[REX] 公認会計士・税理士・経理・財務の転職・求人なら、REXアドバイザーズ

公認会計士・税理士 キャリアアップQ&A

転職成功ガイド

面接で「何か質問は?」と聞かれますが、何を質問するのが適切でしょうか?
面接に行くと、必ず最後に「何か質問は?」と聞かれます。
転職活動を始めたばかりのときは準備をしておらず回答につまってしまいましたが、最近は事前に考えるようにしています。
けれど、どのような質問が良いのかわかりません。
アドバイスをお願いします。

面接に向け、企業研究・志望動機・自己PRなどの準備をすると思いますが、「質問」については準備を忘れがちです。
準備をしていないと、「何か質問は?」に対して「ありません」という回答になったり、あたりさわりのない質問をして盛り上がらなかったりしてしまいます。 面接をする企業は、この「質問」を自社に対する興味や関心のバロメーターとしてとらえているようです。
企業の人事担当者からは下記のような嘆きを聞くことがよくあります。

「質問はないと言われ、あまり弊社には興味を持ってもらえていないようで残念に感じました」
「求人票やホームページに書いてあることを質問されるのですが、弊社に関心がないのでしょうか」

質問の有無や内容は、面接企業にとっても重要であることがわかります。
求職者から適切な質問をすると、互いのモチベーションやマッチングを高めるのに有効になります。 質問を準備する際は、おおよそ2種類に分けて考えておきましょう。

【1】入社後の業務に関すること
選考に合格して入社すると仮定し、業務をどのように進めるか、チームメンバーの顔ぶれ、すぐに携わるプロジェクトなど、具体的な内容が良いでしょう。
入社前に準備や勉強をしておいたほうが良いことを聞くのもひとつです。

【2】働き方に関すること
リモートワークや残業、オフィス環境など、スムーズに働くうえで重要となる内容です。
このような質問について、とくに残業に関することは控えたほうがいいのでは?という意見もありますが、【1】の質問の間に挟むなどの工夫をすると良いでしょう。

上記のようにいくつか質問を準備していても、面接で話が盛り上がり、用意していた質問内容がすべてクリアになってしまうこともあります。その際も、「ありません」とは言わないように注意しましょう。
「用意してきたのですが、先ほど十分にうかがうことができました」
「すべてお話しくださったので御社の業務や雰囲気がよくわかりました。ありがとうございます」
というように答えると、双方の面接の満足度をアップして終えることができます。

REXに登録して詳しく相談する求人検索はこちら

一覧に戻る

転職成功ガイド

無料転職登録

すぐにご転職をお考えの方から、まだ転職するか決めかねている方まで、お気軽にご相談ください。
REXがあなたの転職をサポートします。

無料転職登録
  • 友人・知人紹介はこちら
  • 会計事務所の魅力に迫る
  • コンサルタントのご指名ができます。
  • プロ人材のスポット活用 REXプロコネ
  • コンサル・金融業界の転職ならGENSEN
  • REX派遣サイト
  • 会計事務所・経理の求人サイト アカナビ
  • KaikeiZine
  • REXのおすすめ書籍
  • 次世代を担う実力派会計人
  • REXアドバイザーズ代表取締役 岡村康男の[感即日記]
  • 元『税金専門紙』『税理士業界紙』編集長 宮口貴志の[税界雑感]
  • REXアドバイザーズ公式Twitterアカウント
  • REXアドバイザーズ公式Facebookアカウント

このマークの意味は?
プライバシーマーク