転職お役立ち情報

会計事務所は楽しい?快適に働くために押さえたいポイント

税理士の転職お役立ち情報

大勢で話し合う

楽しい会計事務所の特徴

まずは楽しい会計事務所の特徴を紹介します。
楽しく働くためには、楽しく働けるような職場を選ぶことが大切です。

就業規則や社内規定が整備されている

楽しいと聞くと自由なイメージを持つかもしれませんが、楽しい会計事務所は就業規則や社内規定が整備されています。
ルールがなく自由度が高いから楽しいわけではありません。


快適に仕事をするためには、そのための環境が整っている必要があります。
就業規則や社内規定は、仕事をするうえでの快適さを保つために必要なルールです。


これらのルールがしっかり整備されているからこそ、曖昧さが原因のトラブルを防止することができます。
もちろん厳しすぎるのは逆効果の可能性がありますが、就業規則や社内規定が整っているかは確認しておくと安心です。

スタッフの距離感が適度に保たれている

スタッフの距離感が適度に保たれている会計事務所は比較的楽しく働くことができます。
年齢・性別・価値観がバラバラな人が一堂で仕事をする以上、ある程度の距離感が必要です。


距離感は非常に難しいポイントであり、遠すぎてはなんとなく気まずい空気を感じてしまいます。
とはいえ近すぎてもトラブルの原因になりやすいです。
そして人によって快適と感じる距離感は違うため、近づきすぎるのはリスクがあります。


スタッフの距離感が適度に保たれているほうが、仕事しやすいと感じられるでしょう。
遠すぎず近すぎない距離が職場としては理想です。

やりたい仕事ができる・挑戦できる機会が多

仕事で楽しいと感じる瞬間として、やりがいを得られるタイミングが挙げられます。
そのためやりたい仕事ができる、やりたい仕事に挑戦できる機会が多い職場は楽しさを感じやすいです。


会計事務所でできる仕事については、募集要項や面接時の逆質問で確認しましょう。
スタッフの意見を尊重する職場や挑戦しやすい体制が整っている職場は、希望の働き方をできる可能性が高いです。

やりたい仕事ができる職場では、楽しいと感じやすいです。

会計事務所が楽しいと感じられる人の特徴

会計事務所が楽しいと感じられる人には傾向や特徴があります。
具体的に解説します。

会計業務が好き

会計事務所である以上、会計業務が好きな人の方が楽しいと感じられる傾向が強いです。
好きなことほど楽しさを感じやすいというのは、会計事務所の業務であっても同じです。


会計が好きな人であれば、業務時間の大部分で好きなものに触れられるといえます。
数字が好きな人や簿記の勉強を楽しいと感じる人は、会計業務も楽しめる傾向が強いでしょう。


自分の趣味を仕事にするというのは賛否両論がある働き方です。
しかし好きな業務に取り組むというのは、楽しく働くうえで効果的な方法といえます。

人とある程度距離が保てる方が良い

会計事務所は比較的個人によるデスクワークが多く、スタッフ同士で会話することは少ないです。
業務時間中の接触が少ないためある程度の距離が空きやすいのですが、そのような環境が良い人は会計事務所で楽しいと感じる可能性があります。


前の章で「スタッフの距離が適度に保たれている会計事務所が良い」とお伝えしました。
その際にお伝えしたのは職場を越えた人同士の付き合いという意味合いが強かったのですが、今回は業務中の雰囲気に関するお話です。


業務中は距離を保って働きたいと考える人は、会計事務所で快適さを覚えやすいでしょう。

明確な目標がある

仕事を通して明確な目標がある人ほど、会計事務所での業務を楽しく感じやすいです。
会計事務所はタスクの進捗や自身の成長を実感しやすいため、目標への到達具合を確認するのも容易です。


資格取得や高難易度の業務を担当するなど、会計事務所で立てられる目標はさまざまなものがあります。
内容は何であれ明確な目標があれば、成長を感じ楽しさを覚えるタイミングも自然と多くなります。


