[REX] 公認会計士・税理士・経理・財務の転職・求人なら、REXアドバイザーズ

公認会計士・税理士 キャリアアップQ&A

転職成功ガイド

求人情報の「固定残業代制」が気になってなかなか応募できません。

転職をしようと考えていて、求人情報を見ています。
「固定残業代制」と記載されていると、その時間分は残業しなければいけないという印象があり、避けてしまいます。
「毎月その時間分を残業するという意味ではありません」と聞いたことがありますが、やはり不安です。固定残業代制について詳しく教えてください。
 
 

転職相談の場でも、「固定残業代制」を採用している企業の求人について、「毎月そのくらいの残業をしなければいけないということですよね?」と誤解していらっしゃる方は多いです。固定残業代制が多くの企業で導入されているいっぽうで、仕組みや制度が浸透していないという印象があります。

まず固定残業代とは、その名称にかかわらず、一定時間分の時間外労働、休日労働および深夜労働に対して定額で支払われる割増賃金のことです。(厚生労働省の通達より)
つまり、例えば30時間/月の固定残業代が設定されている場合、実際の残業が30時間に満たなくとも、必ず30時間分の残業手当を含む賃金が支払われるということになります。実際の残業が10時間でも、20時間でも、もちろん0時間であっても、30時間分の固定残業代が支払われます。

いっぽう、ある月が非常に忙しく、30時間をオーバーして残業した場合、オーバーした分の残業手当(深夜手当や休日手当)が支払われます。
固定残業時間分だけ働かなければならない、という制度ではありません。

そうなると、「残業が少ないのに支払うのは企業側にはデメリットではないか?」「やはり裏があるのでは?」と思わるかもしれません。
企業側にも導入のメリットはあるので、いくつかご紹介をします。

<労務管理の手間が低減される>
固定残業時間以内であれば、残業時間をカウントして給与計算をする必要がなくなるため、労務担当者の事務作業の手間を低減することができます。

<人件費の見通しができ、予算を立てやすい>
残業の増減が人件費に与える影響が少なくなるため、年間の予算計画を立てやすくなります。

また、「固定残業時間内に残業をおさめよう」という意識が高まるため、仕事の効率化、働く環境の向上も見られ、これは企業側、労働者側双方のメリットといえます。
もちろん、固定残業代制の企業を選ぶか、残業した分だけ支払う企業を選ぶかは、ご自身の考えによるかと思いますので、制度や求人情報の記載が不明で迷う場合はお気軽にご相談ください。
丁寧に解説させていただきます。

REXに登録して詳しく相談する求人検索はこちら

一覧に戻る

転職成功ガイド

無料転職登録

すぐにご転職をお考えの方から、まだ転職するか決めかねている方まで、お気軽にご相談ください。
REXがあなたの転職をサポートします。

無料転職登録
  • 友人・知人紹介はこちら
  • 会計事務所の魅力に迫る
  • コンサルタントのご指名ができます。
  • プロ人材のスポット活用 REXプロコネ
  • コンサル・金融業界の転職ならGENSEN
  • REX派遣サイト
  • 会計事務所・経理の求人サイト アカナビ
  • KaikeiZine
  • REXのおすすめ書籍
  • 次世代を担う実力派会計人
  • REXアドバイザーズ代表取締役 岡村康男の[感即日記]
  • 元『税金専門紙』『税理士業界紙』編集長 宮口貴志の[税界雑感]
  • REXアドバイザーズ公式Twitterアカウント
  • REXアドバイザーズ公式Facebookアカウント

このマークの意味は?
プライバシーマーク