[REX] 公認会計士・税理士・経理・財務の転職・求人なら、REXアドバイザーズ

宮口貴志の税界雑感

元『税金専門紙』『税理士業界紙』編集長

Profile

税金の専門紙「納税通信」、税理士業界紙「税理士新聞」の元編集長。
フリーライター及び会計事務所業界ウオッチャーとして活動。株式会社レックスアドバイザーズ ディレクター。

市場低迷でも株主優待は楽しみ 知ってましたか?
税金の取り扱い

 今回は、低迷する株の話です。とはいっても株投資の話ではありません。株主優待についてです。

複数の銘柄が塩付けになっている私にとって、今や株投資での楽しみと言えば株主優待しかありません。株主優待も人気、不人気があり、お金のない“オヤジ”にとっては、飲食系の株主優待がいざという時の力強い味方になります。私は持っていませんが、家族持ちにとって根強い人気が東京ディズニーランドを運営するオリエンタルランド。また、食べ物や飲料水を販売する銘柄が人気のようです。

 

株主優待の人気と金額的な価値は一概に比例していませんが、会社によってはかなり高い価額となっているものもあります。となると、もらった株主側では、たとえば配当と同様に配当所得として扱い、配当控除の対象になるのかなどの税金問題も出てきます。

  こうした株主優待については、「法人が株主に対し、その地位に基づいて供与した経済的利益であっても、交通機関などの優待乗車券や映画・興行などの優待入場券、ホテルなどの優待施設利用券、製品などの値引き販売といったものに関しては、法人が利益処分として経理しない限り、配当には含まれない」(所得税基本通達24‐2)としており、株主優待については「雑所得」として取り扱うとしています。つまり、配当所得とならないわけで、配当控除は受けられません。


一覧に戻る

転職成功ガイド

無料転職登録

すぐにご転職をお考えの方から、まだ転職するか決めかねている方まで、お気軽にご相談ください。
REXがあなたの転職をサポートします。

無料転職登録
  • 友人・知人紹介はこちら
  • REXのおすすめ書籍
  • コンサル・金融業界の転職ならGENSEN
  • 会計事務所の魅力に迫る
  • KaikeiZine
  • 会計事務所・経理の求人サイト アカナビ
  • 次世代を担う実力派会計人
  • REXアドバイザーズ代表取締役 岡村康男の[感即日記]
  • 元『税金専門紙』『税理士業界紙』編集長 宮口貴志の[税界雑感]
  • REXアドバイザーズ公式Twitterアカウント
  • REXアドバイザーズ公式Facebookアカウント

このマークの意味は?
プライバシーマーク