転職お役立ち情報

公認会計士の年収は本当に高い?現実をお伝えします!

会計士の転職お役立ち情報

年収

公認会計士は日本における三大国家資格のひとつです。
資格取得が非常に難しいことで有名ですが、同時に公認会計士として勤めれば高年収が得られるという点でも知られています。


しかし公認会計士の年収は、理想やイメージばかりが先行し広まっていることは否めません。
確かに高年収ではあります。しかし、人によってはイメージと現実の乖離が大きいという可能性もあり得ます。


この記事では、公認会計士の年収について現実を解説します。
公認会計士について知りたい方や現実的な年収を押さえたい方はぜひご覧ください。

公認会計士の年収について現実を知りたい!

公認会計士の年収について、現実的な金額をお伝えします。
具体的な年収を知っておくことで、よりリアルなイメージが可能になります。

公認会計士とは

公認会計士とは日本で唯一、会計監査を実施できる資格です。
以下を独占業務としています。

  • 財務諸表の監査
  • 財務諸表の内容証明

企業の作成した会計書類が正当なものかを調査し、結果を証明する会計監査は、公認会計士のみがおこなえます。
会計監査以外にも、経営コンサルティングをおこなう公認会計士もいます。
特に個人で独立開業している公認会計士には、コンサルティングを請け負うケースが多いです。


資格取得の難易度が非常に高く、勉強時間は最低でも3,000時間は必要と言われています。
何年も勉強を続けるケースも珍しくありません。

年代別の平均年収

続いて公認会計士の平均年収です。
年代によって差が大きいため、年代別の平均年収を紹介します。

  • 20代 600万円前後
  • 30代前半 700万円台前半
  • 30代後半 800万円前後
  • 40代前半 800万円前後
  • 40代後半以降 900万円台~1,000万円超

多くの職業は年代が上がるにつれ年収も高くなりますが、その点は公認会計士も同様です。
経験を重ねた40代後半以降は、1,000万円を超えることも珍しくありません。

日本の平均年収と比較

公認会計士の年収がどのような位置付けにあるか確認するために、日本の平均年収と比較します。

日本における年代別平均年収は以下のとおりです。

  • 20代 200万円台後半~300万円台後半
  • 30代 400万円台前半
  • 40代 400万円代後半~500万円台前半
  • 50代 500万円~600万円

年代を問わない全体的な平均年収は、400万円台前半です。


公認会計士の平均年収と比較すると大きな差があることがわかります。
日本の平均年収よりも大きく稼げるデータがあるのは確かです。
公認会計士はやはり高年収であると認識できるでしょう。

【公認会計士・公認会計士試験合格者対象】
なんとなく転職したい・中長期でキャリアを考える方向け
転職相談会

詳しくはこちら

公認会計士の年収は現実とイメージにギャップがある?

公認会計士の年収が高いことは事実ですが、一方で、現実とギャップを感じるケースもあるようです。
公認会計士の年収について、現実的な面から解説します。

公認会計士に対するイメージ

公認会計士は高年収であることは間違いなく事実です。
しかし高年収といっても、一般企業でも一部のトップ層であれば実現できる金額です。
すなわち多くの人にとって見聞きしたことはあるような金額であるため、予想外の高額を想像してしまうとギャップを感じてしまうのでしょう。


公認会計士イコール高年収というイメージばかりが前に出てしまい、具体的な年収額はそれほど広まっていません。
非常に難易度の高い資格であるため、年収も桁違いに高いと考えられてしまうケースが多いです。
そのため「思っていたより年収が低い…」という印象になってしまうのです。


公認会計士に対するイメージに現実離れした部分が多いため、年収も現実的ではない高年収を期待してしまいます。
そのため実際の年収額を知ったときに、想像と現実のギャップを感じやすいのです。

無条件に高年収なわけではない

公認会計士は高年収を得やすいですが、無条件に高年収なわけではありません。
求められる役割を適切に果たすからこそ、姿勢や結果に見合った年収が得られます。


公認会計士は高年収というイメージだけをもっていると、公認会計士になれば必ず高年収という考えに発展しがちです。
早めに情報収集をすればギャップは発生し得ないですが、イメージばかりを膨らませてしまう人は少なくありません。


