公認会計士・税理士 キャリアアップ通信

転職成功ガイド

35歳税理士が転職で成功する秘訣は?

35歳の転職にどんなイメージをお持ちでしょうか?

「35歳転職限界説」など言われたこともありますが、税理士の場合はどうでしょう?

税理士をめざす方は、試験勉強をしながら会計事務所で働いて経験を積む方がほとんどです。

35歳の税理士の方というと、会計事務所での経験を豊富にお持ちなのではないでしょうか?

平均年齢が60代という税理士業界で、35歳はまだまだ若手です。

チャレンジもキャリアアップもできる、まさに転職に最適の年代といえますが、油断は禁物です。

成功率の高い年代だからこそ、より良い転職を実現するために知っておきたい秘訣についてご紹介します。

 

【税理士業界の転職市場の変化】

税理士に限らず、現在の日本は人手不足です。

税理士もやはり人手不足となっており、ここ数年は売り手市場が続いています。

けれど、変化もあります。

数年前は、とにかく人手を確保したいという会計事務所側の採用意欲が強く、高年収でのオファーが目立ちました。採用するために実力以上の年収を提示することもありました。

最近では年収の高騰は落ち着いてきました。

実力が正当に評価されるようになったともいえます。

大幅な年収アップを希望すると失敗することもありますので、現収入とのバランスを重視して活動するようにしましょう。

 

いっぽう、転職回数が選考に影響するケースが増加しています。

税理士は新しい業務へのチャレンジ、クライアントのサイズアップのため、数年毎に転職を繰り返すことがありましたが、あまり頻繁な転職は敬遠されるようになってきています。

人手不足の採用難から、会計事務所は長期勤続を推奨するようになっています。職場環境を整え、福利厚生を充実させ、人事評価制度も改め、長く勤務する方が事務所内でキャリアアップできるように変化しています。

キャリアアップのための転職が受け入れられてきた税理士業界ですが、転職回数を重ねると、「長期勤続はしてくれない」と受け取られ、選考で不利になることがあるので注意が必要です。

 

【35歳税理士が転職を検討する際の応募先の選び方】

会計事務所にとって、35歳の税理士は「採用したい人材」にあたり、求人案件は潤沢です。

実際に転職活動をすると、驚くほどスムーズに書類選考に通過することが予想されます。

あれもこれもとどんどん応募すると、どんどん面接に行くことになり、何が目的で転職をするのか、何を決め手にするのかがわからなくなってしまいます。

応募先を選ぶ前に、まずはご自身のやりたい業務や希望する条件を明確にしておきましょう。

 

業務:クライアントの規模や業種/法人顧問以外にやりたいスポット業務など

条件:自宅からの通勤時間/残業時間/始業就業時間など

 

実際に転職活動がスタートすると、職場のファシリティや年収条件や手当など、さまざまな検討材料が出現して迷いに迷ってしまいます。

迷った末、年収は希望よりも高いけれど、業務や他の条件は当初の希望とまったく異なる事務所に入所し、やはり違った!と後悔するケースもあります。

すべての希望が叶える転職を実現することは難しいかもしれませんが、迷ったときの指標とするためにも、応募前に明確に考えておくとよいでしょう。

 

年収については、【税理士業界の転職市場の変化】で述べたように、オファー高騰は落ち着いてきました。

50~100万円単位の年収アップを実現するのは簡単ではありません。

まずは現年収の維持+αをめざしましょう。

重要なのは、入社後にどのように年収をアップさせていくかです。

会計事務所は長期勤続を推奨するようになっていますので、人事評価制度や昇給制度を整えているかをチェックしておきましょう。

 

【労働条件について】

会計事務所はブラック…と言われていた時期がありました。

実際、一般事業会社に比べると整備が遅れていたことは事実です。

しかし、働き方改革の波は会計事務所にもおよび、また、環境を整備していないと採用もうまくいかなくなってきました。

残業代の正確な支給、休日出勤の場合の代休取得、福利厚生の充実、長時間勤務の是正など、改革が進んでいます。

会計事務所の勤務経験がある税理士の場合、「どうせ会計事務所は制度が整っていない」と思い込む方がいらっしゃいますが、大変もったいないことをしています。

ぜひ、労働条件を確認し、比較検討してください。

一般企業並みに整備されていることが当たり前になっていますので、よりよい条件の転職先を見つけていきましょう。

 

【35歳税理士の転職活動の進め方】

転職活動を進めるときに多い質問は、「何社くらい応募すればいいですか?」というものです。

応募する件数は、それぞれの希望条件などによって異なりますが、1社のみの応募はオススメしていません。

「ここに行きたい!」という憧れの会計事務所があるとしても、複数の応募を推奨しています。

転職活動においては、比較検討が非常に重要です。

会計事務所の業務は、法人税務+スポット業務という構成が一般的で、大きな差異はありません。違いが出てくるのは、働きやすさや諸条件になってきます。

この点を知るには、比較検討が大事なのです。

売り手市場である有利さを最大限活用し、急ぎすぎず、じっくりと比較検討して、転職を成功させてください!

税理士の転職はこちら

 

一覧に戻る

転職成功ガイド

無料転職登録

すぐにご転職をお考えの方から、まだ転職するか決めかねている方まで、お気軽にご相談ください。
REXがあなたの転職をサポートします。

無料転職登録
  • 友人・知人紹介はこちら
  • 会計事務所の魅力に迫る
  • コンサルタントのご指名ができます。
  • プロ人材のスポット活用 REXプロコネ
  • コンサル・金融業界の転職ならGENSEN
  • REX派遣サイト
  • 会計事務所・経理の求人サイト アカナビ
  • 会計人のためのニュースメディア KaikeiZine
  • 次世代を担う実力派会計人
  • REXのおすすめ書籍
  • REXアドバイザーズ代表取締役 岡村康男の[感即日記]
  • 元『税金専門紙』『税理士業界紙』編集長 宮口貴志の[税界雑感]
  • REXアドバイザーズ公式Twitterアカウント
  • REXアドバイザーズ公式Facebookアカウント

このマークの意味は?
プライバシーマーク