転職お役立ち情報

経理・財務の求人選び!より良い転職を実現させる方法とは

経理の転職お役立ち情報

履歴書のイメージ

転職活動を進める際は、はじめに求人を確認し、そこから良いと判断した会社に応募するケースが多いです。

すなわち求人選びの成否が、転職活動の結果に大きな影響を与えます。

求人選びはポイントを押さえることで成功の可能性が大きく上がります。

業界に関する知識、求人の数だけでなく、転職活動のコツに関する情報も大切な要素です。

 

本記事では求人選びのポイントを、経理・財務職に絞って解説します。

転職活動を検討している方はぜひお読みください。

経理・財務の求人について見る前に

求人について具体的な内容を見る前に、経理・財務の基本的な内容の解説をします。

職種に対する理解を深めることは、より良い求人選びのために欠かせない要素です。

 

経理とは

経理とは企業活動で発生した金銭取引の記録やお金の管理をおこなう職種です。

企業のお金の動きを明確化し、お金の状態についてた正しく表示する役割を果たします。

 

具体的な仕事内容の例は以下のとおりです。

 

  • 領収書や請求書などの資料を基に仕訳入力
  • 伝票や領収書の発行
  • 売掛金・買掛金などの管理
  • 給与計算・経費精算
  • 財務諸表の作成
  • 社会保険料・税金などの支払い

 

お金の管理や記録を中心におこないます。

 

財務とは

財務とは将来的なお金の使い方の計画などをおこなう職種です。

財務諸表を分析し、最適なお金の運用を実現させる方法を考えます。

 

具体的な仕事内容の例は以下のとおりです。

 

  • 予算および資金の管理
  • 財務戦略の立案・経営陣への説明
  • 融資の利用や株式発行などによる資金調達の計画・実施
  • 投資など資金運用の計画・実施

 

もっとも効率的にお金を使うために、財務による計画・運用が求められます。

 

経理・財務の違い

経理と財務はどちらも会社のお金に関する仕事です。

しかし仕事内容からわかるように、両者は別の役割を持ちます。

 

経理は過去に発生した取引をもとに記録や管理をおこないます。

一方で財務で求められるのは将来的な利益最大化の実現、すなわち未来のお金に関する業務です。

すなわち取引や事象が発生する時間軸が大きな違いです。

 

ただし規模の小さな企業では、経理と財務の仕事を同じ担当者が実施するケースもみられます。

そのため求人を確認する際は、仕事内容についてしっかりとした確認が必要です。

経理部・財務部が分かれていれば、それぞれの業務のみを請け負う可能性が高いでしょう。

 

経理・財務の求人で大切なポイント

経理・財務の求人を確認する上で大切なポイントを紹介します。

転職活動の成否を左右することもあり得る重要な要素です。

 

募集要項が細かく記載されているか

まず募集要項に情報が細かく記載されているか確認しましょう。

必要な情報が漏れなく明記されている求人ほど、認識の相違やギャップの防止が期待できます。

 

募集要項に記載されている情報が大まかな内容のみの場合、具体的な部分までは把握できません。

想像で補完した結果、認識の大きなズレや、理想とまったく異なる求人への応募をしてしまう恐れが大きくなります。

募集要項が細かく記載されており、必要な情報をしっかり把握できる内容かの確認が必要不可欠です。

 

ただし文章量が多ければ良いとは限らず、冗長なだけで情報量は少ないケースもあり得ます。

あくまで読み取れる情報の細かさをチェックしましょう。

仕事内容や条件が明確でわかりやすいか

仕事内容や条件のわかりやすさも大切なポイントです。

特に経理・財務の場合、仕事内容については入念な確認が求められます。

 

前述したように規模の小さい企業では、経理と財務が一体となっているケースがあります。

どちらか一方のみを希望している、もしくはどちらかの仕事を苦手としている場合、経理と財務の両方では大きな負担です。

逆に経理と財務、両方の業務をおこないたい人にとっては、部署が分かれてしまっている場合は満足度の低下につながります。

 

理想的な働き方を実現させるために、求人を見る際は仕事内容や条件を入念にチェックしましょう。

自身の理想に適しているか

理想的な求人の条件は、人によってさまざまであり、明確な正解は存在しません。

だからこそ自身が理想とする求人の要素を明確にし、条件と合うものを選ぶことが大切です。

たとえ一見条件が良さそうな求人や、人から勧められた求人であっても、自身の理想と離れていては良いものといえません。

満足度の高い快適な働き方を実現できない恐れが大きいです。

 

