転職お役立ち情報

墨田区の会計事務所の求人事情は

税理士の転職お役立ち情報

墨田区 スカイツリーと桜

会計事務所とは

まずは会計事務所の種類について確認しておきましょう。
街中でよくみかけるのは税理士事務所ではないでしょうか。
それ以外にも公認会計士事務所もあります。
それぞれ業務内容には違いはなく、所長が有している資格の違いで事務所名を決定しているケースです。
ちなみに公認会計士は税理士の登録ができます。(逆はできません)
公認会計士は「税理士事務所」と名乗ることができますが、「公認会計士事務所」と名づけていることのほうが多いようです。
総称として「会計事務所」という名称を使用するケースも多く、このページでも総合の呼び方として「会計事務所」を使用します。
また、税理士法人については、会計事務所のうち税理士が2名以上などの条件をクリアすると、法人登録ができるようになっています。

会計事務所もクライアントは中小企業が大半を占めており、中小企業の会計処理や税務申告がサービスの中心となります。
そのほか、会計系のコンサルやM&Aをメインにやっていたり、個人クライアントに対して相続税申告や資産税コンサルを強みにしている事務所も多数あります。
それぞれの会計事務所が、提供しているサービスの違い、専門性、種類などそれぞれの特色を出しています。
ここまでみたとおり、一言に会計事務所といってもさまざまな種類があります。それぞれの特色があるので要望に応じた会計事務所を探す必要があります。

会計事務所の求人

会計事務所で働くのはどのような人でしょうか?
まずは、税理士・公認会計士という国家資格者です。
税務は税理士の独占業務のため、税務をサービスとして展開するには必ずこの資格者がいなければなりません。

しかし、会計事務所の業務は多岐に渡り、クライアントから回収した領収書や請求書などを記帳代行したり、月次決算をまとめたりするなど、税務ではない会計業務も多くあります。
会計業務は税理士の独占業務ではないので、資格がなくても担当することができます。
税務補助業務もありますが、これについては税理士試験を勉強中の科目合格者が担当することが多いです。
税理士試験は合計5科目を取得する長丁場なので、働きながら勉強し、実務を身に着けているのです。

求人で考えると、税理士や公認会計士などの有資格者、次に税理士の科目合格者を募集するケースが多くあります。
最近は分業化している事務所も多く、税務と会計業務を分けて生産効率を高めているため、会計事務所の経験がなくとも、事業会社の経理経験がある人の募集も多くなってきました。
日商簿記2級は持っているけれど実務は未経験、ぜひチャレンジしたいという人にもチャンスがあります。
会計業務の中でも、記帳代行や仕訳というポジションは未経験や経験が浅くても担当できます。
正社員ではなかなか難しいかもしれませんが、パートやアルバイトからスタートするのもひとつの選択肢です。

東京都墨田区とはどんな場所?

まずは東京都の墨田区について見ていきましょう。
そもそも、墨田区というのはどんな場所なのでしょうか。
墨田区は東京の中でも東側に属します。
西は隅田川に、東は荒川や中川に囲まれている地域になります。
墨田区には観光地もたくさんあり、スカイツリーや両国国技館などは都内でも有数の観光地となっています。
また、隅田川のほとりにはビールの注がれたグラスをモチーフとしたオフィス棟、その隣には巨大な火の玉の様なオブジェ(聖火をモチーフ)を頂いた棟があるアサヒビールもあり、所在地は墨田区です。
浅草側からスカイツリーを見るとこのアサヒビールの建物とスカイツリーのコラボを見ることができます。
その他の有名企業としては、ライオンも墨田区にあります。
東京の花火大会でも有名な隅田川花火大会もあります。
隅田川は桜は綺麗ですし、夏の風物詩も見れるという素晴らしい場所です。
都内でも有名な地域だといえます。
墨田区は観光地が多い場所でもありますが、下町的な場所も多く住みやすい場所になっています。
また、会社も多いので会計事務所を探すにも適した場所となっています。
それぞれ選ぶ理由はあるかと思いますが、東京の中で墨田区というのは、住む場所・楽しむ場所・働く場所としても魅力のある地域です。

