転職お役立ち情報

国際税務スタッフに転職する方法!有利な資格やアピールポイントを解説します

税理士の転職お役立ち情報

世界地図とビジネスマン

国際税務とはその名のとおり、国をまたいだ税務に関する業務をおこないます。
高度な専門知識や語学力が必要とされる難しい仕事です。
この記事では、国際税務スタッフに転職する方法を紹介します。
国際税務スタッフへの転職に有利な資格や、アピールするべきポイントなどを解説します。

国際税務仕事内容と転職先企業を紹介

国際税務にはインバウンド・アウトバウンドがある

国際税務にはインバウンド業務とアウトバウンド業務のふたつがあり、それぞれ性格や業務内容が異なるものです。

インバウンド業務とは、日本に進出してきた外資系企業の会計や税務を請け負うことをいいます。
日本に進出してすぐの頃は規模が小さく少人数体制であることも多いため、給与計算などの業務もすべて担当することが多いです。

アウトバウンド業務とは、海外に進出した日本企業に関する業務です。
大企業に限らず、規模は小さいものの高い技術を持つ町工場などが進出することもあります。
中小企業が海外に工場を置く場合に発生する税務業務も、アウトバウンド業務に含まれます。

国際取引に関する課税を取り扱う仕事

国際税務は、国際取引に関する課税を取り扱う仕事です。
企業や事業に対して適用される税法・税率は、国によってまったく異なります。
ひとくちに海外進出をするといっても、現地へ日本企業の支店をつくるか子会社をつくるかによって税額は大きく変わります。
その時点で発生する税額そのものだけでなく、将来的に発生する税額や税務手続きなどについても注意が必要です。
国をまたぐ税務業務は国内税務の煩雑さ・難しさを遥かに超えるため、高い専門性が必要となります。
国際取引に関する課税を取り扱い、税務的な対応や調整をおこなうのが国際税務の仕事です。

グローバル化が進む現代において重要な業務

現代においてグローバル展開をしている企業は非常に多いです。
大企業だけでなく小さな町工場であっても、高い技術力を活かして海外へ進出・支店や工場を建てるケースが増えています。
そのため国際税務の知識を活かす場面が非常に多いのです。
グローバル化はこの先もどんどん進んでいくと予想されます。
それに伴い、国際税務スタッフの需要も高まるでしょう。
新しく国際税務スタッフを雇う企業も増えると予想されますし、外部委託をする場合であってもやはり新しい人材が必要です。

グローバル企業や会計事務所への転職例が多数

国際税務スタッフのおもな転職先は、グローバル展開を進める企業や会計事務所となります。
自社内で税務業務をおこなうグローバル企業の場合、日本国内の税務を担当するスタッフと国際税務スタッフは別であることが多いです。
ひとくちに国際税務といっても国によって税法は大きく異なるため、複数の国へ展開している企業であればその分国際税務スタッフの数も多くなります。
国際税務業務の代行やサポートをおこなう会計事務所も存在します。
グローバル企業の支援に特化した会計事務所であれば、国際税務に対応する専門スタッフを置いていることが多いです。
国際税務スタッフはグローバル企業およびそのサポートをおこなう会計事務所へ転職する場合がほとんどです。

国際税務スタッフへの転職で有利な資格

国際税務スタッフとして働くために有利な資格がいくつかあります。
この記事では3つの資格について取り上げます。

米国公認会計士(USCPA)

米国公認会計士とは国際的にもっとも知られている会計資格のひとつです。
アメリカの資格ではありますが、国や業種を問わずさまざまな人が試験にチャレンジしています。
米国公認会計士の資格を持っていれば、カナダ・オーストラリア・メキシコ・アイルランド・ニュージーランド・香港などでも会計士業務をおこなえるようになります。
グローバルな税務業務をおこなう国際税務スタッフにとって、米国公認会計士の資格や知識は非常に有用です。
日本の公認会計士資格のように、非常に高難易度で合格することがかなり難しいというものではありません。
会計士としての基礎力をはかる試験であり、その後の経験が重視されます。

米国公認管理会計士

米国公認管理会計士は米国公認会計士と並ぶ二大会計資格のひとつです。管理会計のスペシャリストであることを証明する資格で、実用的な経営知識や管理会計の高い専門知識が身につきます。
国際税務スタッフとしての業務においても非常に役に立つ資格です。
合格までの勉強時間やライセンス維持費・実用性などを考えると、米国公認会計士よりもコスパの良い資格といえます。

国際会計検定(BATIC)

国際会計検定とは英文簿記など英語での会計処理や、国際的な会計基準に対する理解度を問われる試験です。
合否判定ではなくスコア判定の検定であるため、実際の能力を把握しやすいです。
国際税務の業務では英文の会計書類を扱う機会や国際会計基準の知識が問われる場面が多いため、国際会計検定で高スコアを獲得すれば転職活動で有利に働きます。

国際税務スタッフへの転職活動時にアピールすべきポイント

転職活動をする際には、業種や業界に適したアピールをすることが大切です。
国際税務スタッフへの転職活動時にアピールすべきポイントを紹介します。

会計・税務に関する知識や経験

国際税務スタッフとして働くためには、会計・税務に関する知識が必須です。
日本国内における知識はもちろん、海外の会計・税務についての勉強経験についてもアピールしましょう。
先ほど紹介したような資格を持っていればその資格を、特別な資格は持っていないものの大学や専門学校等で勉強した経験があればそのエピソードを伝えます。

会計や税務業界での勤務経験があればより効果的です。
国際的な分野であればもちろん有利ですが、完全に国内の範囲であっても業界経験があれば活かせます。
会計事務所や税理士法人・一般企業の経理・税務スタッフとしての勤務経験があればアピールすべきです。

語学力

国際税務の業務では、外国語で書かれた会計書類や資料を使う機会が多くあります。
そのため英語をはじめとした語学力があれば積極的に伝えましょう。
TOEICやTOEFLをはじめとした英語関係の試験のほか、各種外国語の検定試験はアピールポイントとして大きいです。
資格を持っていないとしても、留学経験や外国語を使っての勤務経験など語学力を裏付けるような経験も語学力の証明になります。
ただし語学力があると有利とはいえ、必須というわけではありません。
そのため現時点では語学力に自信がないとしても国際税務スタッフを目指すことはできますし、必要に応じて勉強を進めていけば十分に活躍できます。

まとめ

グローバル化がますます進んでいくと思われるなか、国際税務スタッフの需要も増していくことでしょう。
グローバル展開を進める企業やそのサポートをする会計事務所など、転職先の候補は数多くあります。
国際税務スタッフには高い専門知識が必要なうえ税法は改正されやすいため、常に勉強し続ける必要があります。
その分やりがいを強く感じることができ、待遇も良い場合の多い仕事です。

よりグローバルな範囲で会計・税務の仕事をしたいのであれば、国際税務スタッフへの転職を検討してはいかがでしょうか。

Profile レックスアドバイザーズ

公認会計士・税理士等の有資格者をはじめとする会計人材専門特化した人材紹介会社。
■公認会計士・税理士・経理の転職サイトREX
https://www.career-adv.jp/
■株式会社レックスアドバイザーズ
https://www.rex-adv.co.jp/

会計士・税理士・管理部門経験者に
選ばれて2年連続3部門No.1

no1
  • おすすめする
    転職エージェント

  • 転職サポートが
    充実している会社

  • 転職しやすい会社

no1 おすすめする転職エージェント 転職サポートが充実している会社 転職しやすい会社

日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要2019年4月期、2020年6月期_イメージ調査

カジュアルキャリア相談 カジュアルキャリア相談