コツコツ努力し目標へ近づくのを実感したいと感じる人は、会計事務所での経験を楽しいと感じられるでしょう。

会計事務所の仕事を楽しいと感じるためには

会計事務所での業務は、自身の心持ちによって楽しくできる部分もあります。
会計事務所の仕事を楽しいと感じるために押さえたいポイントを紹介します。

会計事務所で働く目標を明確にする

会計事務所で働く目標を明確にするのは非常に効果的です。
何らかの目標があると、やりがいを感じやすく前向きな気持ちで業務に取り組むことができます。


目標といっても、レベルを高くする必要はありません。
自身の気持ちや理想の働き方に合わせた目標にすることが大切です。


会計事務所でどのように働きたいか、何を達成したいかを明確にしましょう。
そうすることで業務にハリが出て意欲的になりやすくなり、やりがいを感じられる場面も増えます。

スキルアップのために勉強する

楽しく働くためには、できる業務を増やすのも有用な手段です。
方法はいくつかありますが、スキルアップのため積極的に勉強をすることで、効率的に業務の幅を広げられます。


会計事務所で役立つ資格の取得やクライアントの業界に関する勉強などは、業務を進めるうえでダイレクトに役立ちます。
グローバル展開をするクライアントが多い会計事務所ならば、語学力の勉強も効果的です。


できる業務が増えるというのは、活躍できる場が増えることにつながります。
結果として楽しいと感じる機会がより多くなるため、スキルアップのために勉強をするのは良い効果が期待できます。

適度にコミュニケーションをとる

これまでの章である程度の距離感が必要とお話してきましたが、それはコミュニケーションがいらないというわけではありません。
距離感を近づけすぎる必要はまったくありませんが、適度なコミュニケーションは大切です。


個人でおこなう業務が多いとはいえ、組織で働く以上は他のスタッフと関わる機会もあります。
そのような環境の中で楽しさや快適さを保つためには、スタッフと良好な関係を築く必要があります。
適度なコミュニケーションというのは、良好な関係づくりにおいて非常に効果的です。


気まずくならない程度、爽やかな挨拶や軽い雑談などができるのが理想です。
無理してコミュニケーションを多く取るのはストレスになってしまうため、自身が辛くないと思える範囲で他のスタッフと会話をするようにしましょう。

まとめ

会計事務所で楽しいと感じられるかは、職場・自身の性格や気質・心構えなどによって大きく左右されます。
すなわちポイントを押さえることができれば、会計事務所で楽しく快適に働ける可能性が高いということです。


快適に働くためには、トラブルを防げるようルールがしっかり整備されている必要があります。
スタッフ同士の距離は適切か、やりたい仕事ができる環境であるかというのも重要なポイントです。


会計事務所で楽しく働ける人の傾向というものもあります。
会計業務が好きか、目標があるかなど自身の特徴について改めて確認すると安心です。


楽しく働くためには、心構えや姿勢も重要です。
やりがいを感じられるよう目標を定め、活躍できる場が広がるようスキルアップの勉強を進めましょう。
組織で他の人と一緒に働く以上、スタッフとの適度なコミュニケーションも欠かせません。


会計事務所で楽しいと感じられるかは、どれだけポイントを押さえられているかで決まる部分が大きいです。

Profile レックスアドバイザーズ

公認会計士・税理士等の有資格者をはじめとする会計人材専門特化した人材紹介会社。
■公認会計士・税理士・経理の転職サイトREX
https://www.career-adv.jp/
■株式会社レックスアドバイザーズ
https://www.rex-adv.co.jp/

会計士・税理士・管理部門経験者に
選ばれて3年連続3部門No.1

no1
  • おすすめする
    転職エージェント

  • 転職サポートが
    充実している会社

  • 転職しやすい会社

no1 おすすめする転職エージェント 転職サポートが充実している会社 転職しやすい会社

日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要 2019年4月期、2020年6月期、2021年6月期_イメージ調査

カジュアルキャリア相談 カジュアルキャリア相談