転職成功事例

公認会計士・税理士・経理・財務の
転職成功事例をご紹介します。

公認会計士の転職成功事例

【公認会計士】「【ママ公認会計士】監査からアドバイザリーへ プロモーションをかなえる転職」

女性・30代後半

BIG4監査法人 監査部門
年収700

BIG4監査法人 アドバイザリー部門
年収730

相談者はBIG4の監査法人に勤務中。
転職を考え始めたきっかけは、ママ会計士のため法人からアサインの制限がかかっていたことでした。
今後マネージャーになるプロモーションが見えず、また、他部署へ異動もしにくい状況。「もっと活躍したい」「業務の幅を広げたい」という希望をかなえるため、転職活動をスタートしました。

■コンサルタントから見た転職成功のポイント

数多くある求人の中から、下記項目をポイントに転職活動を進めていきました。

監査以外のことがやりたい。
リモートワークなど制度が整っており、柔軟に働ける環境で勤務したい。
男女関係なく自分の頑張り次第で今後のプロモーションが見える先に行きたい。
応募したのは大手1社と準大手2社の計3社で、すべて書類選考に通過し、面接選考を経て内定も獲得しました。
そのうち1社を選ぶ際のポイントとなった点は、以下の通りです。

・女性の働き方への理解が高く、男女によっての業務に差異がない。
・ママでマネージャーになっている人が一定数いる。
・希望していた監査以外の業務(アドバイザリー業務)ができる。
・希望以上の年収を提示してもらうことができた。

ママ公認会計士が働きやすい雰囲気であるかは、実際に入ってみないと分からない部分も大きいものです。
そこで入社後のギャップを最小限にするために、最終的に入社を決めた法人にはカジュアル面談という0.5次面接からスタートしてもらうことができました。
その場で業務内容の説明やキャリアパス、どんなメンバーがいるか、など詳しく聞くことができ、意欲が高い状態で1次面接に挑むことができたそうです。

監査法人から監査法人への転職の場合、焦点となるのは業務の内容や働き方になります。
変化がなければ転職した意味がありませんので、妥協せず、どのような業務を担当するのか、利用できる制度などを追求していきましょう。

会計士・税理士・管理部門経験者に
選ばれて3年連続3部門No.1

no1
  • おすすめする
    転職エージェント

  • 転職サポートが
    充実している会社

  • 転職しやすい会社

no1 おすすめする転職エージェント 転職サポートが充実している会社 転職しやすい会社

日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要 2019年4月期、2020年6月期、2021年6月期_イメージ調査

カジュアルキャリア相談 カジュアルキャリア相談