求人選びで譲れない要素は人によって異なります。

自身の理想を叶えられる求人を選ぶことが、転職活動が成功といえる可能性を高めます。

 

経理・財務経験者向け
キャリアアップ転職相談

詳細はこちら

経理・財務でより良い求人を選ぶには

最後に経理・財務でより良い求人を選ぶためのポイントです。

求人の探し方そのものも、転職活動の成否に大きく関係します。

 

転職先に求める要素をハッキリさせる

スムーズかつ自分に合った求人選びを実現させるためには、求人探しの前に、転職先に求める要素をハッキリさせる必要があります。

ひとくちに経理・財務といっても、求人内容や特筆すべき要素は職場によってさまざまです。

 

前の章で「自分の理想に合う求人かチェックが必要」と解説しました。

そのような視点で求人を探すには、まず自分にとっての理想を明確にする必要があります。

求める要素や条件を満たす職場こそ、自身にとって理想的な転職先といえるでしょう。

 

重視する要素の明確化は、転職活動に欠かせない自己分析にも大いに役立ちます。

求人の絞り込みも容易になるため、早いうちの実行が効果的です。

 

余裕のあるスケジュールで求人探しを進める

転職活動のために確保できる時間が短いと、丁寧な求人探しがどうしても難しくなってしまいます。

より良い求人に出会うためには、余裕のあるスケジュールで求人探しを進めるのが効果的です。

都合により少しでも早く転職が必要なケースもあるかもしれません。

それでも急ぐあまり妥協して求人を選んでしまうのは、結果として転職活動の失敗を引き起こす恐れが大きいです。

 

求人探しはなるべく余裕を持って進めることが大切です。

転職する目的も明確にすると安心

目的なく活動を進めてしまうのは、方向性のブレや非効率化、さらにはモチベーション低下にもつながります。

気持ちが落ち込んだ状態では求人探しに積極性を持てず、良い求人の厳選も難しくなってしまいます。

このような事態を防ぐためには、転職する目的も明確にすることが有用です。

方向性が定まり前向きな気持ちになれ、転職活動に対する意欲もしっかり保てます。

 

経理・財務としてのスキルアップ、より良い労働条件での勤務など、転職によって実現できるものはさまざまです。

理想的な求人を選び転職活動を成功させるために、転職する目的を明確にする必要があります。

求人情報はこちら

経理・財務の求人・転職情報一覧

一般企業(事業会社)の求人・転職情報一覧

まとめ

経理とは会計取引の記録や給与計算、財務諸表の作成など、会社のお金を記録・管理する役割の職種です。

一方で財務は財務戦略の立案や資金調達の計画・実行など、お金の使い方に関するさまざまな業務をおこないます。

どちらもお金に関する仕事ですが、経理は過去のお金に関する仕事が中心で、財務は将来のお金に関する仕事が中心です。

 

経理・財務の求人を確認する際は、まず募集要項が細かく、多くの情報量が掲載されているかを確認します。

経理と財務が分かれているか、求められる仕事の範囲が明確かなど、仕事内容や条件のわかりやすさも大切なポイントです。

自分の理想を満たした求人であるかどうかも、快適な働き方を実現させるために見逃せません。

 

経理・財務でより良い求人を選ぶには、転職先に求める要素をハッキリさせることが大切です。

妥協せず丁寧に求人探しができるよう、余裕を持ったスケジュールも求められます。

転職活動のモチベーションを維持するために、転職活動をする目的自体の明確化も必要です。

 

経理・財務の求人について、理解を深める助けになれば幸いです。

 

Profile レックスアドバイザーズ

公認会計士・税理士等の有資格者をはじめとする会計人材専門特化した人材紹介会社。
■公認会計士・税理士・経理の転職サイトREX
https://www.career-adv.jp/
■株式会社レックスアドバイザーズ
https://www.rex-adv.co.jp/

会計士・税理士・管理部門経験者に
選ばれて3年連続3部門No.1

no1
  • おすすめする
    転職エージェント

  • 転職サポートが
    充実している会社

  • 転職しやすい会社

no1 おすすめする転職エージェント 転職サポートが充実している会社 転職しやすい会社

日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要 2019年4月期、2020年6月期、2021年6月期_イメージ調査

カジュアルキャリア相談 カジュアルキャリア相談