転職お役立ち情報

会計事務所のスキル解説!求められるスキルは?効率的な勉強法も

税理士の転職お役立ち情報

勉強イメージ

会計事務所で働くには、さまざまなスキルが必要です。
スキルを身につけることで効率の良い働き方や、業務の幅を広げることが可能になります。

会計事務所において優秀な人間となるためには、求められるスキルを押さえることが大切です。

そのうえで必要なスキルを身につける努力をしていけば、成長スピードが速くなるでしょう。

この記事では会計事務所で働く人に求められるスキルや、スキルを伸ばすための方法を解説します。

 

会計事務所で求められるスキル

まずは会計事務所で求められるスキルです。
会計事務所特有のものから、一般事業会社と共通している部分もあります。

会計や税務に関する知識

会計事務所特有のスキルとして、会計や税務に関する知識が挙げられます。
業務で必ず使う知識であるため、会計・税務の勉強は必要不可欠です。

とはいえ業務内容や目指すキャリアプランによって、必要となる知識のレベルは変わります
会計入力であれば簿記の知識や必要最低限の専門知識があればスムーズに業務を進められます。
しかし税務スタッフとして働きたい・税理士になりたいと考えるのであれば、税理士試験の勉強が必要です。
難しい案件であれば、専門性の高い知識が必要でしょう。

自分に必要な知識のレベルを把握し、勉強を進めるのが効率的です。

PCスキル

会計事務所業務の多くはPCを使って進めます。
そのためPCスキルが欠かせません。

PCスキルといっても高度なものは必要なく、入力や基本的な操作ができれば業務できます。
会計入力ソフトや税務申告書作成ソフトなどは、業務をしながらで十分使いこなせるようになります。
WordやExcelなどを使用する機会も多いため、Microsoft Officeが使えると便利です。

日頃からPCに触れる機会を増やしておくことで、会計事務所業務にもスムーズに取りかかれるようになります。

スピード感・正確さ

会計事務所では、スピード感と正確さの両方が必要です。
会計事務所業務は期日に対して非常に厳しいうえ、ちょっとした誤りでも大きなトラブルにつながることがあります。

特に決算申告月や、年末調整・確定申告が集中する繁忙期は業務量が非常に多くなります。
そのうえこれらの業務は期日の遵守が非常に重要です。
スピード感を持って素早く対応しながらも、正確な処理が求められます

スピード感や正確さを意識することで、効率的に鍛えることができます。

会計事務所で役立つスキルを得るメリット

会計事務所で役立つスキルを得ることにはメリットが多いです。
具体的なメリットを紹介します。

キャリアアップがスムーズに進む

会計事務所で役立つスキルの習得は、スムーズなキャリアアップにつながります。
早いうちから役職につける、もしくは理想としていた場所へ転職しやすくなるでしょう。

働くうえで求められるスキルがあるということは、対応できる業務が多いということです。
対応できる業務が多ければそれだけ活躍できる場面も増え、評価を得やすくなります。

「スキルをつける→活躍の場が増える→効率良く経験を積める」という流れができるため、キャリアアップもスムーズに進みます。
キャリアアップを希望するのであれば、積極的にスキルを伸ばすことが大切です。

仕事に対する意欲が上がりやすくなる

スキルを伸ばすことは、自身の意欲向上にもつながります。
できることが増えると自信につながり、自信は意欲へと変化しやすいです。

仕事で楽しさを感じるためには、前向きな気持ちが必要です。
そんな楽しさを生み出すうえで、意欲が大いに役立ちます。

スキルを伸ばして自信をつけ、意欲を向上させればより仕事が楽しくなるはずです。

年収アップにつながる可能性も

会計事務所で役立つスキルを伸ばすことで、年収アップにつながる可能性もあります。

スキルが高いということは、それだけ役に立てる場面が多いということです。
すなわち自身が活躍できる場面が増えるため、必然的に評価を得られる機会も多くなります。
そして得た評価というのは、年収に直結する要素です。

