転職お役立ち情報

大手の税理士法人で働いてみよう

税理士の転職お役立ち情報

男性 大手税理士法人

Big4と呼ばれる大手税理士法人の魅力

Big4は会計を母体に、世界的に展開するネットワークを有するグローバルな組織です。
Big4に属する最大手とされる税理士法人は、以下の4つです。

  • デロイトトーマツ税理士法人
  • EY税理士法人
  • KPMG税理士法人
  • PwC税理士法人


これらの税理士法人では、世界中の著名な企業をクライアントに持ち、企業合併や統合案件でも、巨大なプロジェクトを常に抱えています。

このような案件に携わり、極めて高い専門性を磨くことができること、そして一般的な税理士法人に比べて高い年収を期待できることが、大手税理士法人で働く最大の魅力です。

大手の税理士法人は、独立系、Big4と呼ばれる最大手の会計事務所グループに属する税理士法人を指すことが一般的です。

これらの大手税理士法人では、一般の会計事務所では対応していない規模で、より高度な案件や、海外案件を手掛けており、専門性を高めたい方にとって非常に人気のある転職先です。

世界的なネットワーク

世界的なネットワークを持つBig4とは、以下の4つです。


・デロイト トウシュ トーマツ(Deloitte Touche Tohmatsu)グループ

 本部はニューヨークとロンドンにあります。

・アーンスト アンド ヤング(Ernst & Young)グループ
 本部はロンドンにあります。

・KPMGインターナショナル(KPMG International)グループ
 本部はアムステルダムにあります。

・プライスウォーターハウスクーパース(PricewaterhouseCoopers)
 本部はロンドンにあります。

これらのネットワークに属する会計事務所(日本では監査法人および税理士法人)は、米国のニューヨーク証券取引所や、英国のロンドン証券取引所等の、世界中の主要な証券取引所に上場している企業をクライアントをほぼ独占しており、クライアントに向けて監査、税務、そしてコンサルティングサービスを提供しています。

このような巨大なネットワークと多様な世界的企業をクライアントとして持っていることを背景に、Big4で働く方の活躍の場は日本だけではなく、プロジェクトによっては、海外勤務も視野に入れることが可能です。

大規模な案件に関わることができる

BIG4税理士法人で働く醍醐味は、やはり高度で大規模な案件に関わることができることでしょう。

例えば、2016年にEY税理士法人は、米国移転価格チームを発足して、日米間取引に関するプランニング及び米国に所在する関連会社の文書化、日米相互協議案件、事前確認制度(Advance Pricing Arrangement)等のサービス提供を開始しました(同社の記事より)。

多くの日本企業が米国を主要な顧客としており、EY税理士法人は、米国移転価格の実務や税制、規則の最新情報を提供し、日本企業の移転価格リスクマネージメントの一助を目指しています(同)。

(出典)EY税理士法人

給与水準が一般的な会計事務所より高い

BIG4税理士法人では、基本的に、記帳代行や会計業務そのものは行っておらず、専門的なアドバイスに特化したサービスを提供していることから、手掛ける税務案件の難易度は非常に高くなります。

例えば、法人税法上の外国税額控除、試験研究費の控除、連結納税や移転価格税制等です。これらは、一般的な国内企業をクライアントに持つ中小~中堅規模の会計事務所では、取り扱うことはほとんどないでしょう。

このような高度な業務を対応するために、Big4税理士法人で働く方には高い専門性を求めており、その給与水準は、一般的な会計事務所より高い傾向にあります。

クライアント数が多いので安定した職場環境にある

BIG4税理士法人や大手の税理士法人では、大規模で高度な法人税務を請け負っている他に、超富裕層・富裕層に向けた相続税や資産税に関するサービスも提供しています。

これらの富裕層に関する課税所得は非常に多額で、かつ、海外にも資産があるなど、非常に複雑な案件になることもあります。このような場合は、国内税制、現地国の税制、および租税条約を理解し、節税面だけではなく将来の課税動向を踏まえた、ベストプラクティスを検討しなければなりません。

