要性があるか、貢献できているか

 

情報システムの監査は企業活動から独立した、中立的な立場の人が実施する必要があります。

企業との関係性が深く利害関係にある場合、適切な監査が実施できない恐れがあるためです。

ただし自社のシステム部門に所属し、社内SEの業務と並行して監査を実施するケースもみられます。

 

システム監査を職業とするにはどうすればいい?

システム監査として働くためには、システム監査の担当者として採用される必要があります。

システム監査の主な職場は以下の2箇所です。

 

  • 監査法人
  • 一般事業会社のシステム部門

 

監査法人は外部の立場にあるため、中立的な監査が可能であり、さまざまな企業からのニーズがあります。

ただし外部の人間によるシステム監査だけでなく、自社で実施するシステム監査も少なくありません。

この場合は、独立性や中立性が必要とはいえ、社内SEと兼任するケースもみられます。

 

【公認会計士・公認会計士試験合格者対象】
なんとなく転職したい・中長期でキャリアを考える方向け
転職相談会

詳細はこちら

システム監査に関連する資格や試験

システム監査として働くうえで、必要な資格や特別な基準などは存在しません。

そのため、資格試験を受けずにシステム監査をおこなうことも十分可能です。

 

とはいえ効率的なスキルアップのためには資格を取得したり、スキルチェックなどの試験が避けられない場面があります。

勉強などに手間と時間がかかりますが、知識をアップデートしたり、信頼性を得たりするなど、メリットはさまざまです。

システム監査に関する資格試験

システム監査に関連する資格として以下が挙げられます。

 

  • 公認情報システム監査人
  • 公認システム監査人
  • システム監査技術者

 

資格の取得要件や内容はそれぞれ異なりますが、いずれの資格の合格が必要です。

 

社内試験があるケースも

職場によっては昇進・評価などのために社内試験を設けるケースもあります。

社内試験は資格試験と異なり、システム監査に関連する内容のみとは限りません。

会社事業に関する知識について幅広く問われるケースもあります。

また企業によっては資格の過去問や市販の問題を使うこともあるでしょう。

 

いずれの場合でも、社内試験で良い成績を実現するには、試験についての理解と適切な対策が必要です。

評価に大きく影響する職場もあるため、社内試験とはいえ入念な勉強が求められます。

システム監査に関連する試験の頻度ですが、それほど多くはないでしょう。

定期的な試験が必要な仕事ではないため、試験が必要な場面は珍しい部類になります。

 

とはいえ資格試験を何度も受ける場合など、一時的に試験を受ける頻度が上がるケースはあります。

社内試験が多い職場であれば、試験が少ないという表現は当てはまらないかもしれません。

そのため試験の頻度は一般的には多くないものの、職場や状況によって異なるのが現実です。

 

必要性という意味では低いですが、試験が求められる可能性がゼロとはいえない職業です。

 

システム監査の資格や試験に備える方法

現在システム監査で活躍している人や、他の仕事をしながらシステム監査への転職をめざしている人にとって、効率的に資格取得や試験の勉強を進めていく必要があります。

押さえたいポイントを解説します。

スムーズな受験や合格率アップのために重要です。

 

資格や試験について正しく理解する

まずは試験について正しく理解する必要があります。
試験について情報が不足していると、効率的な対策がとれない恐れがあります。

以下は試験を受ける前の段階で、最低限確認しておくべき内容です。

 

  • 試験のスケジュール(出願期間、試験日、合格発表の日など)
  • 出題形式(マークシート、記述など)
  • 合格基準
  • 合格率
  • 必要な勉強時間の目安

 

早い段階から勉強を始めることも大切ですが、試験について認識が誤っていると非効率な対策をとる原因になってしまいます。

まずは受ける試験について情報収集をし、正しく理解しましょう。

 

勉強のスケジュールを立てる

試験で良い結果を出すためには勉強が必要ですが、特に目標や計画のないやみくもな勉強は逆効果です。

システム監査に関連する試験突破のためには、勉強のスケジュールを立てる必要もあります。

 

勉強のスケジュールは試験を受ける日をゴールに、逆算する形で立てていくのが効果的です。

インプットに力を入れる時期や問題演習を重点的にする時期、さらには追い込みの時期など設定します。

全体的なスケジュールが立てられたら、週単位・日単位といった細かいスケジュールに移ります。

 

なお余裕がなく詰まったスケジュールは、少しのズレが大きく影響してしまい、維持できない可能性が高いです。

スケジュールの設定は大切ですが、ある程度余裕を持たせ、ズレが生じても修正可能な状態にする必要があります。

問題演習や模試を多く実施する

試験勉強の最初はインプット中心になりますが、あまり時間をかけすぎるのは非効率的です。

問題演習や模試の受験を多く実施できるよう勉強を進める必要があります。

 

最初のうちは解けない問題が多く、インプットに力を入れたくなってしまうかもしれません。

しかし知識を自分の中に落とし込むためには、早い段階から問題演習などでアウトプットをするのがおすすめです。

もちろんインプットも必要ではありますが、問題演習を多くこなせるよう計画を立てる必要があります。

 

また模擬試験は本番に近い形式の問題を解けるだけでなく、試験を受けることの練習にもなります。

もし模擬試験を受けられる機会があれば、可能な限り受験しましょう。

 

求人情報はこちら

公認会計士の求人・転職情報一覧

税務・会計・監査の求人・転職情報一覧

まとめ

システム監査とは情報システムに関する監査で、現代社会において重要性が高い仕事です。

システム監査として働くためには、システム監査を実施する組織や部門へ転職する必要があります。

仕事を通して必ず試験を受けるとは限りませんが、効率的なスキルアップなどのために試験が必要な場面は多いです。

 

システム監査に関連する試験の例として、資格試験が挙げられます。

また社内試験の制度を設けている職場に勤める場合には、自社内部で受験をするケースもあるでしょう。

試験を受ける頻度は一般的に高くはないものの、職場や状況によって異なります。

システム監査の試験に突破するためには、受験する試験についての正しい理解が必要です。

効率良く勉強を進めるため、試験日までのスケジュールも設定します。

問題演習や模試の機会を多くとり、アウトプットをしっかりこなすことも大切です。

 

システム監査の仕事では試験を受ける可能性があり、突破のためには適切な対策が重要です。

まずは情報収集したい方にオスススメ!
公認会計士向けの最新の非公開求人メルマガ
(メールアドレスのみで登録できます)

メルマガ登録

Profile レックスアドバイザーズ

公認会計士・税理士等の有資格者をはじめとする会計人材専門特化した人材紹介会社。
■公認会計士・税理士・経理の転職サイトREX
https://www.career-adv.jp/
■株式会社レックスアドバイザーズ
https://www.rex-adv.co.jp/

会計士・税理士・管理部門経験者に
選ばれて3年連続3部門No.1

no1
  • おすすめする
    転職エージェント

  • 転職サポートが
    充実している会社

  • 転職しやすい会社

no1 おすすめする転職エージェント 転職サポートが充実している会社 転職しやすい会社

日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要 2019年4月期、2020年6月期、2021年6月期_イメージ調査

カジュアルキャリア相談 カジュアルキャリア相談