転職お役立ち情報

転職失敗談vol.3〜転職のタイミング編〜

転職マニュアル

頭を抱えるビジネスマン

転職失敗談vol.3〜転職のタイミング編〜

税理士Cさんの失敗談

税務会計事務所に5年勤務している34歳のCさん。
新卒後入った一般企業の営業マンを辞めて税理士業界に入り、
40代には独立という目標を持っています。
資格は簿財と消費、相続の4科目を取得し、あと法人税か所得税の1科目合格を前に、転職を目指していました。
理由は相続や事業承継など資産税に関わりたいことと、35歳までに転職したいということでした。

確かに現在の事務所では割と大企業の税務は経験できましたが、
税理士試験で勉強してきた相続税などは活用できていません。
現在の仕事を考えると法人税を受験するのが常道であるのが、
所得税法を受けてしまえば、今の業務とははずれてしまいます。
将来小さくても独立した税理士事務所を構えたい。
それには個人の財産や相続の相談に乗れるような経験を積みたい。
そんな思いが取得科目と現在の業務のズレを生んだのでしょう。

転職においては、35歳というのが暗黙地で引かれているライン。
30前半まではスタッフクラス、35歳以上はマネジメントクラス、というのが分かりやすいでしょう。
もちろん1歳でどうなるものでは無いですが、心理的な意味でも既成のラインといえます。
35歳以上で転職する場合、年齢に対するスキルレベル、マネジメント力、言語表現力、存在感など、
多くを期待されるので転職のハードルはぐっと高くなります。
さらに、税理士業界では35歳以上での転職は当然それなりのポジションと年収になりますから、
採用する側は慎重になります。昨今の経済環境では何か売れる得意分野がなければ転職は至難の業です。


さて、Cさん、残り1科目の税理士試験に合格してからのほうが
自分の価値が上がるのではないかと思い、転職活動を一旦休止してしまいました。来年合格してからまた再開しようというのです。


もちろんご本人の意思ですので、尊重すべきことではありますが、
来年35歳になってからの転職は現在よりもさらにハードルが高くなることが予想されます。
この年齢になれば実務経験があと1科目の資格合格よりも上回るのではないかと思えるからです。
今だったら、スタッフクラスで潜り込めるところ、
税理士合格したとしても資産税経験の無い税理士資格者をマネジメントクラスで受け入れる採用先は少ないというのが実感です。


さらに冷静に考えれば、来年合格する保証は無いということです。転職後の勉強は大変でしょう。
だからと言って現在でも暇な勤務ではないので勤めながらの勉強では同じ条件です。

勤めながらの転職活動については、腹のくくり方が一番大事です。
「よい所があれば転職」というのは好景気の売り手市場の時代の論理です。
「現状を変えたい」「変わりたい」という強い思いがなければ良い転職先は見つからないかもしれません。
よい所・・・とは本人の努力次第で今の職場でも作りえるものですから、
ハッキリと決めることがテキパキとした活動を行えるコツのようです。
これは多くの転職者を見ていて感じることです。

Cさんの場合に限らず、タイミングが良いかは他人が判断できることではありませんが、
転職で一番のポイントは縁とタイミングと意思決定力です。
最後は運なのかもしれませんが、本当に将来の夢を実現しようという強い意志があれば、運を引き寄せ、局面での選択でも良い判断を生むことになるでしょう。

意思の強さが良いタイミングを掴みます。

Profile レックスアドバイザーズ

公認会計士・税理士等の有資格者をはじめとする会計人材専門特化した人材紹介会社。
■公認会計士・税理士・経理の転職サイトREX
https://www.career-adv.jp/
■株式会社レックスアドバイザーズ
https://www.rex-adv.co.jp/

会計士・税理士・管理部門経験者に
選ばれて3年連続3部門No.1

no1
  • おすすめする
    転職エージェント

  • 転職サポートが
    充実している会社

  • 転職しやすい会社

no1 おすすめする転職エージェント 転職サポートが充実している会社 転職しやすい会社

日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要 2019年4月期、2020年6月期、2021年6月期_イメージ調査

カジュアルキャリア相談 カジュアルキャリア相談