業務はチーム制により進められ、その多くは数人規模の単位で複数の案件を並行して対応します。
実力があれば、より多くの業務を任せてもらえるようになりますので、社内競争はあるものの、常に案件がある安定した職場環境にあります。

大手の税理士法人で働くには

Big4税理士法人以外で、国内で大手とされる税理士法人は、Big4以外のメンバーファームに所属していることや、事務所の職員数、あるいはクライアント数で区分されており、以下が有名です。

●世界第5位のグラントソントン・インターナショナル Grant Thornton International(本部 ロンドン)に所属する税理士法人
 ・税理士法人山田&パートナーズ(人員数763名)
 ・太陽グラントソントン税理士法人

●辻・本郷税理士法人(従業員数1555名)

●クリフィックス税理士法人(社員総数100名)


大手税理士法人の採用傾向も、Big4税理士法人と同様に、20代から30代前半を中心に採用をしていることが特徴です。

応募と年齢応募時の年齢制限がある

Big4税理士法人では、20代後半から30代前半に対する募集が多く、30代後半の採用は、極めて優秀な方や素晴らしい実績がない限り稀です。

大手の税理士法人でも、同様の傾向は見られますが、30代後半であっても相続税に多数の実績と経験がある、高いマネジメント能力がある等により、書類選考に通ることがあります。

英語能力が高いこと

Big4税理士法人には、外資系クライアントが数多くあり、場合によってはクライアントのマネジメント層は、日本語を知らない英語圏の方になることもあります。

このような状況では、一般的なビジネスレベル以上の英語力が求められますが、転職活動では、目安としてTOEICのスコア800以上が必要になります。

一方、国内の大手税理士法人では、Big4税理士法人のように高い英語力水準を求めるケースは多くありませんが、外資系クライアント担当を目指すのであれば、やはり同等の英語力が必要になります。

募集業務にフィットした業務経験がある

税理士法人はスペシャリスト集団ですので、あらたに人材を募集する際は、特定の業務を遂行することができる能力を持つ方をピンポイントで募集しています。

この募集条件を満たすことができない応募者では、書類選考を通過することが非常に難しくなっています。

また、非常に素晴らしい実績を持っている応募者であっても、その実績や経験が、人材募集の方向性に合致していなければ、採用を見送られることもあります。

大手税理士法人の年収等

Big4の場合

Big4税理士法人では、役職によって年収レンジが決まっています。

20代のシニアスタッフで600万円~800万円、30代のマネジャークラスで800万円~、シニアマネジャークラスで1000万円~、そしてディレクタークラスで1200万円~が目安となります。

独立系の大手の場合

大手の税理士法人では勤続年数、経験および役職によって年収レンジに幅があります。

20代の事務作業クラスでは年収400万円前後、チームマネジャークラスで500万円から700万円、幹部候補クラスで800万円~が目安となります。

まとめ

大手税理士法人に入社することは容易くなく、他の応募者と比較で、勝ち残った方が入社できる狭き門です。

プロジェクト単位で業務を進めることが多くなり、繁忙期が重なると非常に忙しくなることもあります。一定のワークライフバランスも考慮されており、比較的高い年収と、高度な案件を手がけることができる達成感が、大手税理士法人で働く最大の魅力となっています。

大手税理士法人でのキャリアは、転職活動の際に、非常に有利な選考になる可能性があることも、将来のキャリアプランを考えた方にとって非常に魅力的に映るでしょう。

Profile レックスアドバイザーズ

公認会計士・税理士等の有資格者をはじめとする会計人材専門特化した人材紹介会社。
■公認会計士・税理士・経理の転職サイトREX
https://www.career-adv.jp/
■株式会社レックスアドバイザーズ
https://www.rex-adv.co.jp/

会計士・税理士・管理部門経験者に
選ばれて3年連続3部門No.1

no1
  • おすすめする
    転職エージェント

  • 転職サポートが
    充実している会社

  • 転職しやすい会社

no1 おすすめする転職エージェント 転職サポートが充実している会社 転職しやすい会社

日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要 2019年4月期、2020年6月期、2021年6月期_イメージ調査

カジュアルキャリア相談 カジュアルキャリア相談