転職お役立ち情報

経理の経験年数が10年以上だと転職しやすいって本当?

経理の転職お役立ち情報

経理の実務経験

経理の経験年数が10年以上の場合、転職しやすいというのは本当でしょうか。
よく、経理は経験年数が評価されるという話を聴きますが、実際にどうかは気になるところかと思います。

 

今回は、経理の仕事内容や重視される実務経験や経験年数、経理職の転職市場、持っていると有利な資格などについてご説明します。

一般企業の経理・財務部門への転職を検討中の方向け
転職相談会

詳細はこちら

経理の仕事とは

経理の仕事は、会社のお金の流れを管理することです。
会社はさまざまな物品の購入や販売、従業員への給与の支払い、社会保険料や税の支払いなどを行っているため、目まぐるしくお金が行き来します。
そうしたお金の流れを数字で正確に管理することは、会社経営において必要不可欠です。
その意味で、経理の仕事はどの会社にとっても重要であるといえるでしょう。
一般的に、会社の規模が大きくなればなるほど経理業務は増大します。

 

経理の仕事は日次業務・月次業務・年次業務に大別できます。
まず、日々の仕事である日次業務は以下の内容です。

 

  • 現預金の管理
  • 売上や仕入れなどの取引の記録
  • 伝票や出納簿の記入

 

現預金の管理は、会社が現金や預金をどの程度持っているかを把握することです。
売上や仕入れの記録は、お金がどのタイミングで出入りするかを知るために必要です。
伝票は、いつ、どのような取引がおこなわれたかの記録であり、出納簿はお金の入出金についての記録で、ともに会社のお金の流れを追うのに必要な書類です。
月次業務としては以下の内容があげられます。

 

  • 掛取引の記録・管理
  • 請求書の発行・管理
  • 従業員への給与の計算
  • 所得税や住民税などの計算・支払い
  • 月次貸借対照表および損益計算書の作成

 

売掛記録や請求書は翌月請求となるものもあるので、あいまいにならないよう管理しなければなりません。
給与や税金の支払いも月ごとにありますので処理が必要です。
さらに、月ごとの貸借対照表や損益計算書は経営判断に必要です。

 

年次業務の代表は決算書の作成や年末調整などで経理部門にとって大きな負担となる業務です。

重視される実務経験

経理の転職では実務経験を重視する傾向がみられます。その理由について見てみましょう。

会社によって必要とされる能力が違う

必要とされる能力は会社によって異なります。
大企業であれば経理だけでも大人数で働いているため、10年の経験を持っている人は、それぞれのチームのリーダーや全体をまとめるマネジメントの能力が必要とされます。
中小企業では、少ない人数で多くの業務をこなす必要があるので、さまざまな経験を幅広く積んでいる人材が歓迎されます。
その意味でも、10年の経理経験は有利に働くでしょう。

 

また、業種によっても必要とされる能力が異なります。
小売業では商品券やポイントの処理、製造業では原価計算、建設業では工業会計基準、金融業では株や債券の知識など業種ごとで必要な知識が異なります。

 

従って、自分がどの業界の経理に詳しいか再確認し、その上で転職活動を行ったほうが良いでしょう。

必要な知識・スキルが多い

経理というと、机で計算ばかりしているイメージを持たれがちですが、経理業務を円滑に行うためには様々な知識やスキルが必要です。
最低限必要なスキルは以下の通りです。

 

  • 簿記の知識
  • エクセル・ワードなどの知識
  • 論理的な思考力
  • コミュニケーションスキル

 

まず、簿記は経理や会計の基本中の基本です。
日次業務をするうえで、毎日のように使用する技術といってよいでしょう。
中小企業であれば簿記2級か簿記3級、大企業であれば簿記1級を取得していると転職で有利に働きます。
会社規模が大きくなればなるほど記録の正確性・精密性が求められるため、しっかりとした簿記の知識が必要となります。

 

次にExcelやWordの知識です。会社ごとの会計ソフトは転職すると利用できなくなる可能性がありますが、ExcelやWord、もしくはそれと同等の機能を持つものはほとんどの会社で利用されるからです。

