転職お役立ち情報

会計事務所の選び方とは?押さえるポイントご紹介!

税理士の転職お役立ち情報

ビル

会計事務所への転職を志望するときに気になることのひとつとして、自身に適した会計事務所への入所ができるかどうかが挙げられます。
条件や理想と合った会計事務所へ入所できれば、快適に勤務できる可能性が高いです。

転職活動を成功させるためには、自身に合った会計事務所を選ぶ必要があります。
とはいえ会計事務所の選び方を知らなければ、良い転職先をスムーズに探すことはできません。

この記事では、会計事務所の選び方について解説します。
押さえるべきポイントをピックアップしましたので、ぜひ転職活動の参考にしてください。

会計事務所の選び方 業界・経験面

会計事務所を選ぶ際に押さえるポイントは、いくつかのジャンルに分けられます。
最初に紹介するのは、業界・経験に関するポイントです。

得意とする業界はあるか

会計事務所によっては、何らかの業界や分野に特化したものもあります。
まずは得意とする業界や分野の有無を確認しましょう。

もし何らかの専門性を兼ね備えているならば、その分野に対して効率的に知識や経験を積むことができます。
自身の得意分野と一致していれば即戦力になり得ますし、興味のある業界に特化していれば楽しく働けるでしょう。

逆に幅広い業界の会計処理や対応をしたいのであれば、特化型の会計事務所は向かない可能性が高いです。
志望する会計事務所に得意とする業界があるか、何らかの専門性を持っているかなど専門性を持っているかなどはチェックしておきましょう。

自身の経験を活かせそうか

まったく新しい分野へ挑戦するために転職するならともかく、そうでなければ自分の経験が活かせるところを選んだほうがすぐに活躍できる可能性が高いです。

たとえば自身に所得税の申告書作成経験が多いならば、個人事業主メインの会計事務所を選ぶと仕事がしやすいでしょう。
特定の分野や業界に対する知識や経験がある人なら、そこを強みとする会計事務所を選ぶと即戦力になり得る可能性が高いです。

転職先となる会計事務所を選ぶときには、経験を活かせるかもひとつの観点として使えます。

外国語など自身のスキルを活かせそうか

もし外国語など特殊なスキルを持っているならば、それらを活かせそうな会計事務所を選ぶことをおすすめします。
特殊なスキルは非常に需要が高いものの事務所によっては上手く活用できないこともあるため、スキルを活かせる会計事務所を選ぶべきです。

自身のスキルと会計事務所の求める人物像が合っていれば、互いの利害が一致し存分に役立てることができます。
スキルは収入にも直結しやすいため、転職先選びが上手くいけば高年収を実現できる可能性が高いです。

外国語であればグローバルな会計事務所を転職先の候補にするなど、スキルの活かしやすさを基準にするのも良いでしょう。

会計事務所の選び方 人柄・相性

所属している従業員や責任者の人柄や自身との相性も、快適な仕事のために重要なポイントです。
これらの観点から考えたときの選び方を解説します。

採用担当者や面接官の態度が悪くないか

採用担当者や面接官の態度が簡単に感じ取れるぐらいに悪い会計事務所は、他の条件が良くても避けたほうが良い可能性が高いです。
いわゆる圧迫面接はもちろん、求職者を下に見るような発言や雑な対応なども危険でしょう。

将来を担う人材になるかもしれない求職者に対して、悪い態度を取る人は人間性が疑わしいです。
入所後に突然良い人になるとは考えにくいため、態度に不信感を覚えたらその会計事務所は避けたほうが良いといえます。

あくまで傾向ですが、責任者にあたる立場にある人の態度が悪い職場は雰囲気も悪いことが多いです。
快適な仕事のためにも、人柄もチェックするようにします。

迅速なレスポンスや丁寧な説明をしてもらえるか

迅速なレスポンスや丁寧な説明をしてもらえるかも大切なポイントです。
面接の日時を決める連絡や質問への回答があまりにも遅い場合は少し危険かもしれません。

会計事務所の規模によっては人手が足りず本当に忙しくて手が回っていない場合もありますが、なかには求職者への対応を軽視して後回しにしている会計事務所も存在します。

面接時に事務所や仕事内容の説明を受ける・逆質問をする機会もありますが、そこで話される内容も大切です。
あまりにもわかりにくい話や雑な説明を受けるようであれば、入所後のコミュニケーションについても不安があります。