高年収は公認会計士に求められる高難易度業務や正しい姿勢などがあって得られるものです。
その事実を知らずにいると、現実的な年収に衝撃を受けてしまいます。

ギャップを感じやすい人の特徴

公認会計士の年収について、理想と現実のギャップを感じやすい人には特徴があります。
具体的な内容は以下のとおりです。

  • 情報収集の前に自分でイメージを膨らませてしまう
  • 比較できるデータを持っていない
  • 懐疑心が少なく期待しやすい

正しい情報を集める前にイメージを膨らませすぎると、現実と差ができやすくなりギャップを感じてしまいます。
また比較できるデータを持っていない場合、年収の高さについて具体的な位置付けができず現実を受け止めにくいです。
また「公認会計士は年収が高い」という言葉のみを鵜呑みにし、現実を考えず期待し過ぎてしまう場合もギャップとなりやすいです。

公認会計士の年収について理想を固めすぎると、現実とのギャップを感じてしまうでしょう。

求人情報はこちら

公認会計士の求人・転職情報一覧

公認会計士の年収について現実を受け止めるには

公認会計士について正しく理解するためには、現実的な年収に対する知識や認識が必要不可欠です。
現実を受け止めるために押さえたいポイントを紹介します。

平均年収を正しく押さえる

公認会計士の年収について現実を受け止めるためには、平均年収について正しい情報が必要です。
イメージだけで終わりにせず、公認会計士の現実的な平均年収を確認しておきましょう。


公認会計士の年収について、まずは現実的な正しい情報を得る必要があります。
そのうえで理想やイメージとの乖離を感じてしまったら、自身の認識を修正するのです。


平均年収の正しい情報は基本となる部分です。
現実を受け止めようと考える際、最初に正確なデータを確認します。

並々ならぬ努力が必要なことを忘れない

公認会計士は確かに高年収ですが、前述のように無条件に高年収を得られるわけではありません。
資格取得だけでなくその後の業務についても、高年収に相応しい並々ならぬ努力が必要です。


公認会計士になれば必ず高年収が得られると考えてしまうのはリスクがあります。
どれほどの努力によって成り立っているか、現実を知らないとギャップの原因になってしまいます。


公認会計士の年収は、各人の努力によって実現していることを忘れてはいけません。
この事実を押さえておけば、公認会計士の年収についてギャップを抑えやすくなります。

期待し過ぎは厳禁

これまで解説してきた内容に共通するのは、理想やイメージが良すぎるために現実の年収とギャップを感じやすいという点です。
そのため公認会計士の年収に限らず、何事も期待しすぎは危険といえます。


すべてを必要以上に疑う必要はなく、それはそれで健全とは言いにくい状態です。
しかし少ない情報で良い方向に想像を膨らませすぎるのは、現実とのギャップに苦しむ原因となります。


ギャップを抑えるために、期待し過ぎは厳禁です。
フラットな気持ちで受け止めることで、公認会計士の年収について現実的な考え方を持てるようになります。

求人情報はこちら

公認会計士の求人・転職情報一覧

まとめ

公認会計士は日本で唯一会計監査ができる資格です。
20代でも600万円台、40代後半以降になると1,000万円超えの年収を得られるケースもあります。
日本の平均年収が400万円台前半であることから、公認会計士は高年収に当てはまるとわかります。


公認会計士の年収が高いのは事実ですが、高年収という言葉が一人歩きしてしまい現実的な年収額があまり広まっていません。
そのため現実の年収は思っていたほど高くない、という事態が起こり得ます。
また高年収のためには努力が必要な点、ギャップを感じやすい人の特徴も押さえる必要があります。


公認会計士の年収について現実とのギャップを防ぐには、平均年収に関する正しい知識が必要です。
無条件に高年収なわけではなく、並々ならぬ努力が必要な点も忘れてはいけません。
期待し過ぎて理想を高めてしまうのも、ギャップを生む原因になります。


公認会計士の年収について正しく理解するため、現実をしっかり押さえる必要があります。

まずは情報収集したい方にオスススメ!
公認会計士向けの最新の非公開求人メルマガ
(メールアドレスのみで登録できます)

メルマガ登録

Profile レックスアドバイザーズ

公認会計士・税理士等の有資格者をはじめとする会計人材専門特化した人材紹介会社。
■公認会計士・税理士・経理の転職サイトREX
https://www.career-adv.jp/
■株式会社レックスアドバイザーズ
https://www.rex-adv.co.jp/

会計士・税理士・管理部門経験者に
選ばれて3年連続3部門No.1

no1
  • おすすめする
    転職エージェント

  • 転職サポートが
    充実している会社

  • 転職しやすい会社

no1 おすすめする転職エージェント 転職サポートが充実している会社 転職しやすい会社

日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要 2019年4月期、2020年6月期、2021年6月期_イメージ調査

カジュアルキャリア相談 カジュアルキャリア相談