墨田区の会計事務所の求人を選ぶメリット

墨田区の会計事務所を選ぶメリットは大きく4つあります。

・規模の大きい会社を見れる
・都心にもかかわらず、小規模の会社もある
・多様な業種を見ることができる
・東京という土地柄、顧問料が高い

まず、大企業が多いという点ですが、やはり日本の経済の中心であるため、東京には大企業が集まってきます。
もちろん事務所の規模間などにより異なりますが、地方都市の会計事務所と比較しても、大規模な企業をクライアントに持つことが可能です。
先述したアサヒビールやライオンなどの規模になると、BIG4税理士法人クラスがクライアントにしているので難しいですが、新興市場の上場企業を担当するチャンスはあるでしょう。

また、墨田区は都心にもかかわらず、小規模法人・個人商店・小規模工場(町工場)が多い地域です。
これらの小規模な会社は地元の会計事務所に依頼していることがほとんどですので、担当することが多くなります。
小規模なクライアントの特徴として、事業承継や再生業務が発生する機会があり、貴重な経験を積むことができます。
また、経営者個人の税務までいっしょに担当することもあり、資産税コンサルや相続税申告などの業務を引き受けている事務所もあり、経験の幅が広がります。
このように墨田区には規模が小さい会社から大きい会社まであります。
業種についても、町工場から個人商店や医療法人も多数あり、必然的に種類が増えていきます。
逆にいえば、〇〇に特化して経験を積みたいと考えても難しいほど、多種多様な業種を担当することになるでしょう。

顧問料(報酬)については、近年は下降傾向にあると言われています。
会計ソフトの浸透で、クライアント自らが経理の内製化をして、ルーティンワークの外注が減ったとも言われています。
しかし、東京以外に比較すると顧問料の下降傾向はゆるやかで、しっかりと確保することができます。
事業承継などのスポット業務は報酬単価が高いので、案件が多数あることも魅力です。

墨田区の会計事務所の求人を選ぶデメリット

墨田区の会計事務所を選ぶデメリットもあります。

・担当クライアントが多い
・墨田区には会計事務所は多数あり、競争環境が激しい

一つ目は、メリットの裏返しともなるのですが、小規模なクライアントが多いことで担当クライアントが多くなることです。
ひとつひとつのクライアントで会計業務と税務をやり、それぞれの経営者に説明やアドバイスをするため、業務としてはかなり繁忙になります。
それだけ経験や知識を蓄えられるのはメリットではあるのですが、働き方を重視する場合はデメリット面が大きく感じられるかもしれません。

二つ目は会計事務所の経営面の競争率です。
墨田区は会社が多くあるのですが、一方で会計事務所も多数あります。
そのため、墨田区の会計事務所の競争環境はなかなか厳しいものになります。
それぞれの会計事務所の特色を出した争いにはなりますが、競争相手は多数いるのが現状です。
クライアントの拡大にあまり関心のない事務所に入ってしまった場合、事務所縮小となってしまうケースもあるので注意が必要です。

まとめ

以上、墨田区の会計事務所で求人を探すことについて解説してきました。
墨田区はさまざまな会社を担当できるという点で恵まれています。
経営者との接点も多くなり、経験値はかなり高いものになるでしょう。
その経験を活かし、独立開業をめざすこともできます。
また、規模の大きな事務所に転職したり、最も興味のあるサービス特化の事務所にステップアップしたりすることも可能です。
墨田区の会計事務所を探している人は、ぜひ参考にしてみてください。

Profile レックスアドバイザーズ

公認会計士・税理士等の有資格者をはじめとする会計人材専門特化した人材紹介会社。
■公認会計士・税理士・経理の転職サイトREX
https://www.career-adv.jp/
■株式会社レックスアドバイザーズ
https://www.rex-adv.co.jp/

会計士・税理士・管理部門経験者に
選ばれて3年連続3部門No.1

no1
  • おすすめする
    転職エージェント

  • 転職サポートが
    充実している会社

  • 転職しやすい会社

no1 おすすめする転職エージェント 転職サポートが充実している会社 転職しやすい会社

日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要 2019年4月期、2020年6月期、2021年6月期_イメージ調査

カジュアルキャリア相談 カジュアルキャリア相談