一概にはいいきれませんが、迅速なレスポンスや丁寧な説明をしてくれる会計事務所のほうが入所後に快適な仕事をできる可能性が高いです。

面接時や連絡事に違和感を覚えなかったか

目に見えて態度が悪い・話し方に対する不安が強い場合はわかりやすいですが、なんとなく違和感を感じる程度の場合もあります。
上手く言語化することが難しいため、入所を辞退するほどではないと感じることが多いでしょう。

しかし人に対する違和感や不安は軽く考えないほうが良い可能性が高いです。
相性の悪さや危機感などは直感的につかむことが多いため、自分の感覚は無視しないほうが良いです。

とはいえ完全に相性が一致するケースは非常に稀なため、些細な不安や違和感だけを理由に入所を避け続けるのは良くありません。
ただしそれが大きい場合、無理して抑え込んで入所しても結局上手くいかないケースが多いということを頭に入れておいてください。

会計事務所の選び方 その他

職場を選ぶときのポイントは他にも存在します。

大切だと思われるポイントをいくつか取り上げます。

キャリアアップ重視orワークライフバランス重視

人によって求める働き方はまったく別です。
たくさん働いてどんどんキャリアアップをしたい人もいれば、ワークライフバランスを重視する人もいます。

その会計事務所で、自分が理想とする働き方ができそうであるかをチェックしましょう。
いくら条件が良い会計事務所であっても、そもそもの働き方に不満があるようでは快適とは程遠い結果になってしまいます。

入所前にその会計事務所の全体的な傾向や、好きな働き方を選べそうであるかなどを把握しておきましょう。

通いやすい立地にあるか

職場には基本的に毎日通うため、立地も無視できないポイントです。
通勤時間に受けるストレスはかなり大きく、通うのが大変であればここでだいぶエネルギーを消耗してしまいます。

通勤時間はもちろん、利用する路線の混み具合や乗り換え回数・駅から歩く時間なども考慮が必要です。
立地が良くないというのは、辞める理由とまではなりにくいものの大きなストレスを感じる要因にはなります。

通いやすさに強く不安を覚える場合は、もう一度改めて考えることをおすすめします。

研修制度や福利厚生が整っているか

研修制度や福利厚生も大切なポイントです。
小規模の会計事務所には、これらの制度があまり整っていない場合が少なくありません。

会計事務所での経験が浅い・OJTには不安を覚えるなどの人は、研修制度がしっかりした会計事務所のほうが適しているかもしれません。
福利厚生は基本的なものから各事務所特有のものもありますが、こちらもチェックしておくべきです。

複数の会計事務所で悩んでいる場合、研修制度や福利厚生を基準に比較検討するのもひとつの手でしょう。

まとめ

転職活動が成功したか判断する基準として、入所後にどれだけ快適に勤務できているかが挙げられます。
良い会計事務所を選ぶことができれば、きっと働きやすさを感じられるでしょう。

今回会計事務所の選び方についてさまざまな内容を紹介しましたが、人によってはさほど重視しない・ピンとこないポイントもあったかもしれません。
自身が転職先に求める条件はなにかをしっかり考えておくことをおすすめします。

会計事務所選びや転職活動に成功し、快適に勤務できることを願っています。

Profile レックスアドバイザーズ

公認会計士・税理士等の有資格者をはじめとする会計人材専門特化した人材紹介会社。
■公認会計士・税理士・経理の転職サイトREX
https://www.career-adv.jp/
■株式会社レックスアドバイザーズ
https://www.rex-adv.co.jp/

会計士・税理士・管理部門経験者に
選ばれて3年連続3部門No.1

no1
  • おすすめする
    転職エージェント

  • 転職サポートが
    充実している会社

  • 転職しやすい会社

no1 おすすめする転職エージェント 転職サポートが充実している会社 転職しやすい会社

日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要 2019年4月期、2020年6月期、2021年6月期_イメージ調査

カジュアルキャリア相談 カジュアルキャリア相談