もちろん評価によって得られるメリットは年収アップだけとは限りません。
しかし年収は仕事を進めるモチベーションなどに関係し、非常に強い意味を持ちます。
そのためスキルを伸ばすことで年収アップが期待できるというのは、仕事に前向きになるポイントのひとつです。

会計事務所で役立つスキルを伸ばす方法

会計事務所で役立つスキルを伸ばす方法を紹介します。
効率良くスキルを伸ばすことで、よりスムーズに仕事を進められるようになります。

会計関連の資格を取る

会計事務所で役立つスキルを伸ばすうえで、会計関連の資格取得は非常に効果的です。
資格の勉強を通して効率良く知識を得ることができますし、無事に資格を取得できればスキルの証明も容易になります。

会計事務所で有用な資格例として以下が挙げられます。

  • 日商簿記検定3級以上
  • 税理士(科目合格でも可)
  • TOEIC(英語力が求められる事務所の場合)

会計事務所で働くのであれば、最低でも日商簿記検定3級は取得しておきたいところです。
2級を持っていると活躍の場が大きく広がります
日商簿記検定の3級・2級であれば難易度が高すぎることはないため、しっかり勉強すれば無理なく取得可能です。

税理士試験はかなり難易度が高いですが、一部の科目合格だけでも非常にスキルが伸びます
英語力が求められる会計事務所の場合、TOEICのような英語の資格・試験も有用です。

資格の取得は知識面のスキルを効率良く伸ばせる方法です。

タスク管理やミスの振り返りなどをする

タスク管理やミスの振り返りといった作業も、スキルを伸ばすうえで役に立ちます。

前述したように、会計事務所ではスピード感や正確性が求められます。
これらを身につけるためには地道な努力が必要です。

タスク管理は自身のやるべきことを把握し、スピード感を意識しながら期日に間に合わせるために有用です。
そしてミスの振り返りをすることで同じミスを防ぐことができ、正確性をアップできます。

このように業務の進め方で少し工夫するだけで、スピード感や正確性を鍛えられます。

自分の得意や苦手を把握する

効率良くスキルを伸ばすためには、自分の得意や苦手の把握も必要です。
自身の持つ特質によって、効果的な進め方や取り組むべき順番は変わります。

会計や簿記に関する知識がほとんどない状態であれば、日商簿記検定3級レベルの知識を取得することが最優先となるでしょう。
会計や税務の知識はあるものの実務経験に乏しい場合は、資格の勉強より実務を優先させるべきです。

PCスキルやスピード感・正確性といった部分についても、得意・苦手は人によって大きく異なります。
どのスキルを伸ばすべきか、どう伸ばすのが効率的かを具体的にイメージするためにも、自分の得意や苦手の把握が必要です

まとめ

会計事務所で活躍するためには、求められるスキルを伸ばす必要があります。
どのようなスキルが必要か、どう伸ばすのが効率的かを把握することで、確実な成長ができます。

会計事務所という職場柄、会計や税務の知識は必要不可欠です。
業務を進めるためのPCスキルや、確実な成果を出すためのスピード感・正確性も求められます。

スキルを伸ばすメリットを知ることで、モチベーションアップが期待できるでしょう。
スキルを得るための具体的な方法は、効率良く成長するうえで大切なポイントとなります。

会計事務所で求められるスキルをしっかり身につけ、職場で評価を得られるような人になりましょう。

Profile レックスアドバイザーズ

公認会計士・税理士等の有資格者をはじめとする会計人材専門特化した人材紹介会社。
■公認会計士・税理士・経理の転職サイトREX
https://www.career-adv.jp/
■株式会社レックスアドバイザーズ
https://www.rex-adv.co.jp/

会計士・税理士・管理部門経験者に
選ばれて3年連続3部門No.1

no1
  • おすすめする
    転職エージェント

  • 転職サポートが
    充実している会社

  • 転職しやすい会社

no1 おすすめする転職エージェント 転職サポートが充実している会社 転職しやすい会社

日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要 2019年4月期、2020年6月期、2021年6月期_イメージ調査

カジュアルキャリア相談 カジュアルキャリア相談