転職お役立ち情報

東京の会計事務所の求人事情とは

税理士の転職お役立ち情報

税理士試験科目合格者

会計事務所の求人とは

会計事務所とはどのようなことをやっているのでしょうか。
会計事務所と一言に言ってもいろいろな種類があります。

公認会計士事務所や税理士事務所などがメインになると思いますが、それぞれの事務所によってやっていることは異なります。
税務をメインに実施している事務所、コンサルをメインにやっている事務所、M&Aをメインにやっている事務所など、事務所によって特徴があり、幅広い業務を行っています。


とはいえ、個人で開業している会計事務所であれば、クライアントは個人事業主や中小企業となるため、税務のニーズが高く、税務メインにしていることが多いです。


ここで補足ですが、公認会計士は税理士登録をすることができます。
公認会計士事務所と銘打っている事務所でも、税理士事務所と同じく税務をメインにしているケースが多数あります。
公認会計士事務所・税理士事務所をまとめて「会計事務所」と総称していますが、いずれもメインの業務は税務となります。


会計事務所の求人の中心は、まずは税理士となります。
税務を独占業務とする税理士のニーズが最も高く、持っておくと非常に有利な資格だといえます。

以前の会計事務所は、税理士がすべての業務をこなしていることが多くありました。

  • 法人顧問として複数のクライアントを担当するのですが、領収書や請求書などの必要書類を受け取りにいき、それを入力し、不明点を確認。
  • 月ごとにまとめて書類を作成し、クライアントに届ける。
  • その際は経営者へのアドバイスも行う。そして年度末には年次決算をまとめ、税務申告書を作成する。

このように、何から何までやる非常に多忙な仕事でした。

しかし近年、まずは会計システムが発展して浸透し、クラウドでの会計システムも導入され、日々の入力(記帳)はクライアント自身ができるようになってきています。
記帳の仕事があったとしても、税理士がやるのではなく、他のスタッフが担当するようになりました。
税理士が行うのは税務や経営アドバイスなどで、税務の前の会計業務については、簿記の知識を持つ会計スタッフが担うことが増えています。

このように会計事務所では分業化が進んでおり、入力スタッフのほか、税理士の補助業務を行うスタッフなど、税理士ではない求人も増えてきています。


入力スタッフは、事業会社での経理経験者、日商簿記2級の保持者などが求められ、パートやアルバイト、あるいは時短勤務などの求人も多くあります。
税務補助については、税理士をめざして税理士試験を受験している科目合格者がピッタリで、非常に多くの求人があります。

東京の会計事務所の求人を探す理由は

大阪などの中規模な都市よりも東京で会計事務所を探す理由は何があるのでしょうか。

それはそれぞれの人で異なる理由があると思います。


よくある理由としては、やはり日本の経済の中心は東京であり、また、大都市である東京で働くことが憧れだからということもあるでしょう。
日本の経済の中心は東京であるということは変わらない事実ですし、その分大企業などが東京に集まっているのは事実です。
そう考えると、キャリアアップにも適した環境だといえます。


企業が多いということは依頼件数も多く、会計事務所の数も多くあります。
会計業界はやや人手不足が続いており、会計事務所の求人はほぼ1年中活発に動いています。
2020年はコロナ禍の影響を受けた業界も少なからずありましたが、会計業界はほとんど影響を受けなかったといって良いでしょう。

東京の会計事務所の求人を選ぶメリット

東京の会計事務所を選ぶメリットは大きく4つあります。

・上場企業・大企業が多い
・報酬単価が高い→給与が高い
・クライアント数も多い
・多様な会計事務所が存在する

まず、上場企業・大企業が多いという点ですが、やはり日本の経済の中心であるため、東京に集中しているといえます。
上場企業を担当するには人的パワーや高い知識が必要なため、どうしてもBIG4と呼ばれる大手税理士法人や、大手の会計事務所に依頼が集中してしまいがちですが、人数規模の小さい会計事務所でも地元の上場企業を担当していることもあります。


また、報酬単価については上場や大企業が多いということともつながります。
高度な案件を受けることで報酬単価が高くなり、全体を底上げしています。

近年、クラウド会計が浸透してきて、高額な会計システムの導入の必要性がなくなり、これまでは会計事務所に依頼していた記帳代行などの業務も少なくなり、法人顧問の報酬単価は下降傾向だといわれていますので、報酬単価のメリットは大きなポイントです。
クライアントからの報酬は会計事務所の売上であり、まさに給与につながります。
高い年収を期待できるのも、東京で求人を探す理由となります。