 

また、論理的な思考力も経理で必要な能力です。
経理を扱うことは数字を扱うことであり、数字が意味するところを理解する能力も必要となるからです。

 

そして、会社の規模の大小を問わず必要となるのがコミュニケーションスキルです。
経理部門内はもちろんのこと、部外との調整や社外とのやり取りで誤解が生じないよう、丁寧なやり取りをするには、ある程度のコミュニケーションスキルがなければならないからです。
こうした経験は一朝一夕で身につくものではありません。
10年という職務経歴の中で、日頃からこれらの技能を熟成させていれば、転職時に有利となるでしょう。

経理職の転職市場

経理の求人は比較的多めに出ています。
たとえば、ある大手の求人サイトで、東京23区の財務・会計・経理の求人で年間休日120日の条件で検索すると、約900件がヒットします。(2022年4月7日現在)
こうした転職サイト以外でも、欠員が発生した場合に随時募集することを考えると、一定の求人があると考えてよいでしょう。

 

また、経理経験が10年以上のベテランの場合、即戦力として活躍することはもちろん、他の社員を指導する業務なども期待されるので、なおさら、転職に有利といえます。

もっていると有利な資格

経理の転職で有利な資格の代表は簿記です。
簿記資格の代表は日商簿記1級・2級・3級ですが、良い条件で転職したいなら最低でも日商簿記2級は欲しいところです。

 

他にも、ExcelやWordに関連する資格があれば転職面接でアピールしやすいです。
Excel資格の代表はマイクロソフトが実施する「MOS(Microsoft Office Specialist)」とサーティファイソフトウェア活用能力認定試験が実施する「Excel表計算処理技能認定試験」の2つです。
MOSはスペシャリストとエキスパートの2つにわかれていますが、最低でもスペシャリストは欲しいところです。
「Excel表計算処理技能認定試験」は1級・2級・3級からなり、実務としてアピールするなら2級以上が良いでしょう。

求人情報はこちら

簿記1級・2級の求人・転職情報一覧

経理・財務の求人・転職情報一覧

まとめ

今回は、経理の仕事や10年以上の経理経験を持つ人の転職に有利な資格などについてまとめました。

 

経理の仕事は1年365日絶え間なく存在し、経験と熟練が必要とされる業務です。
そのため、全くの未経験者より経験者の方が優遇されます。
経験者の中でも10年以上の経験を積んでいる場合、何度も年次業務の処理を体験しているので、転職の際にも非常に有利に働くでしょう。
転職市場という点で見れば、経験重視の経理は転職者にとって有利な市場です。
転職先にアピールする資格としては、日商簿記2級・3級やMOS、Excel表計算処理技能認定試験といった実務に有効で知名度のある資格のほうが良いでしょう。


それでも、転職時に悩むことはたくさんあると思います。
そんなときに利用を検討するべきなのが転職エージェント
客観的な立場から転職に関する適切なアドバイスをもらえ、熱心に転職支援してもらえるからです。
転職エージェントは希望条件や転職希望者のキャリアプランなども聞いてくれるので、転職のミスマッチが発生しにくいというメリットがあります。
困ったことがあれば、相談してみると良いでしょう。

Profile レックスアドバイザーズ

公認会計士・税理士等の有資格者をはじめとする会計人材専門特化した人材紹介会社。
■公認会計士・税理士・経理の転職サイトREX
https://www.career-adv.jp/
■株式会社レックスアドバイザーズ
https://www.rex-adv.co.jp/

会計士・税理士・管理部門経験者に
選ばれて3年連続3部門No.1

no1
  • おすすめする
    転職エージェント

  • 転職サポートが
    充実している会社

  • 転職しやすい会社

no1 おすすめする転職エージェント 転職サポートが充実している会社 転職しやすい会社

日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要 2019年4月期、2020年6月期、2021年6月期_イメージ調査

カジュアルキャリア相談 カジュアルキャリア相談