クライアントというと、パッと企業をイメージしますが、個人の飲食店や美容室、フリーで仕事をしている個人事業主もクライアントになります。
当然ながら東京には日本の人口が集中しているため、税務申告をしなければならない個人や事業主も非常に多く存在しています。
会計事務所はこうしたクライアントをキャッチしていくことで売上を伸ばすことができます。
クライアントが増えれば、人材も必要となるため、求人数が増えてチャンスが多くなるのです。


また、会計事務所も多様です。
法人顧問を中心とした会計事務所がほとんどですが、その中でも医療系に特化した事務所があったり、飲食店に強い事務所、起業からの成長をバックアップしてくれる事務所もあります。

また、個人を対象した税務の代表に資産税業務があり、これは死亡時の相続税申告業務のほか、生前に資産対策をする資産税コンサル業務などがあります。
資産税に特化した事務所も増えていて、人気が高まっています。

そのほか、外資系クライアントの進出から管理部門のアウトソース、会計・税務申告までを担当する国際税務に特化した事務所など、まさに多種多様です。
さまざまな会計事務所で働くことで、業務の幅をどんどん広げていくことができます。


以上、東京の会計事務所を選ぶメリットをみてきました。

東京の会計事務所の求人を選ぶデメリット

東京の会計事務所を選ぶデメリットは3つあると思います。

・クライアントが大きすぎ、ひとりで担当できない
・後継者問題や事務所再編の動き

メリットのひとつに、上場企業や大企業のクライアントが多数あるとあげました。
これらのクライアントの税務を行うには、とてもひとりでは難しく、チームで対応することになります。
チーム全員で同じことをするわけではなく、分担して進めていくため、全体の業務の一部分を行うことになります。


どうしても全体像がつかみにくい、全体の仕事ができないのでスキルアップできないといったデメリットが生じてしまいます。
いち早く成長したい、ひとりでクライアントの税務に関する業務を完結できるようになりたいと考える人にとっては、大きすぎる規模になるかもしれません。


次に後継者問題です。
東京には会計事務所も集中していますが、税理士の先生がひとりに、税務補助のスタッフ、事務スタッフが数名という、10名以下の小規模事務所も多いのです。

このような体制でも、十分に仕事をしていけるのが会計事務所です。


しかし、近年は税理士の高齢化、後継者問題が取りざたされています。
代表の税理士が高齢になったとき、事務所やクライアントをどうするのか、後を継ぐ人がいるのかという問題は、一般企業の後継者問題と同じです。
スタッフもいますし、依頼を受けているクライアントもあります。


そこで、規模の大きな会計事務所グループの一員になったり、知り合いの事務所にクライアントごと譲ったりするなどの動きがあります。
長く働こうと考えて入社していた事務所が、後継者問題で消滅…ということもあります。

東京の会計事務所からの次へのステップは

東京の会計事務所からのステップですが、選択肢はいろいろあります。


さらなる挑戦のため、現在よりも大規模な会計事務所にステップアップするのは選択肢の一つです。
また、先述のとおりさまざまなタイプの会計事務所、専門特化型の事務所もあるので、経験したいこと、チャレンジしたいことに応じて転職することも可能です。


また、独立開業も考えられます。
個人でも法人でも、税務申告をしなければならない人が多い東京ですので、独立開業してゼロからクライアントを探さなければならなくなったとき、見つけやすい環境にあるといえます。
もちろん、営業センスや経営センスは問われますが、独立開業したやすい場所です。

まとめ

以上、東京の会計事務所で求人を探すことについて解説してきました。
東京は大都市で他の場所で経験できないことができるというところは貴重です。

そこで得た経験をもとに、次は自分のやりたいことです。
目標に向かって進み、最終的に自分の理想になれるようにチャレンジしていってください。

Profile レックスアドバイザーズ

公認会計士・税理士等の有資格者をはじめとする会計人材専門特化した人材紹介会社。
■公認会計士・税理士・経理の転職サイトREX
https://www.career-adv.jp/
■株式会社レックスアドバイザーズ
https://www.rex-adv.co.jp/

会計士・税理士・管理部門経験者に
選ばれて3年連続3部門No.1

no1
  • おすすめする
    転職エージェント

  • 転職サポートが
    充実している会社

  • 転職しやすい会社

no1 おすすめする転職エージェント 転職サポートが充実している会社 転職しやすい会社

日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要 2019年4月期、2020年6月期、2021年6月期_イメージ調査

カジュアルキャリア相談 カジュアルキャリア相談